Panasonic Store パナソニックのショッピングサイト
カスタマイズレッツノート

最新レッツノート7つの進化ポイントについて

SX3 2013年 秋冬モデルWindows 8 Pro、第4世代インテル® Core™ プロセッサー(2コア)、SATA接続HDD
SV7 2018年 春モデルWindows 10 Pro、第8世代インテル® Core™ プロセッサー(4コア)、PCIe接続SSD

最新モデル「SV7」と
約5年前のモデル「SX3」を徹底比較。
新しいレッツノートは
高速になって、より快適に!

パソコンは、短期間で多数の新たな技術が開発・搭載され、性能がどんどん進化しています。

2018年春モデル「SV7」と2013年秋冬モデル「SX3」の性能比較を行い、
レッツノートが約5年間でどれほど、進化したのかをご紹介します。

たとえば…

  • CPUパフォーマンス:クアッドコアCPU搭載で2倍以上の処理速度
  • OS・アプリの起動:Windows10・SSD搭載で約2.3倍の起動速度
  • データの転送:Thunderbolt™ 3対応で約8倍の転送速度
  • *環境によって結果が異なる場合があります

01

第8世代CPU搭載で

高負荷作業もラクラク処理

複数のアプリを立ち上げての作業や、
画像加工などの高負荷作業時でも、
ほとんどカクツクことなく
快適に作業ができます。

SX3(約5年前のモデル)
重いデータを扱うと処理落ちで作業効率が悪い
SV7(最新モデル)
動画、画像などの重いデータを扱っても処理落ちが少ない
2倍以上の処理速度

CPUパフォーマンス比較

Adobe Lightroom Classic CCを使用して、50枚のRAWデータをJPEGに出力変換

SX3(約5年前のモデル)

第4世代インテル® Core™ i5-4200Uプロセッサー搭載(2コア)

SV7(最新モデル)

2倍以上速い変換出力

第8世代インテル® Core™ i5-8350U vPro™ プロセッサー搭載(4コア)

  • *環境によって結果が異なる場合があります

高速処理を動画で検証!

02

Windows10・SSD(PCIe)搭載で

OS・アプリの起動が高速

高速ストレージSSD(PCIe) の搭載や
スムーズなサインインにより、
すぐに作業が開始できるので、
起動時間を待つストレスが軽減されます。

SX3(約5年前のモデル)
OS・アプリの起動に時間がかかる
SV7(最新モデル)
起動速度が速いからすぐに作業にとりかかれる。
約2.3倍の起動速度

起動の速度比較(再起動からウェブブラウザが起動するまで)

SX3(約5年前のモデル)

Windows 8 Pro/HDD(SATA)搭載

SV7(最新モデル)

約2.3倍速い起動

Windows 10 Pro/SSD(PCIe)搭載

  • *SVシリーズ(OS:Windows 10 Pro)は顔認証によるサインイン
  • *SXシリーズ(OS:Windows 8 Pro)はパスワードによるサインイン
  • *環境によって結果が異なる場合があります

高速サインイン(Windows Hello)

SX3(約5年前のモデル)
スリープの度にパスワード入力が必要で面倒
SV7(最新モデル)
画面を見るだけでサインインできるから快適
パスワードレス認証で高速サインイン

高速起動を動画で検証!

Panasonic Store限定

データの読み書き速度が
約3.3倍※1※2
高速PCIe SSD採用

カスタマイズレッツノートSVシリーズでは、
量販店頭モデルに搭載された
HDDやSATA接続のSSDよりも、
データの読み書き速度に優れた
PCIe接続のSSDを採用。
大容量データ移動時などの待ち時間を
短縮し、生産性を高めます。

PCIe SSDとSATA SSDの
速度の違いを動画で検証!

