パナソニック・ホーム Panasonic Store> 電動アシスト自転車 > 電動アシスト自転車のコンテンツ > 【失敗しない】電動アシスト自転車の正しい選び方とおすすめの機種

【失敗しない】
電動アシスト自転車の正しい選び方と
おすすめの機種

電動自転車ズームイン

電動アシスト自転車を選ぶ時、どれを選んだらよいのだろうか、とお悩みの方もいらっしゃるかもしれません。今回は何を重視して選ぶべきか?を目的別に解説します。それぞれのおすすめ機種をご紹介するので、あなたにぴったりの自転車を見つけてくださいね。

電動アシスト自転車・選び方のポイント3つ

最近の電動アシスト自転車は用途や利用シーンに合わせて様々な機能が進化し、「子乗せタイプ」「スポーツタイプ」など色々なタイプの電動アシスト自転車が販売されています。電動アシスト自転車は使用目的によって必要な機能が違ってくるので、「用途」「バッテリー容量」「タイヤサイズ」などからあなたにぴったりの機種を選ぶことが大切です。今回は、使用目的ごとに、「電動アシスト自転車を選ぶ時に重視すべきポイント」について詳しく解説していきます。

用途で選ぶ

電動アシスト自転車は「どのような用途で使うのか」で、必要な機能が違ってきます。子どもを乗せる場合は「子ども乗せ」に対応しているかどうか、週末にオンロードを走りたい場合はクッション性の高いフロントサスペンション付きを…という風に、優先すべきポイントを絞って自転車を選ぶとよいでしょう。それぞれの用途別に、選ぶ時に優先すべきポイントを解説します。

  1. ●子どもを乗せたい場合

    【子どもを乗せる場合は「幼児2人同乗用自転車」がおすすめ】

    保育園の送迎や買い物など、忙しい毎日の育児に電動アシスト自転車があると、ママの負担が減りとても便利です。子どもと荷物を乗せての運転は漕ぎ出しでふらついたり、子どもの乗せ降ろしでバランスを崩したりと、転倒などの事故に気をつけなければいけません。子ども乗せ電動アシスト自転車を選ぶ場合は「子どもを乗せても安定して走行できるか」を最重視しましょう。

    子どもを自転車に同乗させる場合は幼児2人同乗用自転車がおすすめです。幼児2人同乗用自転車とは幼児2人を乗せるために必要な構造を持った自転車で、通常の自転車より強度や安定性を高めて作られているものです。子どもが1人の場合でも、子どもと荷物を乗せると自転車が不安定になることが多いので、幼児2人同乗用自転車を選ぶ方が安心です。

    幼児2人同乗用自転車を選ぶときは、一般社団法人自転車協会の安全・環境基準適合車(BAA)シールと幼児2人同乗基準適合車シールが付いている自転車を選ぶようにしましょう。

    【前乗せと後ろ乗せの違い】

    子どもを乗せる場合には大きく分けて「前乗せ」「後ろ乗せ」があります。それぞれに特徴があるので、子どもの年齢や体格に合わせて選ぶとよいでしょう。

    〈子ども乗せ自転車 前乗せ 後ろ乗せの違い〉

    対応年齢目安 身長・体重の目安 メリット デメリット
    チャイルドシート前用 対応年齢目安 1歳~4歳未満 身長・体重の目安 100cm/15kgまで メリット 子どもの様子を運転者が観察できるので安心 デメリット 4歳未満しか使えない
    チャイルドシート後ろ用 対応年齢目安 1歳~6歳未満 身長・体重の目安 115cm/22kgまで メリット 6歳未満まで使用できる。 デメリット 運転者から子どもの様子が見えない

    お子さまが2歳未満の場合は前乗せタイプがママの目が届くので安心です。お子さまが2歳以上の場合や、身体の大きなお子さまの場合は22kgまで乗せられる後ろ用のチャイルドシートを利用するとよいでしょう。

    【駐輪時の転倒を防止する機能も重要】

    子どもを自転車に乗せ降ろしする時に、自転車が安定していないと転倒する恐れがあります。「スタンドを立てると同時にハンドルをロックする機能」や、「幅の広いスタンド」など、転倒を防止する機能がついていると安心です。

