LUMIX イベント&フォトコンテスト | フォトコンテスト2011コンパクト部門 | LUMIX CLUB | Panasonic Store
Panasonic StorePanasonic Store>LUMIX CLUB>写真・動画の撮影講座>写真力アップ PHOTOトレーニング 添削結果公開!

写真力アップPHOTOトレーニング テーマ「風景」添削結果公開!

写真表現は感動を伝えることです。
まずは感動すること、好奇心を持って被写体を観察することです。そして写真力をあげるには、テクニックを磨きましょう。
写真の基本は、あれもこれもと欲張らないで、主題を明確にすること。露出、構図、光をみることです。
ほんの少しカメラの位置を工夫することで画角は俄然変化します。カメラによってはフリーアングル液晶がついていて、目線では狙えないポジションからの撮影も楽しめます。自分の思いを伝えるには、自分らしい視点を持ち、工夫すること考えることが大切です。
多くの経験が写真表現を広げますのであらゆる写真分野にチャレンジし、自分のテーマを見つけましょう。写真表現は奥が深いから楽しいのです。

写真家 佐藤仁重
BLOGを見る

写真力アップPHOTOトレーニング テーマ「風景」

添削写真1

【ニックネーム】
よねちゃん
【使用機材】
DMC-GF1
【撮影意図】
本年の六月に出張で訪問したフランスのリヨン。会議と会議の間の隙間時で、世界遺産に登録された旧市街を散策。この世界遺産は大変広い範囲に中世の町並みが残され、その中で人々が普通に生活しているのが選定理由のひとつと聞いた。そのような雰囲気を、恋人待ちをしているような現地の女性を中心にして古い建物と現代的な電車を背景において撮る事で表現した。

審査員コメント

フランスの街の交差点。携帯を片手に恋人を待ちわびる女性を撮らえた一枚。とってもお洒落ですね。しかし女性の洋服が道路と同じような色調であったため、街の存在が強くなり人物が目立ちません。人物の存在が活かされていないのです。人物にもっと近づいて街並との遠近感をより引き出すことが出来たら、さらに女性の表情も引き立ってくると思います。写真は1枚で満足しないこと。角度を変え狙うことで新しい発見があるでしょう。

添削写真2

【ニックネーム】
プリンキー
【使用機材】
DMC-TZ5
【撮影意図】
紅葉の始まった仙人池に映った剣岳八ツ峰の初秋の表情を撮影しました。

審査員コメント

良い天候と澄んだ空気に恵まれ、くっきり浮かび上がった山並みと秋色に染まり始めた木々の様子がきれいに写し出されています。静かな湖面に写り込む光景がちょうど画面を3等分にしています。素直に写されているのですが、画面の中から空の存在が強く目に入り込んできます。自分は目の前に広がるこの素晴らしい光景の前に立ち、自分の目で見ているのでこの写真に満足してしまいがちですが、主題が明確になっているかを冷静に確認しましょう。見る相手に伝わる写真へと仕上げることが自己表現への一歩です。

添削写真3

【ニックネーム】
ピータロウ
【使用機材】
DMC-L10

審査員コメント

遠くに望む富士山。岩場の先端では父と息子の後ろ姿に二人はどんな会話をしているのかな?と想像が膨らみます。この日の富士山は若干霞がかかってしまっているので風景写真とするとやや大人しい仕上がりになってしまいますが、父子がいることによりテーマ性が大きく変化し、一段と中身が濃い作品になっています。ただ構図のバランスがやや欠け、フレーミングの曖昧さが、主題を弱くしています。富士山の撮影は天候に左右され運次第!でもそこから被写体の幅を広げられるかは撮影者次第です。

添削写真4

【ニックネーム】
Mexx
【使用機材】
DMC-LX5
【撮影意図】
夕焼けの南の島の風景を撮りたく、かつ椰子の木と人物を入れたかったのです。どこまでを入れるのかを悩みました。

審査員コメント

南の島の夕焼け空をアンダー目に決めた露出と構図はたいへん素晴らしいです。椰子の木のシルエットも形良く、独特の色合いに染まる夕焼け雲が表現できました。ただ画面左下の点景人物の存在が活かしきれていません。一番左の人物はとても良い動作をしてくれていますが、その横の集団が重なり背景の島に同化してしまいました。人物の動きをよく観察すること、島と人物が重ならない場所に敏速に動くこと、点景の人物は画面の上ではこんなに小さくても存在は大きいものなのです。

添削写真5

【ニックネーム】
チョコビー
【使用機材】
DMC-GH1
【撮影意図】
マラパスクア島からバンカーボートで一時間「ラマノック島」波の音が一種独特です。

審査員コメント

マラパスクア島の白い砂浜、蒼く透んだ美しい海、まっすぐに続く砂浜と水平線、青い空に筆で描かれたように浮かぶ白い雲、まるで楽園のような空間の全てを一枚に収めたい、そんな気持ちがわからない訳ではありません。でも波打ち際の透明感ある水がグラデーションに色づき、蒼い海へと染まっていく、ここから狙うのであればカメラのアングルはやや下向きでしょう。自分が伝えたいポイントを絞り、フレーミングを決めることが相手に伝わる写真へと繋がります。

▲ページトップへ

LUMIX商品情報・ご購入はこちらから