パナソニック・ホーム Panasonic Store> 電動アシスト自転車 > 電動アシスト自転車のコンテンツ > 自転車用チャイルドシート(前・後)選び方のポイント

自転車用チャイルドシート(前・後)
選び方のポイント

電動自転車ズームイン

お子さまを自転車に乗せる時に必要なチャイルドシート。これからチャイルドシートを買う場合、安全性の他にどんなことを重視して選ぶといいのでしょうか?選ぶ時に気をつけるポイントと、おすすめのチャイルドシートの紹介をします。

シートはいつから?前と後ろどちらがいいの?

忙しい毎日の育児、お子さまを自転車に乗せて買い物やお出かけが出来るようになると行動範囲も広がりとても便利ですよね。お子さまを自転車に乗せる場合は、チャイルドシートが必要になりますが、「前乗せタイプ」や「後ろ乗せタイプ」、成長に合わせて調整ができるものなど色々な商品があることを知っていますか?チャイルドシートは安全性にこだわって選ぶことが大切ですが、お子さまの乗り心地やママの使いやすさも重要ですよね。お子さまにもママにも快適なチャイルドシートの選び方について詳しく解説します。

子どもをのせられるのは何歳から何歳までか

一般に自転車の二人乗りは禁止されていますが、「子ども乗せ」に限っては一定の条件のもと、お子さまを同乗させることが認められている場合があります。お子さまを乗せることの出来る人数は、一般の自転車では16歳以上の運転者が6歳未満の幼児を1人同乗させる場合のみ可能となっています。お子さまを2人乗せる場合は「幼児2人同乗用自転車」といって、幼児2人を乗せても、耐久性や安全性が十分にあると認められた自転車(幼児2人同乗基準認定車)を選ぶ必要があります。幼児2人同乗用自転車の場合は16歳以上の運転者が6歳未満の幼児を2人同乗させることが可能となっています。どちらの場合も、お子さまを乗せる場合は幼児用座席(チャイルドシート)とヘルメットの使用が義務付けられています。

チャイルドシートは何歳のお子さまから使うことができるのでしょうか?チャイルドシートには「前乗せタイプ」と「後ろ乗せタイプ」がありますが、前乗せタイプだと1歳くらい 、後ろ乗せタイプは2歳くらいから乗せることが可能です。

前乗せ、後ろ乗せともにチャイルドシートが使える条件はお子さまの体格に個人差があるので年齢だけでなく、適正身長や体重を目安にします。以下の表を参考に選びましょう。

【チャイルドシートの適正身長・体重など】

対応年齢目安 身長・体重※の目安
チャイルドシート前用
チャイルドシート前用
対応年齢目安 1歳(12ヵ月)以上~
4歳(48ヵ月)未満
身長・体重の目安 身長100cm以下
体重15kg以下
チャイルドシート後ろ用
チャイルドシート後ろ用
対応年齢目安 1歳(12ヵ月)以上~
6歳(72ヵ月)未満
(※2歳(24ヶ月)以上のご使用を推奨します)
身長・体重の目安 身長115cm以下
体重22kg以下

※幼児2人同乗用自転車にお子さまを前後に2人載せる場合は、2人の体重の合計が30kgまでとなっています。

お子さまを二人乗せる場合の注意点や子ども乗せ自転車の選び方については、以下の記事で詳しく解説しています。→【失敗しない】子供乗せ自転車の選び方ガイド&おすすめ商品

前と後ろ、どちらがおすすめ?

チャイルドシートの前乗せと後ろ乗せ、それぞれどのような特徴があるのか見てみましょう。

【チャイルドシートの「前乗せ」「後ろ乗せ」のメリット・デメリット】

メリット デメリット おすすめするケース
前乗せ メリット ●お子さまに目が届くので安心
●前の景色が見えるので、
 お子さまが喜ぶ
デメリット ●4歳(15kg)までしか
 使用できない
●ハンドルが重くなるので、
 バランスを崩しやすい
●運転時にチャイルドシートに
 膝が当たることがある
おすすめするケース ●お子さまが2歳未満の場合
●お子さまが
 自転車に乗ることに
 不安を感じている場合
後ろ乗せ メリット ●6歳未満まで使用可能
●身体の大きなお子さまでも
 ゆったり座れる
デメリット ●お子さまの様子が見えない
●お子さまが動くと
 バランスを崩しやすい
おすすめするケース ●お子さまが2歳以上の場合
●身体の大きなお子さまの場合

