お肌の乾燥が気になり始めたら、知っておきたい導入※1美顔器 
イオンエフェクター<高浸透※1タイプ>(EH-XT40)ができること

KV:お肌の乾燥が気になり始めたら、知っておきたいイオンエフェクター<高浸透※1タイプ>(EH-XT40)ができること

2018/12/5

浸透しにくいコラーゲンやヒアルロン酸といった高分子美容成分も肌の角質層までしっかり届ける2つのヘッドが印象的な「Panasonic Beauty PREMIUM」のイオンエフェクター<高浸透※1タイプ>(EH-XT40)が新登場。開発担当者の小辻、大野木、立田が、その新たな特徴を解説します。

【目次】

  1. <高浸透※1タイプ>ってどういう意味?
  2. 浸透しにくい成分がぐんぐん届く!
  3. 簡単・手軽な使い心地ながら本格ケアを実現

<高浸透※1タイプ>ってどういう意味?

―イオンエフェクター(EH-XT40)は<高浸透※1タイプ>とありますが、何の浸透が高いのですか?

A.ヒアルロン酸やコラーゲンのような高分子の美容成分の浸透です。

大野木:手で塗るだけでは肌の奥、角質層へ浸透しにくかった、ヒアルロン酸やコラーゲンのような高分子美容成分、つまり大きな分子の美容成分の浸透※2がぐんと高まりました。

立田:ヒアルロン酸やコラーゲンはいろいろな種類があるがいずれも高分子で、一般的な低分子の美容成分のサイズと比較すると分子量が大きく、ただ塗るだけでは角質層を通過できないため、充分な効果は得られないと考えられます。

―大きい分子の成分は浸透しにくいと?それはなぜですか?

A.角質層の細胞間脂質は、脂質と水分が何層も重なるラメラ構造となっており、外部からの異物が侵入しにくい構造です。このため、ヒアルロン酸やコラーゲンなどの高分子の美容成分も、角質層へ浸透しにくくなっています。

KV:お肌の乾燥が気になり始めたら、知っておきたいイオンエフェクター<高浸透※1タイプ>(EH-XT40)ができること

大野木:手で塗り込んでしっかり浸透させたつもりになっている方も多いと思いますが、せっかく高価な化粧品を使っていても、これではもったいないですよ。

KV:お肌の乾燥が気になり始めたら、知っておきたいイオンエフェクター<高浸透※1タイプ>(EH-XT40)ができること

―大きな分子の美容成分が角質層まで浸透すると、どういった効果が期待できますか?

A.水分量を高め、うるおいを留める肌に導くことで、みずみずしいうるおいとハリ感が期待できるはずです。

KV:お肌の乾燥が気になり始めたら、知っておきたいイオンエフェクター<高浸透※1タイプ>(EH-XT40)ができること

大野木:ヒアルロン酸やコラーゲンは水分保持能力が高いため、肌がみずみずしくなったと実感いただけるでしょう。

立田:ちなみに、加齢と共に肌の中のヒアルロン酸やコラーゲンは減少するとされていますので、保湿力やハリ感の低下といった肌悩みを感じる方が多くなります。ヒアルロン酸とコラーゲンを角質層にしっかりと届け、水分量を高め、うるおいを留める肌に導くことで、みずみずしいうるおいとハリ感を実感頂けるでしょう。

KV:お肌の乾燥が気になり始めたら、知っておきたいイオンエフェクター<高浸透※1タイプ>(EH-XT40)ができること

● 当社調べ ● 効果には個人差があります
[モデル試験方法] 単回  プレケアモード使用後、ヒアルロン酸配合化粧水をコットンに含ませて、 保湿モード(イオンレベル:強、温感:高)で塗布した場合とヒアルロン酸 配合化粧水をコットンに含ませて、手で塗布した場合の比較[測定部位] 頬(半顔ずつ比較)[被験者] 35~55歳女性 10名

―それなら、肌に浸透しやすいよう改良された、小さい低分子のヒアルロン酸が配合された化粧品を使えば良いのでは?

A.一般的に、ヒアルロン酸は分子が大きいほど保水性が高まります。そのため、高分子のヒアルロン酸を角質層に浸透させたほうが、より高い保湿効果が発揮されると言えるのです。

浸透しにくい成分がぐんぐん届く!

―では、通常は浸透しにくい高分子美容成分を、どのように浸透させるのですか?

A.大きい美容成分が通るルートを安全に作って浸透させる、という画期的な方法です。

KV:お肌の乾燥が気になり始めたら、知っておきたいイオンエフェクター<高浸透※1タイプ>(EH-XT40)ができること

小辻:角質層に電位パルスを加えることで、ラメラ構造を一時的に変化させます。そうすることで、高分子美容成分が通過するルートが作られ、そこから浸透させるという、画期的な技術を使っています。お手入れ後は、緩んだラメラ構造も5分程度で元に戻りますので安全性への配慮もしています。

KV:お肌の乾燥が気になり始めたら、知っておきたいイオンエフェクター<高浸透※1タイプ>(EH-XT40)ができること KV:お肌の乾燥が気になり始めたら、知っておきたいイオンエフェクター<高浸透※1タイプ>(EH-XT40)ができること

KV:お肌の乾燥が気になり始めたら、知っておきたいイオンエフェクター<高浸透※1タイプ>(EH-XT40)ができること

大野木:角質層への浸透量は、手塗りとの比較で、ヒアルロン酸が8倍※3、コラーゲンが5倍※4となっています

―電位パルスを加えるというのは、実際どのように行うのですか?

