パナソニック・ホーム 個人向けトップ > 電動アシスト自転車 > 電動アシスト自転車のコンテンツ > 自転車の故障は危険!チューブやチェーン、ブレーキの交換目安は?

自転車の故障は危険!
チューブやチェーン、ブレーキの交換目安は?

自転車にまたがるスーツの男性画像

自転車は日常的に使うものなので、車体や部品などが徐々に劣化しても不具合に気付きにくいと言います。今回は自転車の安全性に大きく影響するチューブ、チェーン、ブレーキの交換時期や不具合の見極め方を紹介します。

チューブのメンテナンスについて

自転車のチューブ交換目安は?

自転車の消耗部品の中でも交換頻度が高いのが、タイヤの中に入っているチューブです。毎日自転車に乗る人や、長距離を走る人なら誰もが一度は体験したことがあるタイヤのパンク。パンクとはタイヤの中に入っている「チューブ」に穴が空いてしまうことです。

実はパンクの原因の多くは釘やガラスなどを踏んでしまうことではなく、チューブが摩耗、劣化することだと言われています。急なパンクを防ぐため、自転車のチューブは一体どのくらいの頻度で交換するのが良いのでしょうか

自転車のチューブの寿命はどのくらい?

自転車のチューブの寿命は、使用頻度や走行距離に大きく左右されますが、一般的なシティサイクル(ママチャリなど)は約三年、ロードバイクやクロスバイクなどのスポーツタイプは走行距離が3000km~5000km位で寿命が来ると言われています。

交換時期が分かるチェック方法やポイントは?

チューブはタイヤの中にあるので、外から見たところは劣化の状態がわかりませんが、タイヤにヒビが入ったり、タイヤの溝がすり減ってきた頃には、チューブも相応に劣化していることが予想されます。タイヤを交換するときにチューブも一緒に交換するのがいいでしょう。

また、自転車がパンクした場合、チューブを交換せずに穴をふさいでパンクを修理することがありますが、同じチューブに何箇所も修理箇所があるとチューブの強度が下がります。パンク修理は2回を目処に、3回目のパンク時にはチューブを新品に交換するようにしましょう。

チューブを長持ちさせるコツ

自転車のチューブを長持ちさせるには、タイヤとチューブの摩擦をいかに少なくするかがポイントになります。そのためには、「タイヤの空気圧を適正に保つ」ことがとても大切です。

タイヤの空気は入れた直後から、少しずつ減っていきます。空気圧が下がるとチューブとタイヤの間に隙間ができ、チューブがタイヤと擦れたり、タイヤの中で折れまがったりしてパンクすることがあります。
自転車のチューブの素材は「ブチルゴム」と呼ばれる合成ゴムや「ラテックス」と呼ばれる天然ゴムです。ゴムは高温多湿に弱いので、チューブを長持ちさせたい場合は、直射日光や雨が当たらないなるべく涼しい場所で自転車を保管するようにしましょう。
天然ゴム(ラテックス)タイプのチューブは空気抜けが早いので、常に空気圧を保つようにしておくことが長持ちさせる秘訣です。

一般的なチューブは、厚みが0.9mm程度ですが、ロードバイク用の1.2mmやクロスバイク・マウンテンバイク用の2.0mmなど強度を重視して厚く作られたチューブも販売されています。長距離を走る人などでチューブ交換の頻度を減らしたい人におすすめです。

チェーンのメンテナンスについて

自転車のチェーン交換目安は?

自転車チェーンをつまんでいる画像

自転車のチェーンもまた消耗品の1つです。走行の度に強い力で引っ張られているチェーンは、長期の使用で少しずつ伸びるので、「チェーンが外れる」というトラブルが起こります。自転車のチェーンは一体どのくらいで寿命が来るのでしょうか?チェーンの寿命や交換の目安について解説します。

自転車のチェーンの寿命はどのくらい?

自転車のチューブの寿命は、使用頻度や走行距離に大きく左右されますが、一般的なシティサイクル(ママチャリなど)は約三年、ロードバイクやクロスバイクなどのスポーツタイプは走行距離が3000km~5000km位で寿命が来ると言われています。

交換時期が分かるチェック方法やポイントは?

自転車のチェーンの寿命は走行距離によって決まりますが、車と違い自転車は総走行距離を簡単に知ることが難しいですよね。一般に、チェーンが伸びてくると次のような症状がでてきます。

  • ギアチェンジがスムーズにできない
  • チェーンが外れることがある
  • ペダルを強く踏み込んだときにチェーンがずれるような音(感覚)がある
このような症状がでてきたら、チェーンが伸びている可能性があります。

チェーンの伸び具合をチェックする方法もあります。

  • 前ギアの前方部分に噛んでいるチェーンを指で引っ張ってみる→ギアから1センチ以上浮く場合は交換が必要
  • 市販されているチェーンチェッカーという工具を使って伸び率を計測する→0.5%~0.7%伸びていれば交換
チェーンが伸びるとチェーンが外れやすくなったり、ギアの歯の部分がすり減って変速がスムーズに行かなくなったりして危険です。チェーンの状態を自分でチェックする自信がない人は、定期的に自転車販売店で整備をお願いするようにしましょう。

チェーンのたるみを自分で調整する方法

チェーンが外れてしまう前に、伸びてたるんでしまっている部分を調整する方法を1つご紹介します。

  1. まず車軸のナットを表と裏の両方緩める。※片側しかない自転車もあります。
  2. 次に、ブレーキを固定している後輪のネジを緩める。
  3. 最後に「ナット引き」という、後ろについているものを回し、前輪後輪の調節を行う。
  4. ナット引きは緩めるのではなく締め、緩みが1,2㎝程になるまで行う。
自転車によっては方法が異なるため、チェーンに違和感を抱いたらなるべく自転車販売店などで見てもらい、必要があれば交換をして貰うようにしてください。

自転車のチェーンが外れてしまったら?