2歳未満の小さなお子さまを乗せる、或いはお子さまを初めて自転車に乗せる場合は、運転者からお子様の状態が見られるので、前乗せタイプがおすすめです。

お子さまを後ろ乗せタイプのチャイルドシートに乗せる場合は、「急に身を乗り出したり、勝手に降りようとしたりすると危険」ということを十分に理解できるようになってから乗せるようにしましょう。

チャイルドシートの選び方

お子さまの年齢や体格などから前に乗せるか後ろに乗せるかが決まったら、実際にチャイルドシートを選びましょう。チャイルドシートを選ぶときのポイントを前乗せ、後ろ乗せでそれぞれ解説します。

後ろ乗せチャイルドシートを選ぶ時のポイント

  • SGマーク(一般財団法人製品安全協会の認証)のがついているものを選ぶ
  • シートベルトは5点式で、お子さまの成長に合わせて細かく調整できるか
  • 頭部を守るしっかりとしたヘッドレストがついているか
  • 子どもを乗せた時にお子さまの体重とチャイルドシートの重量がリアキャリアの耐荷重量内に収まるか
  • ステップ(足台)が調整できるか
  • 身長に合わせてヘッドレストが調整できるか
  • シートの快適性(クッション性・防水性など)

後ろ乗せチャイルドシートを取り付ける場合は、自転車にリアキャリアをつけてその上にチャイルドシートを取り付ける事になります。リアキャリアには耐荷重が決められており、チャイルドシートを取り付けるにはクラス25もしくはクラス27のリアキャリアが必要です。クラス25(27)とは耐荷重量が25(27)キロまでという意味なので、チャイルドシートの重さとお子さまの重さの合計が25(27)キロ以内でなければなりません。後ろ乗せチャイルドシートを選ぶ場合は、チャイルドシートの重さと、自転車のリアキャリアの耐荷重の両方を必ずチェックするようにしましょう。

前乗せチャイルドシートを選ぶ時のポイント

  • SGマーク(一般財団法人製品安全協会の認証)のがついているものを選ぶ
  • シートベルトは5点式で、お子さまの成長に合わせて細かく調整できるか
  • 頭部を守るしっかりとしたヘッドレストがついているか
  • ハンドルの形状とチャイルドシートが合っているかどうか
  • チャイルドシートを乗せた時、運転者の膝が当たったりしないか

前乗せタイプのチャイルドシートはハンドルに取り付ける形になります。そのため、ハンドルの形状が特殊なもの(T字型ハンドルなど)には取り付けができない場合があるので、自転車のハンドルが特殊な場合は、取り付けが可能かどうかをチェックするようにしましょう。

また、前乗せタイプは背の高い人が運転する場合、ペダルを漕ぐ時チャイルドシートに膝が当たることがあります。背の高いパパなどが乗る場合は、膝が当たらないかどうかもチェックしましょう。

幼児2人同乗用自転車の場合

幼児2人同乗用自転車は、前後にお子さまを一人ずつ(計2人)乗せることができる自転車です。幼児2人同乗用自転車に取り付けるチャイルドシートは、必ず幼児2人同乗自転車安全基準に合格したチャイルドシートでなければなりません。幼児2人同乗用自転車に取り付けられるチャイルドシートは前乗せ、後ろ乗せともにヘッドレストが付いている必要があり、自転車メーカー推奨のチャイルドシートがおすすめです。

おすすめのチャイルドシート4選

それでは、チャイルドシートを選ぶときのポイントを満たしている、安全性&快適性の高いチャイルドシートをご紹介します。今回ご紹介するものは、パナソニックの子ども乗せ電動アシスト自転車に適合するタイプで、全てSGマークの認証を受けています。

  • 【後ろ乗せ】ヘッドレストスライド式チャイルドシート

    【後ろ乗せ】ヘッドレストスライド式チャイルドシート

    お子さまの身長に合わせてヘッドレストがスライドするタイプの後ろ乗せチャイルドシートです。5点式シートベルトで、お子さまのずり落ちを防止。全7色のカラーバリエーションが人気です。

カラー(全7色) ブラック、ブラック・ピンク、ブラック・ブルー、ブラック・グリーン、ブラック・オレンジ、ブラック・レッド、ブラック・こげ茶
材質 樹脂製
重量 4.4kg
お子さまの乗車可能範囲 ●1歳(12ヵ月)以上~6歳(72ヵ月)未満※2歳(24ヵ月)からのご使用を推奨
●体重22kg・身長115cm以下(個人差があります)
特徴 ●5点式シートベルト
●衝撃吸収率90%の超衝撃吸収パッドをヘッドレストに採用
●高さ調整可能なスライド式ワイドヘッドレスト
●4段階に高さが調整できるアジャスタブルステップ(足乗せ)
●万が一チャイルドシートの足乗せが外れた時、お子さまの足が車輪に巻き込まれるのを防ぐ「補助ステー金具」付き
適応車種 ●5点式シートベルト
クラス25、27のリアキャリア を装着した子ども乗せ自転車(両立スタンド装着車に限る)
  • 【後ろ乗せ】カジュアルチャイルドシート