  2. ●通勤通学に使用する場合

    【バッテリー容量が大きいものがおすすめ】

    通勤通学に使用する場合、最も重視すべき部分は「バッテリーの容量」です。バッテリーの充電は、バッテリー取り外しの手間や充電時間がかかり疲れて帰ってきた方には意外と面倒なものですよね。バッテリー容量が大きいとそれだけ充電頻度が少なくなるので手間がかかりません。

    【長距離を走る場合にはタイヤサイズは大きめを】

    通勤通学に長距離を走る場合は、長距離を走っても疲れにくい大きめのタイヤ(24インチ・26インチ)がおすすめです。

  3. ●スポーツ・レジャーに使用する場合

    最近ではオンロードに適した「スポーツタイプ」の電動アシスト自転車も販売されています。スポーツタイプを選ぶと、通勤だけでなく長距離サイクリングや山間部でのツーリングなど、週末のレジャーにも使用することができます。スポーツタイプの電動アシスト自転車は、丈夫で軽い車体を採用していたり、高機能な変速機を備えていたりと、より本格的に自転車を乗りこなしたい人におすすめです。

  4. ●坂の多い街での移動やショッピングに利用する場合

    小柄な女性や高齢者の方にとって、坂道の多い街での移動や荷物の多い買い物はとても大変です。電動アシスト自転車があると、荷物が増えても坂道があってもラクに移動することができます。電動アシスト自転車は重たくて取り扱いがしにくいというイメージがあるかもしれませんが「自転車の重量が軽いタイプ」「タイヤが小さく小回りが利くタイプ」を選ぶと、女性や高齢者も扱いやすく安全に乗ることができます。

バッテリー容量で選ぶ

「自転車を毎日使う」「長距離乗ることが多い」という人は「バッテリーの容量」も重視する必要があります。基本的にバッテリーは充放電を繰り返すことで劣化が進むといわれているので、なるべくなら充電回数は減らしたいもの。容量の大きいバッテリーを選ぶと充電頻度が減るので、バッテリー寿命が長くなると考えられます。ただし、電動アシスト自転車の価格は、スペックがほぼ同じなら、バッテリー容量が大きいほど高くなります。

〈バッテリー充電頻度の比較〉

家から6km離れた学校まで、週5日往復した場合

バッテリー容量 充電時間 一回の充電で走行可能な距離※ 充電頻度
8.0Ah 充電時間 約3.5時間 一回の充電で走行可能な距離※ 約30km 充電頻度 1週間に約4回
12.0Ah 充電時間 約4.5時間 一回の充電で走行可能な距離※ 約44km 充電頻度 1週間に約3回
16.0Ah 充電時間 約6.0時間 一回の充電で走行可能な距離※ 約59km 充電頻度 1週間に約2回
20.0Ah 充電時間 約8.0時間 一回の充電で走行可能な距離※ 約68km 充電頻度 1週間に約1回

※パワーモード時

バッテリー容量の大きい電動アシスト自転車を選んだほうがよいケースは

  • 通勤通学に使用する場合
  • 長距離を走ることが多い場合
  • ほぼ毎日自転車を使用する場合
です。これらに当てはまる時は、予算と相談の上、なるべく容量の大きいバッテリーを選ぶとよいでしょう。

タイヤサイズで選ぶ

電動アシスト自転車を選ぶ時、乗り心地や操作性に大きく関わってくるのが「タイヤの大きさ」です。タイヤの大きさには小さめ(20インチ・22インチ)と大きめ(24インチ・26インチ)があります。それぞれに特徴があるので、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

〈自転車のタイヤサイズと特徴〉

特徴 こんな人におすすめ
小さめのタイヤ
(20インチ・22インチ)
特徴 ・小回りがきく
・重心が低く安定感がある
・車高が低いので乗り降りがしやすい
・漕ぎ出しが軽い
・子どもの乗せ降ろしがしやすい
・比較的自転車の重量が軽い
こんな人におすすめ ・小柄な女性
・高齢者
・お子様を乗せる方
大きめのタイヤ
(24インチ・26インチ)
特徴 ・長距離乗っても疲れにくい
・自転車の重量が重くなる
こんな人におすすめ ・体格が普通~大きめの女性
・男性
・長距離を乗る人