A. 新しく搭載したプレケアヘッドを肌にあてて行います。

立田:今回のイオンエフェクターには、従来のイオンヘッドに加えて、新しくプレケアヘッドを搭載。このプレケアヘッドを肌にあてることで電位パルスが角質層で作用し、ラメラ構造を一時的に緩め、高分子美容成分の浸透ルートが形成されます。

KV:お肌の乾燥が気になり始めたら、知っておきたいイオンエフェクター<高浸透※1タイプ>(EH-XT40)ができること

大野木:このルートを介して、今度はイオンヘッドを使い、化粧品の高分子美容成分を角質層まで届けるのです。

KV:お肌の乾燥が気になり始めたら、知っておきたいイオンエフェクター<高浸透※1タイプ>(EH-XT40)ができること KV:お肌の乾燥が気になり始めたら、知っておきたいイオンエフェクター<高浸透※1タイプ>(EH-XT40)ができること

―それなりに痛いんでしょうね…?

A. 肌への負担である電気的な痛みは抑えることにこだわりました。
 あまりの刺激の無さに驚かれる方も多いですよ。

KV:お肌の乾燥が気になり始めたら、知っておきたいイオンエフェクター<高浸透※1タイプ>(EH-XT40)ができること

小辻:今回最もこだわったことの一つが、より高い浸透効果を求めて電圧値を高く設定しつつ、肌への負担である電気的な痛みは抑えるという、相反することの両立なんです。実際、60Vという美容クリニックでの業務用機と同等レベルの高い電圧レベルを実現しているのですが、それを感じさせないお手入れを可能にしています。

立田:普通は十数Vでピリピリ感が発生するとされているので、あまりの刺激の無さに驚かれる方も多いですよ。

―なぜ痛くないのですか?

A.プレケアヘッドに、当社独自の電極形状と絶縁層を採用しているためです。

KV:お肌の乾燥が気になり始めたら、知っておきたいイオンエフェクター<高浸透※1タイプ>(EH-XT40)ができること

立田:電気刺激がなく高電圧に設定できる絶縁層を採用した電極構成と効率的な電界を発生する櫛歯状の電極形状に関しては、特許出願を行っています。

―櫛歯状の電極形状とは?

A.電極が櫛のように互い違いに並んでいる形状です。

立田:通常、表面的には見えない部分なのですが、プレケアヘッドのカバーを外すと、櫛歯状の電極が露になります。このように電極の隙間が細かいと、それだけ高い電位パルスが実現できるんです。また、肌全体に均一に作用させて浸透経路をつくることができるというのもポイントですね。櫛歯状ではなく、複数の円形状や二重の円環も検討しましたが、そうなると電位パルスは低く、あたる部分にもムラができるので。

KV:お肌の乾燥が気になり始めたら、知っておきたいイオンエフェクター<高浸透※1タイプ>(EH-XT40)ができること
KV:お肌の乾燥が気になり始めたら、知っておきたいイオンエフェクター<高浸透※1タイプ>(EH-XT40)ができること

簡単・手軽な使い心地ながら本格ケアを実現

―他にもプレケアヘッドの特徴はありますか?

A.浸透経路が形成されるのに3秒程度かかるという知見を得た為、しっかり3秒間押し当てて施術する方法を採用しています。

KV:お肌の乾燥が気になり始めたら、知っておきたいイオンエフェクター<高浸透※1タイプ>(EH-XT40)ができること

小辻:顔全体を効率的に施術するために、スクエア型にし、さらに面積を大きくすることで、一度に広範囲に作用させることが可能になりました。効率的なヘッド形状により、顔面全体を約2分という短時間で終えられる計算となっています。

大野木:また、この3秒間しっかり押しあてるということが重要なので押しあてると同時に振動し、3秒経ったら振動が止まるという、お知らせ振動機能を搭載しました。手軽かつ確実にご使用いただけます。

―そもそも、ヒアルロン酸やコラーゲンの浸透を高める製品を開発したのはなぜですか?

A.サロンや美容クリニックで人気の技術を自宅にいながら本格的にできないか、と考えました。

KV:お肌の乾燥が気になり始めたら、知っておきたいイオンエフェクター<高浸透※1タイプ>(EH-XT40)ができること

小辻:近年、美容感度の高まりとともに、サロンや美容クリニックで施術を受ける方が増えています。ヒアルロン酸やコラーゲンなどの高分子美容成分を導入する人気の技術を家庭用に展開し、自宅にいながら本格ケアを実現できる商品をと考え、この新たなイオンエフェクターの開発に至りました。

―自宅でのスキンケアに、どのように取り入れれば良いですか?

