パナソニック・ホーム Panasonic Store> 電動アシスト自転車 > 電動アシスト自転車のコンテンツ > 【失敗しない】子供乗せ自転車の選び方ガイド&おすすめ商品

【失敗しない】子供乗せ自転車の
選び方ガイド&おすすめ商品

子供乗せ自転車に乗る女性の写真

自転車の子ども乗せどうする? 「道路交通法は?」「前乗せ・後ろ乗せは何歳まで?」「選ぶときのポイントは?」「そもそも電動アシスト自転車にすべき?」などの疑問にお答えします。1歳・2歳~6歳未満のお子さま、特に2人以上育てているママ必見の情報です。ぜひご活用ください。

子ども乗せ自転車の選び方

公園へのお出かけ、お買い物、保育園への送迎など、お子さまとの外出に自転車を利用できれば、行動範囲が広がりとても便利ですよね。ママとお子さまが安全に乗るためには、どんな自転車を選ぶといいでしょうか? お子さまの人数や年齢、安全性などから選び方を解説します。

前乗せ・後ろ乗せ、いつからいつまで? どちらを選ぶべき?

みなさんもご存知の通り、自転車の2人乗りは交通違反ですが、道路交通法では例外として以下の条件を満たす場合のみ、幼児を同乗させることができることになっています。

  1.  16歳以上の運転者が幼児用座席を設けた自転車に6歳未満の幼児を1人に限り乗車させる
  2.  16歳以上の運転者が幼児1人を子守バンド等で背負う※

※背負って乗せることができる幼児の年齢は都道府県によって異なります。

お子さまを乗せる幼児用座席(チャイルドシート)には、ハンドル部分に乗せる「前乗せタイプ」と後部荷台に乗せる「後ろ乗せタイプ」があります。前乗せか後ろ乗せかは、お子さまの年齢や心身の成長に合わせて選ぶことが大切です。前乗せと後ろ乗せそれぞれの違いを表にしてみました。

【パナソニックの子ども乗せ自転車 前乗せ・後ろ乗せの違い】

対応年齢目安 身長・体重の目安 メリット デメリット
チャイルドシート前用チャイルドシート前用 対応年齢目安 1歳~4歳未満 身長・体重の目安 100cm/15kgまで メリット 子どもの様子を運転者が観察できるので安心 デメリット 3歳までしか使えない
チャイルドシート後ろ用チャイルドシート後ろ用 対応年齢目安 1歳~6歳未満 身長・体重の目安 115cm/22kgまで メリット 5歳まで使用できる デメリット 運転者から子どもの様子が見えない

※年齢は個人差があります

【前乗せタイプと後ろ乗せタイプの選び方】

お子さまが2歳未満の場合

2歳未満の小さなお子さまの場合、ママがお子さまの様子を見づらくなり不安になる可能性があるので、前乗せタイプをおすすめします。お子さまが大きくなれば、後ろ乗せタイプのチャイルドシートを買い足して対応します。

お子さまが2歳以上の場合

お子さまの理解度に合わせて選びます。お子さまに、「後ろに乗る場合は身を乗り出したり、勝手に降りようとしたりすると危険」だということを説明して、十分理解できるようなら後ろ乗せで大丈夫でしょう。万が一のことを考えるのであれば、安定するまでは前乗せを推奨します。お子さまやママが不安を感じるようなら体重が15kgを超えるまでは前乗せタイプを選ぶようにしましょう。

子ども乗せ専用を買うか、一般自転車に子ども乗せパーツをつけるか悩んだら

幼児(1人もしくは2人)を、法律を守った上で自転車に同乗させる場合、「一般自転車」に乗せる方法と「幼児2人同乗用自転車」に乗せる方法があります。

幼児2人同乗用自転車とは、2009年の道路交通規則の一部改正時に定められたものです。これは幼児2人を乗せるために安全性を高めた自転車で、一般社団法人自転車協会の認定(BAA)を受けています。