小さいタイヤの電動アシスト自転車は、自転車の重量も軽くなるので取り扱いがしやすく、小柄な女性や高齢者にぴったりです。子ども2人を自転車に乗せる場合は、自転車の総重量が100kg近くになることもあり、バランスが取りにくく、ふらついたり転倒したりする恐れがありますので、小柄なママの場合は、重心が低く車体が軽い小さいタイヤの電動アシスト自転車を選ぶとよいでしょう。

通勤通学に毎日長距離を乗る人や、体格が普通以上の女性や男性の場合は、大きめのタイヤの方が疲れにくいので、快適に乗ることができます。

シーン別!おすすめ電動アシスト自転車

電動アシスト自転車の選び方のポイントがわかったところで、利用シーン別のおすすめの電動自転車をご紹介します。

子どもを乗せる方は「子乗せモデル」がおすすめ

子ども2人を乗せる「3人乗り」をしたい場合は、「幼児2人同乗基準適合車」の認定を受けた自転車を選ぶように法律で定められています。パナソニックの子乗せタイプの電動アシスト自転車はすべて「幼児2人同乗基準適合車」の認定を受けています。

  • 電動アシスト自転車 ギュット・アニーズ・EX

    高機能チャイルドシートが魅力の後ろ乗せタイプ
    【ギュット・アニーズ・EX】

    【ギュット・アニーズ・EX】は業界最大級の20.0Ahバッテリーを搭載した、後ろ乗せタイプの子ども乗せ電動アシスト自転車です。お子さまの送迎に長距離を走る場合や、毎日買い物使う場合でも充電頻度が少なく手間がかかりません。小回りの利く20インチで小柄なママも扱いやすい電動アシスト自転車です。

    ギュット・アニーズ・EXのおすすめポイント

    • 業界最大級20.0Ahの大容量バッテリー搭載。1日3km使用の場合4週間に1回の充電でOK(パワーモード時)。
    • チャイルドシートは5点式シートベルトでお子さまをしっかりホールド。防水素材のレザー調シートは、厚みが旧モデルに比べて5倍になりお子さまの乗り心地も快適。
    • フレーム部分は低床設計。車高が低くママの乗り降りやお子さまの乗せ降ろしがラク。
    • 流行に敏感なママも満足の全6色のスタイリッシュなカラー。
    • 見た目もおしゃれな「パイプワイドバスケット」採用でバスケット容量が10%アップ(旧モデル比)。
    電動アシスト自転車 ギュット・ミニ・EX

    前乗せタイプのフルスペックモデル
    【ギュット・ミニ・EX】

    【ギュット・ミニ・EX】は前乗せタイプの子ども乗せ電動アシスト自転車で、バッテリーは業界最大級の20.0Ah。毎日長距離を走るママでも充電の手間が少なく便利です。安心・安全・快適にこだわったチャイルドシート「ギュットプレミアムシート2」がお子さまの安全を守ります。

    ギュット・ミニ・EXのおすすめポイン

    • 業界最大級20.0Ahの大容量バッテリー搭載。1日3km使用の場合、4週間に1回の充電でOK(パワーモード時)。
    • 「ギュットプレミアムシート2」は、5段階リクライニング、8段階調節のヘッドレスト、4段階のグリップバー、2段階のステップで、お子さまの成長に合わせて細かく調節が可能。車のシートベルトのようにサッと簡単装着できる巻取り式シートベルト採用。
    • タイヤは特殊合成シート内蔵で、金属片やガラス片が刺さって起こるパンクに強い「パンクガードマンa 」採用。タイヤ幅も50mmと太めで安定感抜群。
    • フレーム部分は低床設計。車高が低くママの乗り降りやお子さまの乗せ降ろしがラク。
  • 電動アシスト自転車 ギュット・ステージ・22