自転車に乗っていると、チェーンが外れてしまうことがあります。特に大きな衝撃を与えていないのにチェーンが外れる場合や、チェーン外れをくり返す場合は、チェーンが伸びている可能性が高いので、自転車販売店でチェーン交換をしてもらいましょう。
正しい知識や技術が必要な場合が大半ですので、なるべく自転車販売店を利用する事をおすすめします。
以下に、とりあえず応急処置的に外れたチェーンを戻す方法を解説します。チェーンを戻す際は、手に油が付くのを防ぐために軍手などをはめて作業することをおすすめします。

【シティサイクルの場合】

  1. 外れているチェーンがどこかに食い込んでいないかチェックする
  2. ペダルの付いたギアの一部にチェーンを噛ます
  3. そのままゆっくりペダルを逆回転させながらチェーンをギアにかけていく
後ギアが外れた場合はギアがむき出しになっているので、チェーンをはめやすいですが、前ギアが外れた場合はギアにカバーがついているので、カバーの下側からはめるようにします。

【ロードバイク・クロスバイクなど外装変速機付きの自転車の場合】

    〈フロント(前)ギアのチェーンが外れた場合〉
  1. フロントギアの内側にチェーンが落ちた場合は一番小さいギア、外側に落ちた場合は大きなギアに入れる
  2. リアギアの下についているバネで前後に動く歯車(テンショナープーリー)を押してチェーンを緩める
  3. 内側に落ちたチェーンは小さなギアに、外側に落ちたチェーンは大きなギアにチェーンをかける
  4. そのままゆっくりペダルを逆回転させながらチェーンをギアにかけていく

    〈リア(後)ギアのチェーンが外れた場合〉
  1. 一番重たいギアに合わせる
  2. ペダルをゆっくり正方向へ回すとチェーンがギアに戻る
ロードバイクなどのリアギア側のチェーンが外れた場合は、変速機の故障が考えられるので、速やかに自転車販売店で点検・修理をしてもらうようにしましょう。

ブレーキのメンテナンスについて

自転車のブレーキ交換目安は?

白いクロスバイクの前で腕組をしている画像

自転車のブレーキの故障は事故に即繋がるので、最も整備が大切な部分です。自転車のブレーキのメンテナンスについて解説します。

自転車のブレーキの寿命はどのくらい?

自転車のブレーキで、消耗品として交換が必要なのが「ブレーキシュー」と呼ばれるタイヤを左右から挟み込む部分と、レバーの力をブレーキに伝える「ブレーキワイヤー」です。

ブレーキの部品で最も消耗が激しいのがブレーキシューです。ブレーキシューはブレーキをかける度にタイヤのリム(車輪の枠)を挟み込むので、激しい摩擦が起こります。ブレーキシューには滑り止めの溝が付いていますが、摩擦によって溝がすり減ると、ブレーキの利きが悪くなってきます。ブレーキが利かないと大きな事故につながってしまうので、滑り止めの溝がなくなってしまう前に交換をするようにしましょう。
ブレーキシューの寿命はブレーキの使用頻度によって異なるので、一概に何年とは言えません。定期的に溝の有無やブレーキの利き具合をチェクするようにしておきましょう。
ブレーキワイヤーは摩擦や経年劣化でほつれてくると、プツンと切れてしまう場合があります。ワイヤーが切れる=ブレーキが利かないということになるので、即事故につながる危険な故障です。また、ブレーキワイヤーは使用をくり返すことで少しずつ伸びてきます。

ブレーキシューやブレーキワイヤーを調整してもすぐに利きが悪くなるようであれば、ブレーキの寿命が来たと考えられます。自転車販売店で交換をしてもらうようにしましょう。

交換時期が分かるチェック方法やポイントは?

ブレーキシューの交換時期を知るには、ブレーキシューの溝がすり減っていないか、ひび割れがないかをチェックします。実際にブレーキの利きが悪くなってきたときも交換のタイミングです。ブレーキワイヤーは見た目では劣化がわかりにくいのですが、ブレーキレバーを深く握らないとブレーキが利かなくなってきたら、ワイヤーが伸びている可能性があります。

ブレーキは安全性に関わる重要な部品なので、できれば半年から一年に一回は自転車販売店にて整備を受けるようにしましょう。

安全な走行のために定期的な部品チェックを!

通勤通学や週末のサイクリングなど、私達の生活に無くてはならない自転車。自転車には乗る度に振動や摩擦といった物理的な力が加わっています。私達が気づかないうちに自転車の部品は摩耗したり劣化したりしているのです。

自転車部品にはブレーキなど故障が即事故に繋がるものもあります。思わぬ事故を防ぐためにも自転車のメンテナンスはとても重要です。
自分で交換することが可能なものもありますが、できれば定期的に自転車販売店で整備をしてもらい、消耗している部品は交換してもらうようにすると安心です。人間と同じように自転車もメンテナンスが必要です。安全な自転車ライフのためにも、自転車のメンテナンスを忘れないようにしてくださいね。