一般自転車と幼児2人同乗用自転車(BAA)の定員は以下のとおりです。

自転車の種類 道路交通法による乗車人数
一般自転車一般自転車 道路交通法による乗車人数 定員は1人
ただし、例外として
  1.  16歳以上の運転者が6歳未満の幼児1人を幼児用座席(チャイルドシート)に乗車させる
  2.  16歳以上の運転者が6歳未満(もしくは4歳未満※)の幼児をひも等で確実に背負う(おんぶする) ことが認められている
1.2を組み合わせて、最大2人を乗車させることを認めている都道府県もある
※背負うことが許可されている幼児の年齢は都道府県によって異なるので確認が必要
幼児2人同乗用自転車幼児2人同乗用自転車 道路交通法による乗車人数 16歳以上の運転者1人と6歳未満の幼児2人まで乗車可

一般自転車の定員は1人です。子どもを乗せることはあくまでも「例外」で、一般自転車は子どもを乗せることを前提に作られているわけではありません。そのため、転倒などの事故に対して、十分な安全性が保たれない可能性もあります。

一方、幼児2人同乗用自転車は、お子さまを乗せたときに安全に走行できるよう、車体の強度やブレーキ、ハンドルの操作性、走行時、駐輪時の安定性などを細かくチェックして作られています。安全性の高い幼児2人同乗用自転車は、お子さまが2人のときはもちろん、お子さまが1人の場合にもおすすめです。幼児2人同乗用自転車には傷害保険がついているものもあります。例えばPanasonicの「子ども乗せ自転車ギュットシリーズ」には、万が一の事故に備え、「ギュット安心傷害保険制度」が無料で付いてきます。ただし傷害保険の有無や内容は、メーカーによって様々なので、購入前に確認することをおすすめします。

【幼児2人同乗用自転車をおすすめするケース】

  • 子ども2人を乗せる場合
  • 現在は子どもが1人だが、2人目を考えている場合
  • 保育園の送迎など、荷物が多い場合
  • 子どもが1人でも子どもの体重が重く、自転車走行時にふらつきがある場合

子ども乗せ自転車には電動アシスト自転車がおすすめ

子ども乗せ自転車には、電動アシスト機能のついた自転車と一般自転車があります。どんな場合に電動アシスト自転車を選ぶとメリットがあるのか、詳しく解説します。

【電動アシスト自転車のメリット】

子どもを自転車に乗せると、子どもの重さや子どもの動きで走行中にバランスを崩しやすいと言われています。子どもを2人乗せると自転車の総重量は100キロ近くになることもあり、ママが自転車を扱うのはとても大変です。電動アシスト自転車は漕ぎ出しや上り坂をしっかりアシストしてくれるので、力のないママでも安定して走行することができます。また、電動アシスト自転車は長距離を走っても疲れにくいので、ママの行動範囲もぐっと広がりますよ。

【電動アシスト自転車をおすすめするのはこんなケース】

  • 子どもを2人乗せる(もしくは2人乗せる可能性がある)
  • 通園・生活圏の道路に上り坂が多い
  • 通園などの距離が5キロ以上あり、一般自転車だと20分以上かかる
  • 自転車で買い物に行くことが多い
  • 通園や子どもの習い事など自転車を使う頻度が高い
  • ママが小柄で、力に自信がない

【実際に電動アシスト自転車に乗ってみた人のコメント】

電動アシスト自転車の良さは、パンフレットや口コミだけではわかりにくいものです。実際に乗ってみるとそのアシスト力や、走行時の快適性が実感できます。自転車販売店では電動アシスト自転車の試乗ができるところもあるので、迷っている人は一度試乗して、その良さを体感してみてください!

「1人より軽い!?」電動アシスト自転車を試乗したママの動画

その他、選ぶときに見るべき重要なポイントとは?