    ライフステージに合わせて自在にカスタム!
    【ギュット・ステージ・22】

    26型だと大きすぎるけど、20型だとパパとシェアできない…そんな悩みを解決してくれるのが、ちょうどよいサイズ「22型」の【ギュット・ステージ・22】です。見た目は普通の自転車に見えますが、お子さまが増えたらチャイルドシートを前後に付けて、子ども乗せ自転車に早変わり。様々なライフステージに対応できる電動アシスト自転車です。

    ギュット・ステージ・22のおすすめポイント

    • 扱いやすい22型で、パパとのシェアも可能。
    • お子さまが増えたら前後にチャイルドシートを付けて、子ども乗せ自転車にチェンジ。
    • 5色のスタイリッシュなカラーでおしゃれなママも満足。
    • お子さまが大きくなっても、チャイルシートを外せば普通の電動アシスト自転車として長く乗れる。
    • 両輪22型で幼児2人同時乗りができる電動アシスト自転車は【ギュット・ステージ・22】だけ!

女性には機能性とおしゃれさを両立したモデルを

最近は機能だけでなく見た目にもこだわったスタイリッシュな電動アシスト自転車が次々と発売されています。おしゃれな電動アシスト自転車なら、毎日のお出かけもきっと楽しくなりますよ。

  • 電動アシスト自転車 ビビスタイル

    おしゃれなルックスで人気の
    【ビビスタイル】

    ロイヤルレッドやパウダーイエローなど思わず目を引くおしゃれなカラー展開で人気の【ビビスタイル】。ドット柄が可愛い大型バスケットがポイントのスタイリッシュなデザインで、特に若い女性に人気です。

    【ビビスタイルのおすすめポイント】

    • 5色のスタイリッシュなカラーからお気に入りを選べる。
    • 16.0Ahの大容量バッテリー搭載。1日3km使用の場合、3週間に1回の充電でOK(パワーモード時)。
    • ビビスタイル限定のおしゃれで丈夫なドット柄のバスケットは、41×33×25センチの大容量。
    • タイヤは26インチと大きめだけれど、低床設計なので女性でも乗り降りがしやすい。
  • 電動アシスト自転車 ティモ・S

    長距離走行でも疲れにくい
    【ティモ・S】

    【ティモ・S】は通勤や通学に毎日長距離乗る人が快適に走れるように作られたモデルです。バッテリーは大容量の16.0Ah。頑張るあなたの毎日を力強くサポートしてくれます。

    【ティモ・Sのおすすめポイント】

    • 16.0Ahの大容量バッテリー搭載。1日3km使用の場合、3週間に1回の充電でOK(パワーモード時)。
    • 1つのキーで後輪サークル錠、バッテリーロック、ワイヤ錠の3つを同時に施錠。複数のキーを管理するわずらわしさを軽減しつつ、しっかりと盗難に備える。
    • 手の小さい方も握りやすいスリムグリップ採用。
    • ティモシリーズは「3ロック」採用で盗難阻止率99.9%を実現※。さらに3年間の盗難補償優遇制度付きで、日本PTA全国協議会の推薦商品に認定。(※2015年4月から2016年3月:パナソニックサイクルテック株式会社調べ)
  • 電動アシスト自転車 ビビ・DX

    価格と機能のバランスが取れたロングセラーモデル
    【ビビ・DX】

    【ビビ・DX】はショッピングなど街乗りにぴったりの「ビビシリーズ」のロンセラーモデルです。2016年12月にバッテリー容量を増やし、新機能を搭載してリニューアル。走行距離や使いやすさがアップしました。

    【ビビ・DXのおすすめポイント】

    • 16.0Ahの大容量バッテリー搭載。1日3km使用の場合、3週間に1回の充電でOK(パワーモード時)。
    • 豊富な全7色のカラー展開でお気に入りの1台を選べる。
    • キズやヘコミに強い樹脂製の「大型スムースインバスケット」は39×35×24センチの大容量でお買い物や通学に便利。
    • スタンドを立てると同時にハンドルがロックされる「ズバピタ2」搭載。駐輪時の転倒を防止。

高齢者の方でも安心

「自転車の転倒が不安」「毎日の買い物が大変」そんな高齢者をサポートしてくれるのが、電動アシスト自転車です。力がなくても扱いやすい軽量モデルや転倒しにくい三輪タイプを選べば、高齢者でも安心して乗ることができますよ。

