パナソニック・ホーム Panasonic Store> 電動アシスト自転車 > 電動アシスト自転車のコンテンツ > 自転車で歩道を通行できる条件は?歩道や自動車道の走り方まとめ

自転車で歩道を通行できる条件は?
歩道や自動車道の走り方まとめ

横断歩道を渡っている画像

近年、自転車と歩行者による事故が多く発生しており、自転車に乗る際のルールが厳しくなってきています。ルールを知らずに自転車で歩道を通行し、事故を起こしてしまうのを避けるために、自転車のルールやマナーを知っておきましょう。

自転車で歩道を走行するのは違法?

自転車は大きな道路も狭い路地も小回りよく走れるのが魅力ですが、歩道の通行に関しては、自転車で通行してもいいのか迷うところですよね。
自転車が歩道を走っているのを見かけることもよくありますが、「自転車は歩道を走ってはいけない」とも言われます。「歩道を走行するのは違法」なのか、まずは基本の法律である「道路交通法」と「道路交通法施行令」、マナーを記載した「交通の方法に関する教則」からルールとマナーを確認していきましょう。

基本的に車道を通行するのがルール

自転車は、免許も不要で誰でも気軽に乗れる乗り物ですが、道路交通法上では車やバイクなどと同じ「車両」の一種である 「軽車両」に分類されています 。道路交通法第17条によると、「車両は、(中略)車道を通行しなければならない」と定められているので、自動車と同じように車道を通行するのが正しいルールということになりますね。

車道によっては、車道の左側に「普通自転車専用通行帯(以下、自転車レーン)」という自転車専用のスペースが設けられている場合があります。自転車レーンがある場合は、当然その中を走らなければなりません。

また、車道ではありませんが、歩道と車道の間に「自転車道」が設置されている場合は、自転車道を通行するように定められています。


ここで自転車が通行できる場所を一度まとめてみます。

  1. 原則は車道を通行(通行する際は自動車と同じく左側通行)
  2. 車道に「自転車レーン(普通自転車専用通行帯)」がある場合は自転車レーンを通行
  3. 「自転車道」がある場合は自転車道を通行

よく問題となっている「自転車が歩道を通行すること」に関しては、原則としては禁じられていますが、運転者が子どもや高齢者であるなど、一定の条件を満たせば、歩道を通行することが可能です。歩道を通行できる条件については、のちほど説明をします。

違反した場合は?

上で述べた自転車が通行できる区分を守らなかった場合は、道路交通法の「通行区分違反」にあたります。通行区分違反の罰則は「3ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金」となっています。

自転車の違反取締りは、自動車ほど厳しくないというイメージがあるかもしれませんが、最近では自転車事故の増加に伴い、首都圏などの交通量の多い道路や事故が多い場所で、自転車の違反取締りが強化されています。

また、2015年6月1日から従来の法律に加えて自転車による違反者を対象とした「自転車運転者講習制度」が始まっています。「自転車運転者講習制度」によって、歩道を走行するなど本来自転車が走るべきでない場所を走る「通行区分違反」を始め、信号無視、酒酔い運転など「14の危険行為」とされる違反もしくは交通事故を3年以内に2回以上繰り返した場合には、「自転車運転者講習」を受けることが義務付けられました。

自転車運転者講習は所要時間3時間、手数料5,700円の講習で、講習を受けなかった場合は、5万円以下の罰金が課せられることになっています。

歩道を通行できる条件

歩道を通行できる条件

自転車は原則車道を通行することになっていますが、実際には歩道を通行しても良い場合があります。道路交通法及び道路交通法施行令で定められている、「自転車が歩道を通行できる条件」を挙げてみます。

  1. 歩道に自転車の「歩道通行可」の標識がある場合
  2. 運転者が13歳未満、もしくは70歳以上の場合
  3. 運転者が安全に車道を通行できない程度の 身体の障害を有する場合
  4. 安全のためにやむを得ない場合

4.の「安全のためにやむを得ない場合」については法律上の規定はありませんが、「交通の方法に関する教則」などでは以下のような例が客観的に認められればよいとされています。

  • 車道が狭く車の横を通行するのが困難な場合
  • 自動車の交通量が著しく多い場合
  • 車道に路上駐車車両があり、車道が狭くなっている場合
  • 道路工事で車道の左側通行が困難な場合
  • あおり運転や幅寄せなどの危険運転をする車がある場合

やむを得ない場合というのはあくまで「客観的」な判断が必要で、「車道を走るのが怖い」といった主観的な理由は認められないので注意が必要です。

自転車の歩道や自動車道の正しい走り方とは?