決して安い買い物ではない「電動アシスト自転車」。後悔しないためにも、「買って良かった」と思える電動アシスト自転車を選びたいですよね。電動アシスト自転車を購入するときにチェックするべきポイントを5つ解説します。

1. 用途に合わせてバッテリーの容量を選ぶ
「自転車を毎日の通園に使う」「子どもを乗せて買い物に行くことが多い」など、自転車を使う頻度が多い場合は、バッテリー容量の大きいものが断然おすすめです。バッテリーの容量が大きいと、1回の充電で走れる距離も長くなります。大容量バッテリーなら長距離を乗るとき「もし途中で電池が切れたら......」という不安が減りますね。
また、バッテリーの取り外しは案外面倒なもの。バッテリー容量が大きいとママの手間を減らすことができます。
2. タイヤの大きさをチェック
子ども用乗せ電動アシスト自転車には、タイヤが小さめのもの(20型/22型)と大きめのもの(24型/26型)が販売されています。小さめのタイヤは車高が低いので、「ママが乗り降りしやすい」「子どもの乗せ降ろしがしやすい」「小回りが利きやすい」といった特徴があります。一方大きめのタイヤは、長距離を走る場合や、体の大きいママに適していると言われています。
3. 駐車時にハンドルロックがかかるものがおすすめ
自転車を停めてお子さまの乗せ降ろしをするとき、お子さまが動くと自転車が転倒する恐れがあります。子ども乗せ自転車の場合、駐輪時にハンドルを固定する機能(ハンドルロック)がついていると、駐輪時に車体が安定するので安心です。
4. おしゃれなママはデザインやカラーにもこだわって
最近は「ママチャリ」に見えない、「おしゃれな電動ママチャリ」がたくさん販売されています。機能や安全性にこだわるのはもちろん、デザインやカラーにもこだわって選びたいもの。おしゃれでスタイリッシュな自転車なら、子ども乗せ自転車として使う間も、チャイルドシートを外した後も、毎日のお出かけが楽しくなりますね。
5. 自転車の品質やアフターサービスもチェック
電動アシスト自転車は品質の面から国産のものが安心です。お子さまを2人乗せる場合には幼児2人乗車用自転車(BAA)のマークがある自転車を選びましょう。また、部品の長期保証や盗難補償などのサービスがあるものを選ぶと安心です。

プロ目線で選定! 子ども乗せ自転車のおすすめは?

それでは、機能・デザイン・価格など「使えばきっと満足できる!」おすすめの子ども乗せ自転車を厳選してご紹介します。今回ご紹介する自転車は全て「幼児2人同乗適合車の認定(BAA)」を受けています。お子さまが増えても2人まで同乗させることが可能です。

  • 前乗せタイプ 【ギュット・クルーム・EX】

    前乗せタイプ 
    【ギュット・クルーム・EX】

    【ギュット・クルーム・EX】は16.0Ahのバッテリー、ラクイック&クルームシート搭載のフラッグシップモデル。快適性や乗せ降ろしのしやすさを考えた新設計のチャイルドシートやまたぎやすくて乗り降りしやすいフレームなど子どももママも満足の子どものせ自転車です。

    商品一覧はこちら

    ギュット・クルーム・EXのおすすめポイント

    • キーをカバンに入れたままでも、通信エリア内※なら電源ONと同時に後輪サークル錠が自動で開錠。
    • 快適性や乗せ降ろしのしやすさを考えた新設計のチャイルドシート。
    • 乗り降りしやすく、スタンドも立てやすい。

    ※ 後輪サークル錠から最小で約1.2m以内、最大で約3m以内の範囲。(電子キーと一緒に無線通信機器を携帯している場合等は、正常に作動しないことがあります。)

  • 前乗せタイプ 【ギュット・クルーム・DX】

    前乗せタイプ 
    【ギュット・クルーム・DX】

    【ギュット・クルーム・DX】は16.0Ahのバッテリー、クルームシート搭載。お子さまの快適な乗り心地と簡単な乗せ降ろしを実現。

    商品一覧はこちら

    ギュット・クルーム・DXのおすすめポイント

    • 快適性や乗せ降ろしのしやすさを考えた新設計のチャイルドシート。
    • 乗り降りしやすく、スタンドも立てやすい。
    • スタンドを立てると同時にハンドルが固定。