    【後ろ乗せ】カジュアルチャイルドシート

    後ろ乗せタイプのチャイルドシートのカジュアル版ですが、5点式シートベルトや側頭部を囲む形のヘッドレストなど、安全性も十分のモデルです。

カラー ブラック
材質 樹脂製
重量 3.6kg
お子さまの乗車可能範囲 ●1歳(12ヵ月)以上~6歳(72ヵ月)未満※2歳(24ヵ月)からのご使用を推奨
●体重22kg・身長115cm以下(個人差があります)
特徴 ●5点式シートベルト
●衝撃吸収率90%の超衝撃吸収パッドをヘッドレストに採用
●側頭部まで守るワイドヘッドレスト
●2段階に高さが調整できるアジャスタブルステップ(足乗せ)
●万が一チャイルドシートの足乗せが外れても、お子さまの足が車輪に巻き込まれるのを防ぐ「補助ステー金具」付き
適応車種 クラス22、27のリアキャリア 装着した子ども乗せ自転車(両立スタンド装着車に限る)
  • 【前乗せ】ヘッドレストスライド式チャイルドシート

    【前乗せ】ヘッドレストスライド式チャイルドシート

カラー ブラック
材質 樹脂製
重量 3.6kg
お子さまの乗車可能範囲 ●1歳(12ヵ月)以上~4歳(48ヵ月)未満
●体重15kg・身長100cm以下(個人差があります)
特徴 ●5点式シートベルト
●高さ調整可能なスライド式ワイドヘッドレスト
●2段階に高さが調整できるアジャスタブルステップ(足乗せ)
適応車種 両立スタンド装着車に限る
  • 【前乗せ】カジュアルチャイルドシート

    【前乗せ】カジュアルチャイルドシート

    前乗せタイプのカジュアルチャイルドシートです。5点式シートベルトと側頭部まで守る幅の広いヘッドレストでお子さまの大切な頭を守ります。

カラー ブラック
材質 樹脂製
重量 2.4kg
お子さまの乗車可能範囲 ●1歳(12ヵ月)以上~4歳(48ヵ月)未満
●体重15kg・身長100cm以下(個人差があります)
特徴 ●5点式シートベルト
●衝撃吸収率90%の超衝撃吸収パッドをヘッドレストに採用
●側頭部まで守るワイドヘッドレスト
●高さが調整できるアジャスタブルステップ(足乗せ)
適応車種 両立スタンド装着車に限る

チャイルドシートをもっと可愛く快適に!

チャイルドシートはそのまま使っても安全性は十分ですが、お子さまの乗り心地やシートのデザインなどにこだわってチャイルドシートをカスタマイズすることも可能です。カスタマイズに使える付属品や、簡単に作れる手作りアイテムなどをご紹介します。

  • 着せ替えカバー

    着せ替えカバー

    パナソニックの純正チャイルドシートには専用の着せ替えシートカバーが販売されています。今回ご紹介したチャイルドシートの
    【後ろ乗せ】ヘッドレストスライド式チャイルドシート
    【後ろ乗せ】カジュアルチャイルドシート
    【前乗せ】ヘッドレストスライド式チャイルドシート
    には、専用の着せ替えシートカバーを取り付けることが可能です。

    シートカバーはリバーシブルで洗濯もOK。お子さまがシートを汚してもこまめに洗濯することができます。柄やカラーも豊富なので、お気に入りの一枚を選んでチャイルドシートをカスタマイズするとお子さまもきっと喜びますよ。

  • チャイルドシート用クッション

    チャイルドシートにお子さまを乗せる場合、身体が小さいうちはシートベルトを付けても姿勢が安定しない場合があります。そんな時は、シートの上にクッションをつけてあげると、お子さまの身体とシートの間に隙間ができず、お子さまの座り心地がアップします。

    また、クッションを挟むと自転車の振動がお子さまに伝わりにくいので、お子さまの乗り心地がアップします。クッションは100円均一のグッズを使って簡単に手作りすることができますよ。

    【チャイルドシート用クションの作り方】

    〈材料〉

    • 100円均一のシートクッション(タテ×ヨコ30センチ前後のもの) 2個
    • 撥水加工の布(ナイロンやポリエステルのもの)60センチ×60センチ
    • マジックテープ 2.5センチのものを3つ
    • ミシン糸