自転車の歩道や自動車道の正しい走り方とは?

自転車は車道通行が原則ですが、車道以外にも自転車レーンや自転車道、場合によっては歩道など様々な種類の道路を通行することになります。それぞれの道路について、自転車で走行するときのルールとマナーをまとめてみました。

歩道のルールとマナー

一定の条件を満たせば、自転車は歩道を通行することが可能ですが、歩道はあくまで歩行者のための道路なので、原則は歩行者が優先です。自転車で歩道を通行する場合には、以下のルールやマナーを守って安全に通行するようにしましょう。

  • 歩道を通行するときには、歩道の車道寄り(歩道の中央より右側)を、いつでも止まれる速度で徐行する
  • 歩行者の妨害になるときは、一時停止するか、一旦自転車を降りて自転車を押して通行する
  • 歩道内で自転車同士がすれ違う場合は、相手の自転車を右に見ながら(左側通行)すれ違う

よく見かけるのが、歩道内で自転車のベルを鳴らして歩行者に道を空けさせる行為ですが、危険回避や見通しの悪い場所での使用以外はベルを鳴らすこと自体禁止です。また、歩道内で歩行者を立ち止まらせるのも、スピードを出して追い抜くのも「歩行者の通行を妨げること」であるため、道路交通法違反になるので気をつけるようにしましょう。
また、13歳未満の子どもは自転車で歩道を通行できますが、子乗せ自転車に関しては、運転者が16歳以上でなければなりませんので、法律上は車道が狭いなどやむを得ない理由がない限り、歩道を通行することはできません。一般の自転車と同じように車道を通行するようにしましょう。

車道のルールとマナー

自転車は原則として車道を通行するのが正しいのですが、そうなると当然車と並んで走ることになります。車道が狭い場所などでは、車に接触しないよう十分に注意して通行するようにしましょう。
自転車が車道を通行するときのルールとマナーは以下のとおりです。

  • 車道を走るときは車と同じく左側通行
  • 車道を走るときは、常に左側の端に寄って通行する
  • 右折をするときには右折レーンに入らず、交差点を渡ったあとに右に進路を変える「二段階右折」をする

自転車による車道走行で特に問題になっているのが、車道の逆走です。自動車を運転している方はヒヤッとしたことがあるかもしれません。車道を逆走する自転車はとても危険です。場合によっては、自転車や車、バイクなどと正面衝突する可能性もあります。自転車による車道の逆走は危険行為の1つである「通行区分違反」として取締りの対象になっています(3ヶ月以下の懲役か、5万円以下の罰金)。

路側帯のルールとマナー

路側帯とは、歩道が設けられていない道路の左側に白い線で区切られた部分です。主に歩道を取ることができない、古くからある狭い道路に設けられています。
路側帯は基本的に歩行者が通行するためのものですが、自転車も「著しく歩行者の通行を妨げることとなる場合 」を除いて通行可能です。
自転車が路側帯を通行する場合のルールとマナーは次のとおりです。

  • 歩行者の通行を妨げない速度を守る
  • 車道の左側にある路側帯を走る(左側通行)

路側帯と紛らわしい路面標示に、車道の左側が2本の白線(路側帯は白線は1本)で区切られた「歩行者専用路側帯」がありますが、「歩行者専用路側帯」は歩行者のための道路で、自転車は通行できないので気をつけましょう。

自転車レーンがある場合のルールとマナー

道路によっては、道路の両側に自転車レーンが設けられている場合があります。自転車レーンはその名の通り自転車が通行するための通行帯で、車から自転車を保護する目的で設置されています。自転車レーンを通行する場合のルールとマナーは次のとおりです。

