パナソニック・ホーム 個人向けトップ > 電動アシスト自転車 > 日本製へのこだわり

日本製 日本製

職人の手と
先進の技術でつくる一台。

パナソニックの電動アシスト自転車は、加工・製造から組立・梱包まで、国内で生産しています。
それは、国内で販売されている自転車の大半が輸入品という今、安心・安全に配慮した自転車をお客様にお届けするため。
製品の安全性と品質の高さ、時代に合わせた理想の自転車づくりを追求し、パナソニックは国内生産にこだわり続けています。

※一部商品のフレームは海外製です。

日本製ならではの高品質・高耐久

  • 1フレーム疲労試験

    フレーム疲労試験の写真

    JIS規格とBAA(自転車安全・環境基準)に従った試験機を用い、安全性のテストを実施。さらに一段と厳しい独自のテストも行っています。

  • 2ブレーキ性能試験

    ブレーキ性能試験の写真

    坂道や急停止時の制動力を確かめるブレーキ性能試験を実施。より安全に停止できるよう、繰り返しテストを行っています。

  • 3噴霧試験

    噴霧試験の写真

    雨天時の使用や経年劣化によるさびつきを確認するため、噴霧試験を実施。安心して長く美しく乗れる自転車づくりを続けています。

自転車完成までの作業工程

  • 1フレーム加工工程

    フレーム加工工程の写真

    熟練の技術とロボットによる均一な加工により、美しいフレームに仕上げます。

  • 2塗装工程

    塗装工程の写真

    丁寧な3層塗装で、さびにくく、美しい仕上がりに。ここでも職人の手が加わります。

  • 3モーター工程

    モーター工程の写真

    パナソニックの生産ノウハウが注がれた電動アシスト自転車の心臓部も日本製。

  • 4組立工程

    組立工程の写真

    車輪から自転車組立まで、1台ずつ手作業でつくられています。

有資格者の厳しい審査を経て、
お客様のお手元へ

JAPAN CYCLE SPIRITS 繊細な日本のモノづくり。

電動アシスト自転車の製造工程には、
日本伝統工芸の繊細な
モノづくりの精神が活きています

電動アシスト自転車の
製造工程を動画でご紹介