  • 電動アシスト自転車 ビビ・LU

    ビビシリーズの軽量モデル
    【ビビ・LU】

    〈変速機なし〉24型
    〈変速機あり内装3段〉24型/26型
    街乗りにぴったりの「ビビシリーズ」の軽量モデルが【ビビ・LU】です。同型モデルよりマイナス5キロを実現し、取り扱いがしやすいと人気です。

    【ビビ・LUのおすすめポイント】

    • 同型モデル【ビビ・DX】に比べて重量はマイナス5kg。高齢者や小柄な女性でも段差の持ち上げや押し歩きがラク。
    • 変速機あり内装3段(24型・26型)と軽さを追求した変速機なし24型から選べる。
    • 手の小さい女性でも握りやすい「スリムグリップ」採用でハンドル操作がしやすい。
    • 手元の操作スイッチ「エコナビLEDスイッチ2」は文字が大きく見やすくなり、電源ボタンも誤操作を防ぐために使いやすさを改善。
  • 電動アシスト自転車 ビビ・LS

    ビビシリーズ最軽量モデルはコレ!
    【ビビ・LS】

    〈変速機なし〉24型
    〈内装3段〉24型/26型
    「高齢者や小柄な女性でも扱いやすい電動アシスト自転車を…」そんな要望に応えて作られたのが【ビビ・LS】です。車体は21.6kgと電動なしの自転車とほとんど変わらない軽さを実現。取り扱いのしやすさと、電動アシスト自転車のアシスト力で、普通の自転車よりもラクに快適に乗ることができます。

    【ビビ・LSのおすすめポイント】

    • 「とにかく軽い!」普通の自転車と変わらない重さで、電動アシスト付きを実現。
    • 中央フレームの高さは床から34センチ。またぎやすい低床設計で高齢者でも乗り降りがしやすい。
    • 手の小さい女性でも握りやすい「スリムグリップ」採用でハンドル操作がしやすい。
  • 電動アシスト自転車 ビビライフ

    転倒しにくい三輪タイプ
    【ビビライフ】

    ビビライフは後輪が二輪になっているタイプの三輪自転車です。二輪自転車だとふらついて不安を感じるお年寄りや、買い物など荷物が多い人にぴったりの電動アシスト自転車です。

    【ビビライフのおすすめポイント】

    • 転倒しにくい三輪自転車に電動アシスト機能を搭載。荷物が多い時や、坂道が多い街でも電動アシストのパワーでラクに運転が可能。
    • 低重心で安定感があり、車高が低いので足が付きやすく高齢者にぴったり。
    • 前ハンドルは運転者に合わせて左右にスイングするので、自転車に近い感覚でカーブが曲がれる。
    • 大きな荷物や買い物に便利な後部バスケットは、46×40×22センチの大容量。
    • ハンドル部で前輪錠の施錠解錠ができるので、カギのためにかがむ必要がなく高齢者もラクラク。

様々な用途やライフステージに対応!電動アシスト自転車で毎日を快適に

電動アシスト自転車といえば「自転車が重い」「充電が面倒」…というイメージがあるかもしれませんが、そんなイメージを覆す新しい電動アシスト自転車がたくさん発売されています。通勤通学に使う人や子どもを乗せるママだけでなく、今まで電動アシスト自転車に乗ったことがない高齢者の方もぜひその良さを体感してみてください。あなたにぴったりの電動アシスト自転車が見つかれば、毎日の自転車ライフはもっと楽しく快適になりますよ!