  • 自転車レーンの標識や路面標示がある場所では、自転車は車道ではなく自転車レーンを通行しなければならない
  • 自転車レーンは歩行者やバイクは通行できない
  • 自転車レーンがある場合でも13歳未満の子どもや70歳以上の高齢者は歩道を通行しても良い

自転車レーンには必ず「自転車専用」の路面表示や道路標識があります。自転車レーンと紛らわしいものとして、道路に自転車のイラストと白の矢印を書いた「自転車ナビマーク」や青い矢印が連続した「自転車ナビライン」という表示がありますが、こちらはあくまで「自転車が走る場所」という目安だけで、自転車専用のスペースというわけではありません。

事故を起こした場合は?

事故を起こした場合は?

条件によっては歩道を走行できる自転車ですが、本来歩道は歩行者のものというルールがなかなか浸透せず、歩道内での自転車と歩行者の事故が多発しています。自動車の事故の場合は、警察への通報、保険会社への連絡などの事故対応がスムーズに行われることが多いのですが、自転車事故はそうではないケースも多く、事故への対応には注意が必要です。自転車の事故を起こした場合に気をつけたいポイントを解説します。

自転車と歩行者の事故でも警察に届け出が必要

自転車と歩行者の事故の場合、特に大きなケガや自転車の破損などがなければ、警察に通報しないケースもあります。しかし、自転車も道路交通法上は軽車両に該当し、「車両等の交通による人の死傷または物の毀損(きそん)があったときは警察への通報義務がある」という意味を含んだ条文が第72条にあるのです。
実際、事故直後ではケガがないと判断しても、帰宅後に具合が悪くなることなどもあり、その後の保険対応や示談を進めるときには事故の届け出が合ったほうがスムーズでしょう。自転車事故の場合も警察への通報を忘れずに行うようにしてください。

自転車保険に未加入の場合がある

自転車といえども事故の程度によっては、被害者を死亡させたり、重大なケガや後遺症を与えたりするケースもあります。自転車保険は自動車の自賠責保険のように加入の義務がないので、加害者が自転車保険に加入していない場合、必要相当額の賠償金を支払うことができず、賠償金の支払いを巡ってトラブルになることがあります。頻繁に自転車に乗る方は、万が一の事故に備えて自転車保険に加入しておくようにしましょう。

道路交通法違反を犯していると過失割合が高くなる

歩道内での事故は、本来歩道は歩行者のためのものという原則があるので、自転車の過失割合が高くなります。また、自転車側が「歩行者を無理に追い抜く」といった道路交通法違反を犯している場合は、自転車側の過失割合が著しく高くなるでしょう。

自転車のルールをもう一度見直して安全な自転車生活を

自転車は誰もが利用できる生活に欠かせない便利な乗り物です。自転車には免許がないので交通ルールを勉強する機会がなく、きちんとしたルールを理解しないまま自転車に乗っている方も多いのではないでしょうか。
最近は歩道での自転車事故が増え、中には死亡事故など、重大な事故につながるケースも出てきています。自転車に乗るということは、自動車と同じように事故の加害者になる可能性が誰にでもあるということです。安心して自転車に乗るために、もう一度自転車の通行ルールについて見直しておいてくださいね。

おすすめ記事

contents_bnr_24.jpg

商品ストーリー商品ストーリー

担当者に聞いてみた 電動アシスト自転車のソコが気になる

電動アシスト自転車に関するみなさまの気になる点について、責任をもってお答えいたします!

contents_bnr_25.jpg

商品ストーリー商品ストーリー

電動アシスト自転車 選び方ガイド バッテリーで決める

利用シーンをイメージしてバッテリー容量を決め、バッテリー容量で自転車を選びましょう!

