審査員

写真家 森脇章彦(もりわき あきひこ)写真家森脇 章彦(もりわき あきひこ)審査部門:ベストショット4K PHOTO部門/フォトコンビギナー部門

森脇先生からのコメント:LUMIX CLUBをご覧の皆さんこんにちは写真家の森脇章彦です。今回もまたまた夏のフォトコンテスト 2015 「わたしのイチオシの一枚」の募集が始まります。皆さんが体験した楽しい夏の思い出の中から、ルミックスで撮影した傑作写真を一枚応募して下さい。無論私も2部門で審査を担当致します。皆さんの素晴らしい写真に会えるのを楽しみにお待ちしております。よろしくお願い致します。

「ベストショット 4K PHOTO部門」撮影アドバイス:「ベストショット 4K PHOTO部門」は4K PHOTO撮影が行える機種で撮影された4K PHOTO写真を応募頂く部門です。4K PHOTO撮影を上手く行うにはピント合わせが肝心です。そこでカメラ内の「オートフォーカスモード」を使いこなす事が重要になります。特に「カスタムマルチ」AF枠を自分で設定して撮影時の構図にうまく合ったAF枠を作る事がピントの合った良い写真を撮影できるポイントになります。また写真のサイズはLサイズで撮影した場合のみ830万画素になりますので、撮影サイズがMサイズやSサイズでは小さな画素数になってしまいますので注意が必要です。さぁーこの夏、4K PHOTOにチャレンジしてみて下さい。素晴らしい作品をお待ちしております。

「フォトコンビギナー部門」撮影アドバイス:フォトコンテストにはまだ応募したことがない方、応募してみたいが自信の無い方、そんなあなたが楽しく参加できるのが、この「フォトコンビギナー部門」です。ルミックスのカメラで撮影された写真ならコンパクトデジタルカメラでもミラーレス一眼で撮影されたものでも構いません。プロの写真家が丁寧に審査し優秀な作品には写真についてのアドバイスコメントがもらえますので、撮影された写真のどこが良くてどこが悪いのかが大変良く分かります。ぜひご参加下さい。お待ちしております。

AKIHIKO MORIWAKI PROFILE:高価な宝飾品からファッションポートレートまで広告写真の分野で活躍し、現在に至る。カメラ専門誌などの執筆活動も精力的にこなし、独特の辛口批評が読者から好評を得ている。

写真家 佐藤仁重(さとうよしえ)写真家佐藤 仁重(さとう よしえ)審査部門:オープン部門/花火・海部門

佐藤先生からのコメント:夏のフォトコンテストの募集がスタートします。今回はオープン部門と花火・海のテーマ部門の審査を担当します。年々応募点数も増え、レベルアップしています。フォトコンテストは狭き門ですが、チャレンジしなければ入賞はしません。写真力をつけること、一歩上を目指して、腕を磨きましょう。またテーマを見つけてたくさん撮影を重ねましょう。あなたの出会った瞬間をLUMIXカメラで素敵にワンショット!!写真に撮って夏のフォトコンテストにふるって応募してください。

「花火・海部門」撮影アドバイス:夜空に上がる花火はとても明るい被写体です。ISO感度は低めで、絞りはF11前後、スローシャッタで撮りましょう。撮影場所には早めに行くこと。夜の撮影なので三脚もあるといいですね。周りの風景もきれいだったら取り入れましょう。手持ち花火もアイディアで勝負、楽しくスナップしてみましょう。海、こちらはスナップから風景まで様々な角度から写しましょう。朝日夕陽の時間を狙うとドラマチック、どこかに海が入っていればOK!!自由な発想で追求しましょう。カメラを持って近くの海へ出かけましょう。

SATO YOSHIE PROFILE:東京・六本木生まれ。女子美術短期大学造形科卒。日本写真家協会会員。全日本写真連盟関東本部委員。女性だけの写真教室主宰。写真集「紐育(ニューヨーク)の休日」朝日新聞社。イベント講師ほか各種写真誌で審査・原稿執筆・作品発表。個展多数。
ブログを見る

募集は終了しました

募集は終了しました

LUMIXで撮る!夏のフォトコンテスト2015

ワタシのイチオシの一枚!
募集期間
2015831日(月)15:00まで
LOADING... LOADING...

Panasonic LUMIX PHOTO CONTEST