気になる機能や違いを教えます!まるわかりXZ

他の着脱式タイプのPCと同じではないの? 他の着脱式タイプのPCと同じではないの?

レッツノートとしての機能性はそのままに、
軽量タブレットとしての使いやすさも追及した、
妥協なきタブレットモバイルPCがXZです。

持ち歩ける
軽量ボディ

カスタマイズレッツノートXZは、キーボードベースとドッキングさせたノートPCスタイルで約1.219kg※1※2。タブレット部単体でも約660g※1※2。カスタマイズでLTE(4G)機能を有効にしてもたったの5g増えるだけ。持ち歩きが苦にならない軽量設計です。

  • ※1 平均値。各製品で質量が異なる場合があります。
  • ※2 LTE(4G)非対応選択時。

スムーズに
ビジネス利用できる
ノートPCスタイル

Note PC Style

快適にタイピングできる
本格キーボード

デスクトップPC並みの約19mm(縦は16mm)のキーピッチや約2mmのキーストロークを確保。カバー兼キーボードタイプよりも多少厚みが出ても、しっかりとした打鍵感を得られる打ち心地の良さを重視。ビジネス利用に適したキーボードです。

解説

「打ちやすいキーボード」を実現する設計はココにも!

キーボード入力作業がしやすい角度に調整できるよう、底面に出し入れ可能なチルト構造を採用。さらに、液晶を開いた際、液晶下部がキーボードの下側に回り込むようにヒンジ部分を設計。キーボード部が傾斜するようになっています。


薄型のまま、高性能CPUを搭載

薄型ボディのタブレットモバイルPCでは、消費電力が低いCore MプロセッサーなどのCPUを搭載していることが多い中、XZは高性能なインテル® Core™ iシリーズ Uプロセッサーの搭載を実現しています。

さらに、稼働時に発生する熱を効率よく冷却するために、排気口を2つにするデュアルアウトレット構造を採用。高負荷時の作業もスムーズにこなすことが出来ます。


ビジネスシーンで欠かせない
豊富なインターフェース

ビジネスシーンで欠かせない接続性の高さを実現する豊富なインターフェースは、タブレットモバイルPCであるXZでもしっかりと確保。外出先で接続できないという心配を軽減させ、変換ケーブルを合わせて持ち運ぶ手間も省くことも出来できます。


セキュリティロックホールを搭載

セキュリティチェーンを接続することが可能なので、端末をしっかりと守ることができます。さらに、タブレット装着状態でセキュリティチェーンを接続すると、タブレット部の取り外しが出来ないように設計しています。


ビジネスの幅を広げる
タブレットスタイル

Tablet Style

堅牢性と持ちやすさを両立する
天板部のデザイン

レッツノートの象徴とも言えるボンネットデザインは、タブレット利用時のことを考慮し、これまでとは異なる新デザインを採用。堅牢性を保ちながらも、タブレット部を深く持ったときにボンネットの段差に指がかかるよう、持ち心地の良さに配慮した形状となっています。


タブレット単体利用も考慮した
長時間駆動

タブレット部単体での駆動時間は約9時間駆動※3を実現。また、タブレット部にもDC-INを装備し、単体での充電も可能。普段はノートPCスタイルで作業をし、会議やちょっとした外出にはタブレット部のみを持ち出すといった使い方が出来るので、PC利用の幅がこれまでよりも広がります。

解説

キーボードベースからタブレット部への充電機能も実装

タブレット単体での長時間駆動を確保するために、キーボードベースのバッテリーからタブレット部のバッテリーへ充電を行う機能を実装しています。さらに、タブレット部充電のオン・オフを切り替える物理スイッチをキーボードベースに搭載。PCを起動させることなく、必要に応じて充電の切り替えをすることが可能です。

  • ※3 JEITAバッテリ動作時間測定法(Ver.2.0)に基づいて測定。バッテリー駆動時間は動作環境・液晶の輝度、システム設定により変動します。満充電容量を段階的に制御してバッテリーパックを長寿命化しています。JEITAバッテリ動作時間測定法(Ver.2.0)につきましてはこちらをご覧ください。タブレット部のバッテリーは内蔵のため、交換はできません。

タブレット単体で4K映像出力
USB 3.1 Type-Cポート(Gen1)搭載

タブレット部単体でのインターフェースも拡張性を高めるための設計を実現。電源や音量ボタンに加え、USB 3.1 Type-Cポート(Gen1)を搭載。4Kの映像出力にも対応しているので、タブレット単体でのプレゼンもスムーズに行うことが出来ます。

page topへ