contents_bnr_26.jpg

家電使いこなし術家電使いこなし術

電動アシスト自転車のバッテリー寿命は?容量別の交換目安と長持ちさせるコツ

電動アシスト自転車はバッテリーが命。電動アシスト自転車には様々な容量のバッテリーがあり、使う頻度や充電回数によってバッテリーの寿命は変わってきます。今回は容量別の交換目安と長持ちさせるコツ、そしてバッテリーの寿命がきた場合の対応策を解説します。

contents_bnr_27.jpg

商品ストーリー商品ストーリー

おしゃれ!電動ママチャリの選び方とおすすめランキング

自転車は買い物や子どものお迎えなど、普段使いに大活躍しますね。最近では従来のママチャリのイメージを覆すおしゃれなデザインの「電動アシスト」ママチャリが多く発売されています。安全性や利便性、ファッション性まで兼ね備えた電動ママチャリの選び方をお伝えしていきます!

contents_bnr_28.jpg

商品ストーリー商品ストーリー

【失敗しない】子供乗せ自転車の選び方ガイド&おすすめ商品

自転車の子ども乗せどうする? 「道路交通法は?」「前乗せ・後ろ乗せは何歳まで?」「選ぶときのポイントは?」「そもそも電動アシスト自転車にすべき?」などの疑問にお答えします。1歳・2歳~6歳未満のお子さま、特に2人以上育てているママ必見の情報です。ぜひご活用ください。

contents_bnr_29.jpg

毎日を元気に毎日を元気に

ギュットプレミアムシートのクッションカバーをハンドメイド

ここ数年で急激に成長し、注目されているハンドメイド。他にはない「人とちょっと違うモノ」を求める女性は少なくありません。今回はそんな女性・ママたちの気持ちにお応えして、ギュットプレミアムシートのクッションカバーの作り方をお伝えします!

contents_bnr_30.jpg

毎日を元気に毎日を元気に

電動アシスト自転車は雨の日でも壊れない?より安心して使うための注意点

「電動アシスト自転車って雨の日でも大丈夫なの?」と不安に思う人の疑問を解決します! 今回は電動アシスト自転車が雨や水に濡れた時、安心して使用するための注意点と対応策を紹介します。

contents_bnr_31.jpg

毎日を元気に毎日を元気に

電動アシスト自転車の盗難率は?盗難事情と知っておきたい対策

電動アシスト自転車は普通の自転車に比べて高価なものです。その分、盗難された時のショックも大きいはず…。しかし電動アシスト自転車は普通の自転車よりも盗難されにくいと言われています。その理由と知っておきたい盗難対策を解説します。

contents_bnr_32.jpg

商品ストーリー商品ストーリー

おすすめ通学自転車・選び方のポイントとは

皆さんは通学用の自転車を探す時、何を重視しますか?安全面や利便性はもちろんのこと、当然デザインだって素敵でないと!と思いますよね。ここでは、通学用自転車を選ぶ時にチェックすべきポイントと、それらを備えたデザイン性の高い機種を紹介していきます。

contents_bnr_33.jpg

商品ストーリー商品ストーリー

自転車通勤を始める前に~注意点と自転車の選び方~

最近では自転車で通勤をしている方も増えてきています。今回は「自分も自転車通勤を始めてみようかな」と思い始めた方へ、通勤に適した自転車の選び方や自転車で通勤する際の注意点をご紹介していきます。

contents_bnr_34.jpg

商品ストーリー商品ストーリー

【失敗しない】電動アシスト自転車の正しい選び方とおすすめの機種

電動アシスト自転車を選ぶ時、どれを選んだらよいのだろうか、とお悩みの方もいらっしゃるかもしれません。今回は何を重視して選ぶべきか?を目的別に解説します。それぞれのおすすめ機種をご紹介するので、あなたにぴったりの自転車を見つけてくださいね。

contents_bnr_35.jpg

毎日を元気に毎日を元気に

自転車用チャイルドシート(前・後)選び方のポイント

お子さまを自転車に乗せる時に必要なチャイルドシート。これからチャイルドシートを買う場合、安全性の他にどんなことを重視して選ぶといいのでしょうか?選ぶ時に気をつけるポイントと、おすすめのチャイルドシートの紹介をします。

