#テレワークしてみた結果 [01]

テレワークによる生産性への
影響とその継続意向

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、かつてない規模で一斉に実施することとなったテレワーク。一定期間の運用を経てその結果を検証するべく、私たちは、今回テレワークを行ったビジネスパーソンを対象に調査を実施しました。
テレワークのメリットや課題、改善策を広く共有することで、その効果的な活用を促進し、社会の生産性向上ならびに新型コロナウイルスに起因する社会的損失の回避や軽減に寄与することをめざしています。

RESULTS

世の中全体への調査結果

TOPIC 01

年代別のテレワークに
よる生産性への影響

若い世代ほどテレワークが生産性向上につながった。

グラフ01 グラフ01

TOPIC 02

年代別のテレワーク
継続意向

テレワークの継続意向は全世代で60%以上と高い。

グラフ02 グラフ02

TOPIC 03

子どもの有無別の
生産性への影響

小学校低学年以下の子をもつ家庭では
生産性が大きく向上した。

グラフ03 グラフ03

TOPIC 04

テレワーク歴別の
生産性への影響

今回初めてテレワークを行った人では、
生産性が上がった人と下がった人に分かれる傾向があった。
テレワーク歴が長くなるほど、今回のテレワークによって
生産性は上がりも下がりもしておらず、
新型コロナウイルスの影響を受けにくい傾向があった。

グラフ04 グラフ04

TOPIC 05

テレワーク歴別の
継続意向

テレワーク歴が長い人ほど、今後の継続意向も高い。
今回初めてテレワークを実施して
思うような成果が得られなかったとしても、
今後継続していくことで生産性や
継続意向は高まっていくのではないか。

グラフ05 グラフ05

OVERVIEW

まとめ

テレワークの生産性への
影響と継続意向

テレワークによる生産性への影響

若い世代や小さな子どもがいる家庭ではテレワークによって生産性が大きく向上した。

テレワークの継続意向

継続意向に関しては、すべての年代において60%以上と高く、新しい働き方への期待感がうかがえる。

慣れることの重要性

テレワークに慣れないうちは、うまくいく人といかない人の2極化が見られる。

テレワーク歴が長くなるほど継続意向も高くなることから、習熟することで生産性は上がりやすくなると推測できる。

SURVEY OUTLINE

調査概要

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う
テレワークに関する
ビジネスパーソンへの調査

調査対象:新型コロナウイルスの影響で
テレワークを行ったビジネスパーソン

有効回答数: 200人

調査方法:インターネット調査

調査期間:2020年3月20日~23日