    ※ ハンドルを完全に固定する機能ではありません。

  • 後ろ乗せタイプ 【ギュット・アニーズ・EX】

    後ろ乗せタイプ 
    【ギュット・アニーズ・EX】

    【ギュット・アニーズ・EX】は16.0Ahのバッテリー、ラクイック&プレミアムリヤチャイルドシート搭載のフラッグシップモデル。

    商品一覧はこちら

    ギュット・アニーズ・EXのおすすめポイント

    • キーをカバンに入れたままでも、通信エリア内※なら電源ONと同時に後輪サークル錠が自動で開錠。
    • 5点止めの巻き取り式シートベルトを採用することで、動くお子さまでもラクラク装着可能。
    • 荷物が傷つきにくく・見えにくい大容量サイズのスムースデザインバスケット。

    ※ 後輪サークル錠から最小で約1.2m以内、最大で約3m以内の範囲。(電子キーと一緒に無線通信機器を携帯している場合等は、正常に作動しないことがあります。)

  • 後ろ乗せタイプ 【ギュット・アニーズ・DX】

    後ろ乗せタイプ
     【ギュット・アニーズ・DX/SX】

    【ギュット・アニーズ・DX/SX】はプレミアムリヤチャイルドシートを搭載した小柄な方も使いやすい20型アニーズ。

    ※ DX(16.0Ah)とSX(12.0Ah)は、バッテリー容量のみ異なります。

    商品一覧(DX)はこちら 商品一覧(SX)はこちら

    ギュット・アニーズ・DX/SXのおすすめポイント

    • 5点止めの巻き取り式シートベルトを採用することで、動くお子さまでもラクラク装着可能。
    • 太い線材を使用した、大型ワイドバスケット。荷物も積みやすくオシャレなデザイン。
    • スタンドを立てると同時にハンドルが固定。※

    ※ ハンドルを完全に固定する機能ではありません。

  • 前乗せも後ろ乗せも自在にカスタム【ギュット・ステージ・22】

    前乗せも後ろ乗せも自在にカスタム
    【ギュット・ステージ・22】

    【ギュット・ステージ・22】は、ライフステージにあわせてカスタムできる。22インチのタイヤが乗りやすい幼児2人同乗対応22型モデル。

    商品一覧はこちら

    ギュット・ステージ・22のおすすめポイント

    • 太い線材を使用した、大型ワイドバスケット。荷物も積みやすくオシャレなデザイン。
    • 足抜き性が良く乗り降りしやすい。
    • ライフステージやお子さまの成長に合わせて、カスタム可能。

安全性が第一! 電動アシスト自転車で快適な毎日を!

子ども乗せ自転車で一番大切なのは「安全性」。お子さまを安心して乗せるためにも「幼児2人同乗用自転車(BAA)」を選ぶことをおすすめします。最近は子ども乗せ自転車でも、おしゃれでスタイリッシュな電動アシスト自転車がたくさん販売されています。そのため安全性にこだわりながらも、デザイン&カラーも妥協せず、お気に入りの一台を見つけることができますよ! 快適な電動アシスト自転車で毎日の育児をもっと楽しんでくださいね。

おすすめ記事

contents_bnr_24.jpg

商品ストーリー商品ストーリー

担当者に聞いてみた 電動アシスト自転車のソコが気になる

電動アシスト自転車に関するみなさまの気になる点について、責任をもってお答えいたします!

contents_bnr_25.jpg

商品ストーリー商品ストーリー

電動アシスト自転車 選び方ガイド バッテリーで決める

利用シーンをイメージしてバッテリー容量を決め、バッテリー容量で自転車を選びましょう!

