LUMIX CLUB ルミックス クラブ

LUMIX CLUB フォトスクールLUMIX CLUB フォトスクール

体験レポート一眼入門・商品紹介講座

体験レポート一覧

体験レポータープロフィール

体験レポータープロフィール

ユウコ : 食べ歩きが好きな30代女子。LUMIX一眼をまだ持っていないカメラ初心者。デジタル一眼でお菓子や人、風景などをセンスよく撮りたい!

持参するもの
お持ちのLUMIX一眼カメラ、SDカード、取扱い説明書、筆記用具。
ご購入を検討されている方は、カメラを無料で借りることができます。※機種は限定、先着順、申し込み時に予約

一眼入門・商品紹介講座とは?

一眼入門・商品紹介講座とは?

「一眼入門・商品紹介講座」は、初めてLUMIX一眼を購入された方や、これから購入される方対象の講座です。一眼カメラの基礎から、LUMIX一眼の特徴、かんたん機能やおすすめ機能など、豊富なレンズの特徴も一通り学べます。以下の内容の講義を、当日の参加者のレベルにあわせての進行です。

  • 1.一眼で撮れる写真
  • 2.カメラの基礎
  • 3.LUMIX一眼のかんたん機能
  • 4.レンズの種類と特徴

参加者は初級者

参加者は初級者

この日は参加者皆さんがカメラを持参されていましたので、講座内容もカメラの基礎を重点的に、一眼の使い方がメインでした。最初に先生が皆さんにカメラの機種をヒアリングし、それぞれの機種にあわせての操作説明があったので、とてもわかりやすかったです。カメラを持っていない方は無料で借りられるので、初めての一眼カメラ購入を前に、操作が不安な方も安心です。これから一眼を始める方や買ったばかりの初心者の方、また一眼を使っているけどおさらいしたい方にも、ぴったりの講座です。

コンパクトカメラと一眼カメラの違いを比較

コンパクトカメラと一眼カメラの違いを比較

講師は、撮影や写真が好きなパナソニック、デジタルカメラ部門のスタッフ。講義はパナソニックセンター内の教室で行われました。一眼カメラを購入されたばかりの初心者の方が多かったので、コンパクトカメラと一眼の違いや、なぜ一眼の方が画質や表現力がよいのか、階調表現や白トビ、ボケ味などの違いを、実際にディスプレイで比較しながら説明してくれました。 参加者のみなさんからも「よく見ると違いますね」という声が。どんな写真が一眼で撮れるのかが実感できました。

カメラの基礎を撮影しながら学ぶ

カメラの基礎を撮影しながら学ぶ

露出や絞り、シャッタースピードにISO感度など、初心者には名前しか聞いたことがない機能も分かりやすい例え方と作例で説明してくれました。一眼ならではのボケ味の出し方や、露出モードそれぞれの違いも実際に小物を撮影しながら学びました。シャッタースピードや露出補正などは頭で難しく考えるより、撮り比べした方が理解しやすいと思います。ピントが合わない、思ったようにボケないなど困った時に確認することや、事前に確認しておいた方がいい便利な機能や設定なども実践しながら教えてもらい、皆さん真剣に自分のカメラの設定を確認したり、撮影されていました。

LUMIX一眼の便利な機能と撮影のポイント

コンパクトカメラと一眼カメラの違いを比較

次に、カメラまかせの「おまかせiA」や「シーンガイド」などLUMIX一眼ならではのおすすめ機能や、タッチパネル搭載の機種で使えるタッチAFやタッチシャッターの便利な使い方についても紹介してくれました。おまかせで撮るのもいいけれど、自分で設定して思い通りに撮る方がいい状況や条件があることも教わり、うまく使い分けるのがよいと思いました。先生の多彩な作例を見ながら、代表的な構図やどこにピントを合わせるのがよいか、カメラの癖など撮影のポイントを交えてのお話に、どのようにしたらこんな写真が撮れるのかが分かって、早く自分でも撮ってみたくなりました。

交換レンズもお試しできます

カメラの基礎を撮影しながら学ぶ

最後にレンズについても触れられて、レンズの見方や焦点距離の比較、各種レンズによる表現の特徴の違いも知ることができました。標準、広角、望遠、マクロ、魚眼など、LUMIXでは現在21本のラインナップがあり、代表的なレンズは講座終了後に自分のカメラでお試しすることもできました。
「レンズを2本以上持ってる方は?」との質問に、数名の方の手が挙がりましたが、まだ交換レンズをお持ちでない方が多い印象でした。ここでは気軽に質問やお試しも可能なので、次のレンズ選びにもよいと思います。

講座を受講した感想

LUMIX一眼には、コンパクトデジカメのようにおまかせiAや各種オートモードなどの機能も搭載されていて、初心者でもすぐに撮影が楽しめることも分かりました。でもこんなに機能が豊富ならカメラ任せだけではもったいない!と思いました。各機能の使い方は、分かりやすい作例での説明だったので、こんな表現の写真を自分でも撮ってみたい!と具体的にイメージができました。今まであまり意識したことがなかった夜景や乗り物撮影などにも挑戦してみたくなり、興味の幅まで広がった気がします。撮りたい写真がどうしたら表現できるのかが分かって、自分で撮れるようになると、どんどん楽しくなると思います。撮りたい写真が撮れるようになる“きっかけ” になった講座でした!

このページをシェア