おすすめ記事

contents_bnr_24.jpg

商品ストーリー商品ストーリー

担当者に聞いてみた 電動アシスト自転車のソコが気になる

電動アシスト自転車に関するみなさまの気になる点について、責任をもってお答えいたします!

contents_bnr_25.jpg

商品ストーリー商品ストーリー

電動アシスト自転車 選び方ガイド バッテリーで決める

利用シーンをイメージしてバッテリー容量を決め、バッテリー容量で自転車を選びましょう!

contents_bnr_26.jpg

家電使いこなし術家電使いこなし術

電動アシスト自転車のバッテリー寿命は?容量別の交換目安と長持ちさせるコツ

電動アシスト自転車はバッテリーが命。電動アシスト自転車には様々な容量のバッテリーがあり、使う頻度や充電回数によってバッテリーの寿命は変わってきます。今回は容量別の交換目安と長持ちさせるコツ、そしてバッテリーの寿命がきた場合の対応策を解説します。

contents_bnr_27.jpg

商品ストーリー商品ストーリー

おしゃれ!電動ママチャリの選び方とおすすめランキング

自転車は買い物や子どものお迎えなど、普段使いに大活躍しますね。最近では従来のママチャリのイメージを覆すおしゃれなデザインの「電動アシスト」ママチャリが多く発売されています。安全性や利便性、ファッション性まで兼ね備えた電動ママチャリの選び方をお伝えしていきます!

contents_bnr_28.jpg

商品ストーリー商品ストーリー

【失敗しない】子供乗せ自転車の選び方ガイド&おすすめ商品

自転車の子ども乗せどうする? 「道路交通法は?」「前乗せ・後ろ乗せは何歳まで?」「選ぶときのポイントは?」「そもそも電動アシスト自転車にすべき?」などの疑問にお答えします。1歳・2歳~6歳未満のお子さま、特に2人以上育てているママ必見の情報です。ぜひご活用ください。

contents_bnr_29.jpg

毎日を元気に毎日を元気に

ギュットプレミアムシートのクッションカバーをハンドメイド

ここ数年で急激に成長し、注目されているハンドメイド。他にはない「人とちょっと違うモノ」を求める女性は少なくありません。今回はそんな女性・ママたちの気持ちにお応えして、ギュットプレミアムシートのクッションカバーの作り方をお伝えします!

contents_bnr_30.jpg

毎日を元気に毎日を元気に

電動アシスト自転車は雨の日でも壊れない?より安心して使うための注意点

「電動アシスト自転車って雨の日でも大丈夫なの?」と不安に思う人の疑問を解決します! 今回は電動アシスト自転車が雨や水に濡れた時、安心して使用するための注意点と対応策を紹介します。

contents_bnr_31.jpg

毎日を元気に毎日を元気に

電動アシスト自転車の盗難率は?盗難事情と知っておきたい対策

電動アシスト自転車は普通の自転車に比べて高価なものです。その分、盗難された時のショックも大きいはず…。しかし電動アシスト自転車は普通の自転車よりも盗難されにくいと言われています。その理由と知っておきたい盗難対策を解説します。

contents_bnr_32.jpg

商品ストーリー商品ストーリー

おすすめ通学自転車・選び方のポイントとは

皆さんは通学用の自転車を探す時、何を重視しますか?安全面や利便性はもちろんのこと、当然デザインだって素敵でないと!と思いますよね。ここでは、通学用自転車を選ぶ時にチェックすべきポイントと、それらを備えたデザイン性の高い機種を紹介していきます。

contents_bnr_33.jpg

商品ストーリー商品ストーリー

自転車通勤を始める前に~注意点と自転車の選び方~

最近では自転車で通勤をしている方も増えてきています。今回は「自分も自転車通勤を始めてみようかな」と思い始めた方へ、通勤に適した自転車の選び方や自転車で通勤する際の注意点をご紹介していきます。

contents_bnr_34.jpg

商品ストーリー商品ストーリー

【失敗しない】電動アシスト自転車の正しい選び方とおすすめの機種

電動アシスト自転車を選ぶ時、どれを選んだらよいのだろうか、とお悩みの方もいらっしゃるかもしれません。今回は何を重視して選ぶべきか?を目的別に解説します。それぞれのおすすめ機種をご紹介するので、あなたにぴったりの自転車を見つけてくださいね。

contents_bnr_35.jpg

毎日を元気に毎日を元気に

自転車用チャイルドシート(前・後)選び方のポイント

お子さまを自転車に乗せる時に必要なチャイルドシート。これからチャイルドシートを買う場合、安全性の他にどんなことを重視して選ぶといいのでしょうか?選ぶ時に気をつけるポイントと、おすすめのチャイルドシートの紹介をします。