contents_bnr_26.jpg

家電使いこなし術家電使いこなし術

電動アシスト自転車のバッテリー寿命は?容量別の交換目安と長持ちさせるコツ

電動アシスト自転車はバッテリーが命。電動アシスト自転車には様々な容量のバッテリーがあり、使う頻度や充電回数によってバッテリーの寿命は変わってきます。今回は容量別の交換目安と長持ちさせるコツ、そしてバッテリーの寿命がきた場合の対応策を解説します。

contents_bnr_27.jpg

商品ストーリー商品ストーリー

おしゃれ!電動ママチャリの選び方とおすすめランキング

自転車は買い物や子どものお迎えなど、普段使いに大活躍しますね。最近では従来のママチャリのイメージを覆すおしゃれなデザインの「電動アシスト」ママチャリが多く発売されています。安全性や利便性、ファッション性まで兼ね備えた電動ママチャリの選び方をお伝えしていきます!

contents_bnr_28.jpg

商品ストーリー商品ストーリー

【失敗しない】子供乗せ自転車の選び方ガイド&おすすめ商品

自転車の子ども乗せどうする? 「道路交通法は?」「前乗せ・後ろ乗せは何歳まで?」「選ぶときのポイントは?」「そもそも電動アシスト自転車にすべき?」などの疑問にお答えします。1歳・2歳~6歳未満のお子さま、特に2人以上育てているママ必見の情報です。ぜひご活用ください。

contents_bnr_29.jpg

毎日を元気に毎日を元気に

ギュットプレミアムシートのクッションカバーをハンドメイド

ここ数年で急激に成長し、注目されているハンドメイド。他にはない「人とちょっと違うモノ」を求める女性は少なくありません。今回はそんな女性・ママたちの気持ちにお応えして、ギュットプレミアムシートのクッションカバーの作り方をお伝えします!

contents_bnr_30.jpg

毎日を元気に毎日を元気に

電動アシスト自転車は雨の日でも壊れない?より安心して使うための注意点

「電動アシスト自転車って雨の日でも大丈夫なの?」と不安に思う人の疑問を解決します! 今回は電動アシスト自転車が雨や水に濡れた時、安心して使用するための注意点と対応策を紹介します。

contents_bnr_31.jpg

毎日を元気に毎日を元気に

電動アシスト自転車の盗難率は?盗難事情と知っておきたい対策

電動アシスト自転車は普通の自転車に比べて高価なものです。その分、盗難された時のショックも大きいはず…。しかし電動アシスト自転車は普通の自転車よりも盗難されにくいと言われています。その理由と知っておきたい盗難対策を解説します。

contents_bnr_32.jpg

商品ストーリー商品ストーリー

おすすめ通学自転車・選び方のポイントとは

皆さんは通学用の自転車を探す時、何を重視しますか?安全面や利便性はもちろんのこと、当然デザインだって素敵でないと!と思いますよね。ここでは、通学用自転車を選ぶ時にチェックすべきポイントと、それらを備えたデザイン性の高い機種を紹介していきます。

contents_bnr_33.jpg

商品ストーリー商品ストーリー

自転車通勤を始める前に~注意点と自転車の選び方~

最近では自転車で通勤をしている方も増えてきています。今回は「自分も自転車通勤を始めてみようかな」と思い始めた方へ、通勤に適した自転車の選び方や自転車で通勤する際の注意点をご紹介していきます。

contents_bnr_34.jpg

商品ストーリー商品ストーリー

【失敗しない】電動アシスト自転車の正しい選び方とおすすめの機種

電動アシスト自転車を選ぶ時、どれを選んだらよいのだろうか、とお悩みの方もいらっしゃるかもしれません。今回は何を重視して選ぶべきか?を目的別に解説します。それぞれのおすすめ機種をご紹介するので、あなたにぴったりの自転車を見つけてくださいね。

contents_bnr_35.jpg

毎日を元気に毎日を元気に

自転車用チャイルドシート(前・後)選び方のポイント

お子さまを自転車に乗せる時に必要なチャイルドシート。これからチャイルドシートを買う場合、安全性の他にどんなことを重視して選ぶといいのでしょうか?選ぶ時に気をつけるポイントと、おすすめのチャイルドシートの紹介をします。