A.普段通りのお手入れの際、お手持ちの化粧品と併せて、朝でも夜でもお好きなタイミングで、ご使用頂けます。例えば、忙しい朝は、プレケア2分+保湿モード3分の計5分で手軽にうるおいアップ、週末には、スキンクリアから~スペシャルケアモードまで最大計15分のフルプランでしっかりケアなど、モード単独、もしくは組み合わせてお使い頂けます。

小辻:化粧品に配合されている美容成分を効果的に生かせるものですので、きっといつもと同じ化粧品でも、違いを実感いただけるはずです。

立田:また、ボディは高性能ながら軽くて、気軽にお手入れできます。持ち運びも楽ですよ。

KV:お肌の乾燥が気になり始めたら、知っておきたいイオンエフェクター<高浸透※1タイプ>(EH-XT40)ができること
KV:お肌の乾燥が気になり始めたら、知っておきたいイオンエフェクター<高浸透※1タイプ>(EH-XT40)ができること

―どんな方に使っていただきたいですか?

A.年齢を重ねると共に出てくる肌悩み、特に保湿力やハリ感の低下が気になる方には是非とも使用して頂き、効果を体感していただきたいですね。

KV:お肌の乾燥が気になり始めたら、知っておきたいイオンエフェクター<高浸透※1タイプ>(EH-XT40)ができること

今回説明した開発担当者は
パナソニック(株)ビューティ・リビング事業部
商品企画部 小辻
ビューティ・アイロン商品部 大野木
ビューティ・アイロン商品部 立田

EH-XT40

Panasonic Beauty PREMIUM イオンエフェクター<高浸透※1タイプ>(EH-XT40)

Panasonic Beauty PREMIUM イオンエフェクター<高浸透※1タイプ>(EH-XT40)を試してみたい!と思いませんか?Panasonic Beauty SALON 銀座、パナソニックセンター大阪のSalon de Beautyでお気軽にご体験いただけます。
詳しくは以下よりお問合せください。

※Panasonic Storeの会員ランク別特典やお誕生日クーポンなどの全てのクーポン、ポイント還元はSalon de Beautyおよび、Panasonic Beauty SALON 銀座は対象外となりますので、あらかじめご了承ください。

  • 角質層まで
  • 角質層への浸透。ヒアルロン酸分子量5,000~10,000、コラーゲン分子量1,000~5,000を使用した浸透量試験を実施。
  • プレケアモード使用後、ヒアルロン酸水溶液をコットンに含ませて、保湿モード(イオンレベル:強、温感:高)で塗布した場合の浸透面積11,300 µm2/mm2、ヒアルロン酸水溶液をコットンに含ませて、手で塗布した場合1,400 µm2/mm2 前腕での比較(当社調べ)
  • プレケアモード使用後、コラーゲン水溶液をコットンに含ませて、保湿モード(イオンレベル:強、温感:高)で塗布した場合の浸透面積7,500 µm2/mm2、コラーゲン水溶液をコットンに含ませて、手で塗布した場合 1,500 µm2/mm2 前腕での比較(当社調べ)

Panasonic Beauty PREMIUMシリーズをより深く知っていただける情報を公開中!

Panasonic Beauty Premium TOPページへ戻る

新着情報

Panasonic Beauty SALON 銀座 イベント開催レポート

キレイに導くキレイに導く

オーガニックハーブの手作り化粧水でPREMIUMなセルフエステ体験! Panasonic Beauty SALON 銀座 イベント開催レポート

Q&Aコンテンツ

キレイに導くキレイに導く

Panasonic Beauty PREMIUM ご愛用者様からの疑問や質問にサロンのスタッフがお答えするQ&Aコンテンツ

イオンエフェクター<高浸透※タイプ>(EH-XT40)/ イオンエフェクター(EH-XT21)の使い方・お手入れ方法についてPanasonic Beauty SALON 銀座のビューティアーティストがアドバイスします。

Q&Aコンテンツ

キレイに導くキレイに導く

Panasonic Beauty PREMIUM ご愛用者様からの疑問や質問にサロンのスタッフがお答えするQ&Aコンテンツ

RF美顔器(EH-XR20)/超音波美顔器(EH-XU10)の使い方・お手入れ方法についてSalon de Beautyの店長がアドバイスします。

Combiとのコラボで生まれた子ども乗せ電動アシスト自転車

毎日を元気に毎日を元気に

Combiとのコラボで生まれた親子共に快適な子ども乗せ電動アシスト自転車「ギュット・クルーム」へ込めた想いとは?

暮らしのプロフェッショナルPanasonicと育児のプロフェッショナルCombi。人々のよりよい生活に向き合い続ける両社が「子育てをもっとよくしたい」という同じ思いのもと、子ども乗せ電動アシスト自転車「ギュット・クルーム」の共同開発が実現。「ギュット・クルーム」ができるまでのストーリーを企画担当のお二人に聞いてみました。