Panasonic Store(法人向けサイト) > 法人向けレッツノート 価格・スペック比較表

モデルごとの違いを確認 法人向けレッツノート 価格・スペック比較表

スペックで絞り込む

液晶サイズ

  • 14.0型 Full HD(LV)
  • 12.1型 WUXGA(SV)
  • 12.0型 WQXGA+(QV)
  • 10.1型 WUXGA(RZ)

CPU

  • Core™ i3
  • Core™ i5 vPro™
  • Core™ i7 vPro™

ストレージ

  • SSD 256GB(Serial ATA)
  • SSD 256GB(PCIe)
  • SSD 512GB(PCIe)

即納

  • 即納可

メモリー

  • 8GB
  • 16GB

光学式ドライブ

  • ドライブレス
  • DVDスーパーマルチドライブ

タッチパネル

  • 非対応
  • 対応

価格

  • 150,001~200,000円
  • 200,001~250,000円
  • 250,001~300,000円
  • 300,001~350,000円
  • 350,001~400,000円

その他

  • Sバッテリー付属
  • Lバッテリー付属
  • 指紋センサー搭載
  • リアカメラ搭載
  • LTE(4G)対応
  • Thunderbolt™ 3
    テクノロジー対応
  • Secured-Core PC対応

当てはまる商品を表示絞り込みを解除

LV モデル / モデル

SV モデル / モデル

QV モデル / モデル

RZ モデル / モデル

※価格はすべて税込です。

 

※1お買い上げ時にインストールされているOS、リカバリー機能またはリカバリーディスクを使ってインストールしたOSのみサポートします。

※2メモリー容量は、1GB=1,073,741,824バイト。お客様でのメモリーの増設はできません。

※3SSD容量は、1MB=1,000,000バイト。1GB=1,000,000,000バイト。1TB=1,000,000,000,000バイト。OSまたは一部のアプリケーションソフトでは、これよりも小さな数値でGB表示される場合があります。

※4JEITAバッテリ動作時間測定法(Ver.2.0)に基づいて測定。バッテリー駆動時間は動作環境・液晶の輝度、システム設定により変動します。満充電容量を段階的に制御してバッテリーパックを長寿命化しています。

※5平均値。各製品で質量が異なる場合があります。また、カスタマイズ内容により質量は異なります。LTE(4G)搭載の場合は+0.005kg。ブルーレイディスクドライブ選択の場合は+0.035kgとなります。

※6USB1.1/2.0/3.0対応。USB対応のすべての周辺機器の動作を保証するものではありません。

※77USB3.1(Gen1/2)、USB Power Delivery、Thunderbolt™ 3 テクノロジー、DisplayPort™ Alternate Modeに対応しています。USB Type-C® 対応のすべての周辺機器の動作を保証するものではありません。

※8SIMロックがかかっていません。国内専用です。受信時最大300Mbps/送信時最大50Mbps。通信速度は送受信時の技術規格上の最大値であり、実際の通信速度を示すものではありません。

※9対応するバンドはSIMによって異なります。

※10市販のThunderbolt™ 3対応周辺機器が必要です。

※11パナソニック技術実験室にて、非動作時。天面と底面全体に均等に980N{100kgf}で圧迫した状態で振動実験を実施。

※12パナソニック技術実験室にて、76cm(底面方向・動作時)の落下試験を実施。底面方向、動作時。落下した場合は、点検(有償)に出してください。

※13Bluetooth対応のすべての周辺機器の動作を保証するものではありません。

※14通信距離は2.4GHz帯(11b/g/n)チャンネルで見通し約50m、5GHz帯(11a/n/ac)チャンネルで見通し約30mです(電波環境、障害物、設置環境などの周囲条件や、アプリケーションソフト、OSなどの使用条件によって異なります)。

※15IEEE802.11aの5.2GHz/5.3GHz 帯(W52/W53)を使って屋外で通信を行うことは、電波法で禁止されています。W52/W53をご使用で無線LAN の電源がオンの状態で本機を屋外で使用する場合は、あらかじめIEEE802.11aを無効に設定しておいてください。
5.47GHz ~ 5.725GHz の周波数帯域(W56)の屋外での使用については電波法で禁止されていません。IEEE802.11aを使用して本機と通信するには、W52/W53/W56のいずれかに対応した無線LANアクセスポイントをお使いください。
IEEE802.11n/ac準拠モードで通信するには、本モードに対応した無線LANアクセスポイントが必要です。また本機および無線LANアクセスポイントの暗号化設定をAESに設定する必要があります。詳しくは無線LANアクセスポイントのメーカーにお問い合わせください。

※16コネクターの形状によっては、使用できないものがあります。伝送速度は理論上の最大値であり、実際のデータ伝送速度を示すものではありません。使用環境により変動します。

●仕様および意匠につきましては、予告なく変更する場合がありますのでご了承願います。

●本製品の耐衝撃・耐圧迫性能は、無破損・無故障を保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

価格・スペック比較表の先頭へ