  • ※1 選択できるストレージはモデルによって異なります。
  • ※2 SSD128GBは、PCIe接続ではありません。

03

USB 3.1 Type-Cポート
(Thunderbolt™ 3対応)搭載で

重いデータもラクラク転送

バックアップデータの保存など、
大容量データを扱う際、
転送速度が速いのでデータ移動の時間を
短縮することができます。

SX3(約5年前のモデル)
重いデータをストレージから落とすと転送に長時間かかる
SV7(最新モデル)
重いデータでも短時間で転送完了
約8倍※3※4の転送速度
  • ※3 USB3.0との比較。
    転送速度は規格上の理論値であり、実際の転送速度を示すものではありません。実際の転送速度は、使用環境などにより変わります。
  • ※4 市販のThunderbolt™ 3対応周辺機器が必要です。

1ポートで様々な機能が使える
高い汎用性

4K映像出力可能

高画質な動画・画像を使ったプレゼンテーションが可能です。

04

持ち運びしやすい軽量ボディで

外出時にサッと持ち運べる

性能はアップさせながらも、
さらに軽量・コンパクトに。
外出時に持ち物が多くても、
カバンにサッと入れて持ち運べます。

SX3(約5年前のモデル)

約1.19kg
外出時に持っていくことを、ためらうことも…

SV7(最新モデル)

約999g※5※6
軽いため、サッと取り出して持ち運べる
質量-191g
  • ※5 平均値。各製品で質量が異なる場合があります。
  • ※6 CF-SV7UBJQP / CF-SV7UBKQP / CF-SV7UBLQP / CF-SV7UCJQP / CF-SV7UCKQP / CF-SV7UCLQP / CF-SV7TB6QP / CF-SV7TB7QP / CF-SV7TC6QP / CF-SV7TC7QPにバッテリーパック(S)装着時。

05

高解像度ディスプレイ・カメラで

遠隔コミュニケーションが快適

ウェブ会議など、画面を通して
相手とコミュニケーションを取る際、
高解像度なので相手の表情などを
正確に把握できます。

SX3(約5年前のモデル)

ドットが粗く、画面が見にくい

SV7(最新モデル)

高精細なので、文字・画像がクッキリ
1.6倍の情報量

Webカメラ/アレイマイク搭載

くっきり顔が写る200万画素のカメラと、集音声の高いアレイマイクを搭載。

ステレオスピーカー搭載

相手の声が聞こえやすい、ステレオスピーカーを搭載。

06

高容量バッテリー搭載で

終日外出でも頼れる長時間駆動

終日の外出や、コンセントのない
場所での長時間作業でも、
バッテリー切れを心配することなく
作業に集中できます。

SX3(約5年前のモデル)
約8.3時間駆動※7 一日中の作業はギリギリ
SV7(最新モデル)
約13時間駆動※8 一日中の作業もラクラク
約1.5倍の駆動時間
  • ※7 JEITAバッテリ動作時間測定法(Ver.2.0)を基準に算出。当社調べ。
  • ※8 インテル® Core™ i5プロセッサー搭載モデルでバッテリーパック(S)装着時。JEITAバッテリ動作時間測定法(Ver.2.0)に基づいて測定。バッテリー駆動時間は動作環境・液晶の輝度、システム設定により変動します。満充電容量を段階的に制御してバッテリーパックを長寿命化しています。JEITAバッテリ動作時間測定法(Ver.2.0)につきましてはこちらをご覧ください。

07

Windows 10 の
「Bitlocker」「Windows Defender」

より強固になった
セキュリティ性能

セキュリティ機能が充実した、
最新のWindows OSを搭載しているので、
大切なデータを入れたPCでも
安心して持ち運べます。

Windows 10 OS になって強化された、暗号化ツールとウィルス対策ソフトを搭載。

SZ、一新。
高速レッツノートSVシリーズの
商品情報・ご購入はこちら

  • SV7とSX3の詳細スペックを比較する

    レッツノート新旧モデル比較表
  • PC買取アップキャンペーン実施中

    PC買取アップキャンペーン実施中
  • *機能説明画像、シーン写真、イラストはイメージです。