contents_bnr_36.jpg

毎日を元気に毎日を元気に

サイクリングの服装はコレで決まり!季節別の服装を解説します

サイクリングに出るとき、皆さんはどのような服装で出かけますか?初心者の方は特に、「動きやすいなら普通の格好でも平気?」と考えている方もいらっしゃると思いますが、しっかりした機能的な服で自転車に乗れば、いつもより楽しく快適にサイクリング出来ますよ!ここでは、サイクリングに適したオススメの服装を解説します。

contents_bnr_37.jpg

毎日を元気に毎日を元気に

意外と知らない自転車の空気の入れ方!失敗しない正しい方法を解説

自転車の空気を入れる時、みなさんはどのようにしていますか?実はもっと、今より効率的な空気の入れ方があるかもしれません。ここでは、英式・米式・仏式、それぞれのバルブについて、上手な空気の入れ方を解説していきます。

contents_bnr_38.jpg

毎日を元気に毎日を元気に

自転車で歩道を通行できる条件は?歩道や自動車道の走り方まとめ

近年、自転車と歩行者による事故が多く発生しており、自転車に乗る際のルールが厳しくなってきています。ルールを知らずに自転車で歩道を通行し、事故を起こしてしまうのを避けるために、自転車のルールやマナーを知っておきましょう。

contents_bnr_39.jpg

毎日を元気に毎日を元気に

中古自転車購入のメリットデメリット ~トラブル回避のポイント3つ~

人から譲ってもらったり、壊れて買い替えをしたりするときなど、中古自転車に乗ることになる方は案外多いものです。ここでは、中古で自転車を購入する時のメリットとデメリット、また、中古で購入する際に気を付けるべきポイントを解説します。

contents_bnr_40.jpg

毎日を元気に毎日を元気に

自転車の消費カロリーを計算!今すぐできる効率的な自転車ダイエット

自転車の消費カロリーは一体どのくらいなのでしょう?自転車は思ったよりも消費カロリーが高いのでダイエットにもおすすめ。消費カロリーの計算方法や効率的な自転車ダイエットの方法、メリットなども紹介します。

contents_bnr_41.jpg

毎日を元気に毎日を元気に

自転車でイヤホン走行は法律違反?知っておきたい自転車のルール

「改正道路交通法」が2015年6月1日から施行され、自転車の運転ルールの取り締まりが一層強化されました。今回はイヤホンをつけて自転車を運転するのは法律違反になるのか、片耳でも使用は禁止されているのかなど、気になるルールを徹底解説していきます。

contents_bnr_42.jpg

毎日を元気に毎日を元気に

自転車の故障は危険!チューブやチェーン、ブレーキの交換目安は?

自転車は日常的に使うものなので、車体や部品などが徐々に劣化しても不具合に気付きにくいと言います。今回は自転車の安全性に大きく影響するチューブ、チェーン、ブレーキの交換時期や不具合の見極め方を紹介します。

contents_bnr_43.jpg

毎日を元気に毎日を元気に

自転車保険は必要?タイプや種類について詳しく解説

自転車での事故が増える昨今、損害保険会社でも自転車に特化した保険が販売されています。自転車のために「自転車安全整備店」で加入できる保険もありますので、自分に必要な保険を選び、安全をしっかり確保しましょう。

申請しないと損!?全国で増える電動アシスト自転車の補助金制度!

毎日を元気に毎日を元気に

申請しないと損!?全国で増える電動アシスト自転車の補助金制度!

東京都・神奈川県・愛知県の3都県から、電動アシスト自転車の購入費補助を実施している自治体をピックアップして、ご紹介します。

愛川町イメージ画像

毎日を元気にカテゴリアイコン毎日を元気に

住民ファーストの想いから生まれた 「電動アシスト三輪自転車」購入費補助制度

全国の自治体で「電動アシスト自転車」購入費の補助制度が広がる中で、神奈川県愛川町では、高齢者向けに「電動アシスト三輪自転車」の購入費補助を開始しました。神奈川県初となる制度を取り入れた理由や今後の展望について、愛川町の民生部 高齢介護課 副主幹の市川百合子さんにお話をうかがいました。

Combiとのコラボで生まれた子ども乗せ電動アシスト自転車

毎日を元気に毎日を元気に

Combiとのコラボで生まれた親子共に快適な子ども乗せ電動アシスト自転車「ギュット・クルーム」へ込めた想いとは?