contents_bnr_36.jpg

毎日を元気に毎日を元気に

サイクリングの服装はコレで決まり!季節別の服装を解説します

サイクリングに出るとき、皆さんはどのような服装で出かけますか?初心者の方は特に、「動きやすいなら普通の格好でも平気?」と考えている方もいらっしゃると思いますが、しっかりした機能的な服で自転車に乗れば、いつもより楽しく快適にサイクリング出来ますよ!ここでは、サイクリングに適したオススメの服装を解説します。

contents_bnr_37.jpg

毎日を元気に毎日を元気に

意外と知らない自転車の空気の入れ方!失敗しない正しい方法を解説

自転車の空気を入れる時、みなさんはどのようにしていますか?実はもっと、今より効率的な空気の入れ方があるかもしれません。ここでは、英式・米式・仏式、それぞれのバルブについて、上手な空気の入れ方を解説していきます。

contents_bnr_38.jpg

毎日を元気に毎日を元気に

自転車で歩道を通行できる条件は?歩道や自動車道の走り方まとめ

近年、自転車と歩行者による事故が多く発生しており、自転車に乗る際のルールが厳しくなってきています。ルールを知らずに自転車で歩道を通行し、事故を起こしてしまうのを避けるために、自転車のルールやマナーを知っておきましょう。

contents_bnr_39.jpg

毎日を元気に毎日を元気に

中古自転車購入のメリットデメリット ~トラブル回避のポイント3つ~

人から譲ってもらったり、壊れて買い替えをしたりするときなど、中古自転車に乗ることになる方は案外多いものです。ここでは、中古で自転車を購入する時のメリットとデメリット、また、中古で購入する際に気を付けるべきポイントを解説します。

contents_bnr_40.jpg

毎日を元気に毎日を元気に

自転車の消費カロリーを計算!今すぐできる効率的な自転車ダイエット

自転車の消費カロリーは一体どのくらいなのでしょう?自転車は思ったよりも消費カロリーが高いのでダイエットにもおすすめ。消費カロリーの計算方法や効率的な自転車ダイエットの方法、メリットなども紹介します。

contents_bnr_41.jpg

毎日を元気に毎日を元気に

自転車でイヤホン走行は法律違反?知っておきたい自転車のルール

「改正道路交通法」が2015年6月1日から施行され、自転車の運転ルールの取り締まりが一層強化されました。今回はイヤホンをつけて自転車を運転するのは法律違反になるのか、片耳でも使用は禁止されているのかなど、気になるルールを徹底解説していきます。

contents_bnr_42.jpg

毎日を元気に毎日を元気に

自転車の故障は危険!チューブやチェーン、ブレーキの交換目安は?

自転車は日常的に使うものなので、車体や部品などが徐々に劣化しても不具合に気付きにくいと言います。今回は自転車の安全性に大きく影響するチューブ、チェーン、ブレーキの交換時期や不具合の見極め方を紹介します。

contents_bnr_43.jpg

毎日を元気に毎日を元気に

自転車保険は必要?タイプや種類について詳しく解説

自転車での事故が増える昨今、損害保険会社でも自転車に特化した保険が販売されています。自転車のために「自転車安全整備店」で加入できる保険もありますので、自分に必要な保険を選び、安全をしっかり確保しましょう。

申請しないと損!?全国で増える電動アシスト自転車の補助金制度!

毎日を元気に毎日を元気に

申請しないと損!?全国で増える電動アシスト自転車の補助金制度!

東京都・神奈川県・愛知県の3都県から、電動アシスト自転車の購入費補助を実施している自治体をピックアップして、ご紹介します。

愛川町イメージ画像

毎日を元気にカテゴリアイコン毎日を元気に

住民ファーストの想いから生まれた 「電動アシスト三輪自転車」購入費補助制度

全国の自治体で「電動アシスト自転車」購入費の補助制度が広がる中で、神奈川県愛川町では、高齢者向けに「電動アシスト三輪自転車」の購入費補助を開始しました。神奈川県初となる制度を取り入れた理由や今後の展望について、愛川町の民生部 高齢介護課 副主幹の市川百合子さんにお話をうかがいました。

Combiとのコラボで生まれた子ども乗せ電動アシスト自転車

毎日を元気に毎日を元気に

Combiとのコラボで生まれた親子共に快適な子ども乗せ電動アシスト自転車「ギュット・クルーム」へ込めた想いとは?