contents_bnr_36.jpg

毎日を元気に毎日を元気に

サイクリングの服装はコレで決まり!季節別の服装を解説します

サイクリングに出るとき、皆さんはどのような服装で出かけますか?初心者の方は特に、「動きやすいなら普通の格好でも平気?」と考えている方もいらっしゃると思いますが、しっかりした機能的な服で自転車に乗れば、いつもより楽しく快適にサイクリング出来ますよ!ここでは、サイクリングに適したオススメの服装を解説します。

contents_bnr_37.jpg

毎日を元気に毎日を元気に

意外と知らない自転車の空気の入れ方!失敗しない正しい方法を解説

自転車の空気を入れる時、みなさんはどのようにしていますか?実はもっと、今より効率的な空気の入れ方があるかもしれません。ここでは、英式・米式・仏式、それぞれのバルブについて、上手な空気の入れ方を解説していきます。

contents_bnr_38.jpg

毎日を元気に毎日を元気に

自転車で歩道を通行できる条件は?歩道や自動車道の走り方まとめ

近年、自転車と歩行者による事故が多く発生しており、自転車に乗る際のルールが厳しくなってきています。ルールを知らずに自転車で歩道を通行し、事故を起こしてしまうのを避けるために、自転車のルールやマナーを知っておきましょう。

contents_bnr_39.jpg

毎日を元気に毎日を元気に

中古自転車購入のメリットデメリット ~トラブル回避のポイント3つ~

人から譲ってもらったり、壊れて買い替えをしたりするときなど、中古自転車に乗ることになる方は案外多いものです。ここでは、中古で自転車を購入する時のメリットとデメリット、また、中古で購入する際に気を付けるべきポイントを解説します。

contents_bnr_40.jpg

毎日を元気に毎日を元気に

自転車の消費カロリーを計算!今すぐできる効率的な自転車ダイエット

自転車の消費カロリーは一体どのくらいなのでしょう?自転車は思ったよりも消費カロリーが高いのでダイエットにもおすすめ。消費カロリーの計算方法や効率的な自転車ダイエットの方法、メリットなども紹介します。

contents_bnr_41.jpg

毎日を元気に毎日を元気に

自転車でイヤホン走行は法律違反?知っておきたい自転車のルール

「改正道路交通法」が2015年6月1日から施行され、自転車の運転ルールの取り締まりが一層強化されました。今回はイヤホンをつけて自転車を運転するのは法律違反になるのか、片耳でも使用は禁止されているのかなど、気になるルールを徹底解説していきます。

contents_bnr_42.jpg

毎日を元気に毎日を元気に

自転車の故障は危険!チューブやチェーン、ブレーキの交換目安は?

自転車は日常的に使うものなので、車体や部品などが徐々に劣化しても不具合に気付きにくいと言います。今回は自転車の安全性に大きく影響するチューブ、チェーン、ブレーキの交換時期や不具合の見極め方を紹介します。

contents_bnr_43.jpg

毎日を元気に毎日を元気に

自転車保険は必要?タイプや種類について詳しく解説

自転車での事故が増える昨今、損害保険会社でも自転車に特化した保険が販売されています。自転車のために「自転車安全整備店」で加入できる保険もありますので、自分に必要な保険を選び、安全をしっかり確保しましょう。

申請しないと損!?全国で増える電動アシスト自転車の補助金制度!

毎日を元気に毎日を元気に

申請しないと損!?全国で増える電動アシスト自転車の補助金制度!

東京都・神奈川県・愛知県の3都県から、電動アシスト自転車の購入費補助を実施している自治体をピックアップして、ご紹介します。

愛川町イメージ画像

毎日を元気にカテゴリアイコン毎日を元気に

住民ファーストの想いから生まれた 「電動アシスト三輪自転車」購入費補助制度

全国の自治体で「電動アシスト自転車」購入費の補助制度が広がる中で、神奈川県愛川町では、高齢者向けに「電動アシスト三輪自転車」の購入費補助を開始しました。神奈川県初となる制度を取り入れた理由や今後の展望について、愛川町の民生部 高齢介護課 副主幹の市川百合子さんにお話をうかがいました。

Combiとのコラボで生まれた子ども乗せ電動アシスト自転車

毎日を元気に毎日を元気に

Combiとのコラボで生まれた親子共に快適な子ども乗せ電動アシスト自転車「ギュット・クルーム」へ込めた想いとは?