暮らしのプロフェッショナルPanasonicと育児のプロフェッショナルCombi。人々のよりよい生活に向き合い続ける両社が「子育てをもっとよくしたい」という同じ思いのもと、子ども乗せ電動アシスト自転車「ギュット・クルーム」の共同開発が実現。「ギュット・クルーム」ができるまでのストーリーを企画担当のお二人に聞いてみました。

愛川町で高齢者向けの電動アシスト三輪自転車試乗

毎日を元気に

愛川町で高齢者向けの自転車交通安全教室&電動アシスト三輪自転車試乗会が開催されました!

2019年3月1日(金)に、神奈川県愛川町で、「高齢者自転車交通安全教室・電動アシスト三輪自転車試乗会」が開催されました。この取り組みは、愛川町に住む高齢の方に、自転車で道路を走行する際のルールをお伝えするとともに、昨年度から補助金対象になった「電動アシスト三輪自転車」の乗り心地を試していただくというもの。雨上がりで足下が悪いにもかかわらず、多くの方が集まってくれました!

パパチャリの選び方&2018年おすすめランキング

毎日を元気に毎日を元気に

パパチャリの選び方&2018年おすすめランキング

"電動アシスト自転車といえば、ママのための乗り物だと思っている人はいませんか? それは、大きな間違いです。実は、電動アシスト自転車はママだけでなく、学生・社会人・ご年配の方など、幅広い年齢層の方々に愛用されています。そして、ここ最近増えているのが、子どもの送迎と通勤に使うパパたちです。今回は、なぜパパたちが電動アシスト自転車を使っているのか、その理由を紐解いていきましょう。"

クロスバイクも!人気急上昇中のおすすめ電動アシスト自転車は?

毎日を元気に毎日を元気に

クロスバイクも!人気急上昇中のおすすめ電動アシスト自転車は?

電動アシスト自転車は改良に改良が重ねられ、機能性・デザイン性ともに日々進化しています。特に、男性に人気の高いスポーツタイプは、クラシカルなタイプからスタイリッシュなタイプまでデザインが豊富。知っているようで意外と知らない、電動アシスト自転車の最新事情を見ていきましょう。

ロングライドに挑戦!初心者でも無理なく走れる基本の装備は?

毎日を元気に毎日を元気に

ロングライドに挑戦!初心者でも無理なく走れる基本の装備は?

健康維持、ダイエット、趣味、ストレス発散など、自転車に乗る理由はたくさんありますが、本格的なロングライドに挑戦するのには勇気がいりますよね。特に年齢とともに体力が落ちていることを実感している人や普段からあまり体を動かさない人にとっては、行きは楽しくても帰り途中で体力の限界が来てしまうのではないかということも心配事のひとつかもしれません。そこで、おすすめしたいのが電動アシスト自転車。これなら年齢や体力面が気になってあきらめていた方や初心者の方でも、簡単にロングライドが楽しめます!

パパならコレ!おしゃれな子ども乗せ電動アシスト自転車をチェック

毎日を元気に毎日を元気に

パパならコレ!おしゃれな子ども乗せ電動アシスト自転車をチェック

子どもの送迎はもちろん、通勤にも自転車を活用するパパが増えています。今回は、パパにも便利な「子乗せタイプ」の電動アシスト自転車の選び方やおすすめの商品をご紹介します。

傘さし運転はNG?雨の日の自転車ルールと注意点

毎日を元気に毎日を元気に

傘さし運転はNG?雨の日の自転車ルールと注意点

子どもの送り迎えや毎日のお買い物、通勤・通学のために買った電動アシスト自転車。とっても活躍してくれるけど、雨の日に乗るのはちょっと迷ってしまいますね。雨の日対策をしなければいけないとは思っていても、一体どうすればいいのかわからず、悩んでいる人も多いのではないでしょうか?今回は、雨の日の自転車走行についてのルールをご紹介します。