暮らしのプロフェッショナルPanasonicと育児のプロフェッショナルCombi。人々のよりよい生活に向き合い続ける両社が「子育てをもっとよくしたい」という同じ思いのもと、子ども乗せ電動アシスト自転車「ギュット・クルーム」の共同開発が実現。「ギュット・クルーム」ができるまでのストーリーを企画担当のお二人に聞いてみました。

愛川町で高齢者向けの電動アシスト三輪自転車試乗

毎日を元気に

愛川町で高齢者向けの自転車交通安全教室&電動アシスト三輪自転車試乗会が開催されました!

2019年3月1日(金)に、神奈川県愛川町で、「高齢者自転車交通安全教室・電動アシスト三輪自転車試乗会」が開催されました。この取り組みは、愛川町に住む高齢の方に、自転車で道路を走行する際のルールをお伝えするとともに、昨年度から補助金対象になった「電動アシスト三輪自転車」の乗り心地を試していただくというもの。雨上がりで足下が悪いにもかかわらず、多くの方が集まってくれました!

パパチャリの選び方&2018年おすすめランキング

毎日を元気に毎日を元気に

パパチャリの選び方&2018年おすすめランキング

"電動アシスト自転車といえば、ママのための乗り物だと思っている人はいませんか? それは、大きな間違いです。実は、電動アシスト自転車はママだけでなく、学生・社会人・ご年配の方など、幅広い年齢層の方々に愛用されています。そして、ここ最近増えているのが、子どもの送迎と通勤に使うパパたちです。今回は、なぜパパたちが電動アシスト自転車を使っているのか、その理由を紐解いていきましょう。"

クロスバイクも!人気急上昇中のおすすめ電動アシスト自転車は?

毎日を元気に毎日を元気に

クロスバイクも!人気急上昇中のおすすめ電動アシスト自転車は?

電動アシスト自転車は改良に改良が重ねられ、機能性・デザイン性ともに日々進化しています。特に、男性に人気の高いスポーツタイプは、クラシカルなタイプからスタイリッシュなタイプまでデザインが豊富。知っているようで意外と知らない、電動アシスト自転車の最新事情を見ていきましょう。

ロングライドに挑戦!初心者でも無理なく走れる基本の装備は?

毎日を元気に毎日を元気に

ロングライドに挑戦!初心者でも無理なく走れる基本の装備は?

健康維持、ダイエット、趣味、ストレス発散など、自転車に乗る理由はたくさんありますが、本格的なロングライドに挑戦するのには勇気がいりますよね。特に年齢とともに体力が落ちていることを実感している人や普段からあまり体を動かさない人にとっては、行きは楽しくても帰り途中で体力の限界が来てしまうのではないかということも心配事のひとつかもしれません。そこで、おすすめしたいのが電動アシスト自転車。これなら年齢や体力面が気になってあきらめていた方や初心者の方でも、簡単にロングライドが楽しめます!

パパならコレ!おしゃれな子ども乗せ電動アシスト自転車をチェック

毎日を元気に毎日を元気に

パパならコレ!おしゃれな子ども乗せ電動アシスト自転車をチェック

子どもの送迎はもちろん、通勤にも自転車を活用するパパが増えています。今回は、パパにも便利な「子乗せタイプ」の電動アシスト自転車の選び方やおすすめの商品をご紹介します。

傘さし運転はNG?雨の日の自転車ルールと注意点

毎日を元気に毎日を元気に

傘さし運転はNG?雨の日の自転車ルールと注意点

子どもの送り迎えや毎日のお買い物、通勤・通学のために買った電動アシスト自転車。とっても活躍してくれるけど、雨の日に乗るのはちょっと迷ってしまいますね。雨の日対策をしなければいけないとは思っていても、一体どうすればいいのかわからず、悩んでいる人も多いのではないでしょうか?今回は、雨の日の自転車走行についてのルールをご紹介します。