暮らしのプロフェッショナルPanasonicと育児のプロフェッショナルCombi。人々のよりよい生活に向き合い続ける両社が「子育てをもっとよくしたい」という同じ思いのもと、子ども乗せ電動アシスト自転車「ギュット・クルーム」の共同開発が実現。「ギュット・クルーム」ができるまでのストーリーを企画担当のお二人に聞いてみました。

愛川町で高齢者向けの電動アシスト三輪自転車試乗

毎日を元気に

愛川町で高齢者向けの自転車交通安全教室&電動アシスト三輪自転車試乗会が開催されました!

2019年3月1日(金)に、神奈川県愛川町で、「高齢者自転車交通安全教室・電動アシスト三輪自転車試乗会」が開催されました。この取り組みは、愛川町に住む高齢の方に、自転車で道路を走行する際のルールをお伝えするとともに、昨年度から補助金対象になった「電動アシスト三輪自転車」の乗り心地を試していただくというもの。雨上がりで足下が悪いにもかかわらず、多くの方が集まってくれました!

パパチャリの選び方&2018年おすすめランキング

毎日を元気に毎日を元気に

パパチャリの選び方&2018年おすすめランキング

"電動アシスト自転車といえば、ママのための乗り物だと思っている人はいませんか? それは、大きな間違いです。実は、電動アシスト自転車はママだけでなく、学生・社会人・ご年配の方など、幅広い年齢層の方々に愛用されています。そして、ここ最近増えているのが、子どもの送迎と通勤に使うパパたちです。今回は、なぜパパたちが電動アシスト自転車を使っているのか、その理由を紐解いていきましょう。"

クロスバイクも!人気急上昇中のおすすめ電動アシスト自転車は?

毎日を元気に毎日を元気に

クロスバイクも!人気急上昇中のおすすめ電動アシスト自転車は?

電動アシスト自転車は改良に改良が重ねられ、機能性・デザイン性ともに日々進化しています。特に、男性に人気の高いスポーツタイプは、クラシカルなタイプからスタイリッシュなタイプまでデザインが豊富。知っているようで意外と知らない、電動アシスト自転車の最新事情を見ていきましょう。

ロングライドに挑戦!初心者でも無理なく走れる基本の装備は?

毎日を元気に毎日を元気に

ロングライドに挑戦!初心者でも無理なく走れる基本の装備は?

健康維持、ダイエット、趣味、ストレス発散など、自転車に乗る理由はたくさんありますが、本格的なロングライドに挑戦するのには勇気がいりますよね。特に年齢とともに体力が落ちていることを実感している人や普段からあまり体を動かさない人にとっては、行きは楽しくても帰り途中で体力の限界が来てしまうのではないかということも心配事のひとつかもしれません。そこで、おすすめしたいのが電動アシスト自転車。これなら年齢や体力面が気になってあきらめていた方や初心者の方でも、簡単にロングライドが楽しめます!

パパならコレ!おしゃれな子ども乗せ電動アシスト自転車をチェック

毎日を元気に毎日を元気に

パパならコレ!おしゃれな子ども乗せ電動アシスト自転車をチェック

子どもの送迎はもちろん、通勤にも自転車を活用するパパが増えています。今回は、パパにも便利な「子乗せタイプ」の電動アシスト自転車の選び方やおすすめの商品をご紹介します。

傘さし運転はNG?雨の日の自転車ルールと注意点

毎日を元気に毎日を元気に

傘さし運転はNG?雨の日の自転車ルールと注意点

子どもの送り迎えや毎日のお買い物、通勤・通学のために買った電動アシスト自転車。とっても活躍してくれるけど、雨の日に乗るのはちょっと迷ってしまいますね。雨の日対策をしなければいけないとは思っていても、一体どうすればいいのかわからず、悩んでいる人も多いのではないでしょうか?今回は、雨の日の自転車走行についてのルールをご紹介します。