Panasonic StorePanasonic Store>LUMIX CLUB>イベント・撮影会>LUMIX FZ100 で撮る!「フォーミュラ・ニッポン 特別戦 撮影会」

LUMIX FZ100 で撮る!「フォーミュラ・ニッポン 特別戦 撮影会」

撮影会レポート 11/14(日) 富士スピードウェイ 天気:「曇り」気温:12℃ 

10時00分 開会~撮影テクニック講座

富士スピードウェイ内パドックスウィート内で田村弥先生の撮影テクニック講座開催。

カメラのセッティングから流し撮りのポイントなど丁寧に解説。実際に先生が前日にFZ100で撮影された写真を教材に注意点やテクニックなどを披露してくれました。この後すぐに実践で使う撮影テクニックの講義とあって、みんな真剣そのもの。

11時30分 サプライズ

レース前、最後の調整という慌しいときにもかかわらず、DELIZIEFOLLIE/CERUMO・INGINGチームのピット内に特別に入場させていただきました。
入場前に「びっくりするような値段の部品なんかが無造作に転がっているから気をつけて」と注意を受け、一同緊張した面持ちでピット内へ。敵を威嚇するようなエンジン音とシリアスな空気に圧倒されながらも、普段見ることのできない光景に夢中になってシャッターを切り続ける参加者。

この日は、往年の名レーサーを集めたレジェンドカップの決勝レースもあり、TVでもよく見る有名ドライバーや有名監督などにもすれ違いました♪

参加者によるピット内撮影写真

12時00分 昼食

ピットに入れ、有名人にも会えたことでかなりご機嫌の一同はパドックスウィートへ戻り、楽しく昼食。

昼食の途中で、なんとLUMIX CLUB撮影隊一丸となって応援しているDELIZIEFOLLIE/CERUMO・INGINGの井口卓人選手が挨拶にきてくれました。
決勝レーススタートまで30分しかない中、時間を作ってくれてありがとうございます!! はじける笑顔の井口選手を中心にみんなで記念撮影。

12時45分 フォーミュラ・ニッポン撮影

いよいよ本日のメインイベントフォーミュラ・ニッポンレースの撮影です。

観客席からサーキットまで距離のある富士スピードウェイですが、FZ100は光学24倍ズームを搭載。さらに、サーキットを熟知している田村先生がFZ100に適したポイントへ案内してくれました。
ポイントに到着したところでFUJI SPRINT CUPへのエールとして戦闘機によるデモフライトが実施されました。チャンスとばかりに習いたての流し撮りを試す人も。

デモフライトが終わると待ちに待ったレースの開始!
講義で教わったことを思い出しながらシャッターを押すと、井口選手が乗る黄色い車体をまずは撮影できたみたい。でも、車の後ろや前が切れてしまったりなかなか難しそう・・・
みなさん、撮ったばかりの写真を田村先生にみてもらいアドバイスをもらっていました。

参加者による撮影写真

13時30分 自由時間

いつもよりは暖かいといえ、冬が近づいてきている季節。外でずっと撮影していると冷えてきます。加えて、朝も早かったので、体力温存のため自由時間を設けました。

イベント会場にお土産を買いにいかれる方、パドックスウィートでくつろぐ方、GT300のレースを流し撮りされる方、と思い思いの自由時間を過ごしていました。

15時00分 GT500撮影

みんなフォーミュラ・ニッポンのレースでコツを掴んだようで開始前、田村先生も「みなさん、(流し撮りが)できています」と褒めてくださいました。

FUJI SPRINT CUP最終レースGT500がスタート!

立川祐路選手のZENT CERUMO SC430はフロント部分が真っ赤な目を引く車。
周りの大きな一眼を持つ人たちに囲まれながらもコンパクトなLUMIX FZ100で撮る参加者も負けていません。光学24倍ズーム&iAズーム32倍でサーキットを疾走するマシンを大きくとらえることができます。「ドライバーの顔が見えた!」と興奮の声があがるほどです。
マシン音が近づいてくるとみんな一斉にFZ100を構えます。その姿は真剣そのものでレース中、集中力がとぎれることがなく、一心不乱に撮り続けていました。
中には、「マシン音は写真では残せないから」とフルハイビジョンムービーでも撮影される方も。「予想以上にキレイに撮れた」と喜び、FZ100なら写真も動画も1台でキレイに残せるオールマイティ性を実感していました。

レース終了後、「まだ撮りたいなぁ」と、名残惜しそうな声が耳に残っています。

参加者による撮影写真

16時10分 田村先生による批評

パドックスウィートに戻り、撮りたてほやほやの参加者の作品をプロジェクターで映し出しました。田村先生から一人ひとりにコメント&アドバイスをいただきました。

参加者のみんなは、撮るごとにうまくなっていて、最初は車体をとらえるので精一杯だったのですが、ズームを使いより車体に近づき、シャッタースピードをあげ、構図にこだわり、と作品の精度をどんどんとあげていってました。先生も「初めてでこのレベルまでいくとは!」と感嘆の声をあげられていました。

FZ100の特長である11コマ/秒連写での撮り方については、先生の作例にあったようにスタート時に正面から迫ってくる様子を撮られるなどレースを楽しみながら別の撮影にもチャレンジされていました。

終始和やかな雰囲気で撮影会が実施できました。
田村先生、参加者のみなさま、ご協力ありがとうございました。

撮影会レポート フォーミュラ・ニッポン特別戦 田村先生直伝! 動感あふれるモータースポーツ講座 参加者が証言 LUMIX FZ100の実力