    〈作り方〉

    1. 撥水加工の布を中表に半分に折り、短い一辺を残して袋状にミシンをかける
    2. 縫い終わったら、生地をひっくり返す
    3. 残りの一辺の縁を内側に三つ折りにして、ミシンをかける
    4. 三つ折りにした縁の内側にマジックテープを付ける(3ヶ所位)
    5. できた袋にシートクッションを二枚入れて、入り口のマジックテープを留める
    6. チャイルドシートに敷くときは、真ん中で折るようにしてシート部分と背中あてに沿わせる
  • チャイルドシート用ハンドルカバー

    チャイルドシートには前乗せ後ろ乗せともに、お子さまが姿勢を安定させるために握るハンドルが付いています。冬になるとハンドルが冷たくなるのでお子さまが握るのを嫌がることがありますが、ハンドルカバーがついていると手袋が無くても手が冷えず、お子さまがハンドルをしっかり握ることができます。ハンドルカバーは市販のものもありますが、手作りすることも可能です。

    【チャイルドシート用ハンドルカバーの作り方】

    〈材料〉

    • 撥水加工の布35センチ×35センチ
    • ボア生地もしくはフリース生地 35センチ×35センチ
    • マジックテープ 2.5センチのものを5つ


    〈作り方〉

    1. 撥水加工の布とボア生地(もしくはフリース生地)を中表に合わせ、返し口を残して周りを縫う
    2. 返し口から布をひっくり返す
    3. 表向きにしてから、縁5mmのところを押さえるようにして縫う
    4. ボアもしくはフリース面を内側にして二つ折りにし、手を入れる部分に当たらない所(中心部と左右の角と側面)にマジックテープを5箇所付ける
    5. ハンドルを覆うようにして取り付け、マジックテープで留める
  • チャイルドシート用カバー

    チャイルドシート用カバー

    パナソニックの電動アシスト自転車純正のチャイルドシートには、オプションでチャイルドシート用の専用カバーが販売されています。自転車を保管している時や長時間の駐輪時には、チャイルドシートが雨や直射日光に当たることも多く、チャイルドシートの劣化を防ぐためにもカバーがあると安心です。

    チャイルドシートカバー(後用)

    材質:〈裏面〉ウレタンコーティングナイロン100%

    • 耐水性の生地を使用しているので、雨や水を弾きます
    • 黒い色が紫外線を吸収するので、チャイルドシートの劣化を軽減します
    • 専用収納袋付きで小さく畳んで持ち運びも可能

快適なチャイルドシートでお出かけを安全&楽しく!

チャイルドシートを選ぶ時に一番大切なことは安全性なので、SGマークの付いたものや自転車メーカーの推奨品などを選ぶことをおすすめします。身体の小さなお子さまにとって自転車に乗っていることは、ずっと同じ姿勢でいたり、地面からの振動を受けたりと意外と負担のかかるもの。毎日の自転車でのお出かけがお子さんにとって快適であるために、乗り心地も重視することが大切です。安全&快適なチャイルドシートで、毎日のお子さまとのお出かけを楽しんでくださいね。

おすすめ記事

contents_bnr_24.jpg

商品ストーリー商品ストーリー

担当者に聞いてみた 電動アシスト自転車のソコが気になる

電動アシスト自転車に関するみなさまの気になる点について、責任をもってお答えいたします!

contents_bnr_25.jpg

商品ストーリー商品ストーリー

電動アシスト自転車 選び方ガイド バッテリーで決める

利用シーンをイメージしてバッテリー容量を決め、バッテリー容量で自転車を選びましょう!

contents_bnr_26.jpg

家電使いこなし術家電使いこなし術

電動アシスト自転車のバッテリー寿命は?容量別の交換目安と長持ちさせるコツ

電動アシスト自転車はバッテリーが命。電動アシスト自転車には様々な容量のバッテリーがあり、使う頻度や充電回数によってバッテリーの寿命は変わってきます。今回は容量別の交換目安と長持ちさせるコツ、そしてバッテリーの寿命がきた場合の対応策を解説します。

contents_bnr_27.jpg

商品ストーリー商品ストーリー

おしゃれ!電動ママチャリの選び方とおすすめランキング

自転車は買い物や子どものお迎えなど、普段使いに大活躍しますね。最近では従来のママチャリのイメージを覆すおしゃれなデザインの「電動アシスト」ママチャリが多く発売されています。安全性や利便性、ファッション性まで兼ね備えた電動ママチャリの選び方をお伝えしていきます!

contents_bnr_28.jpg

商品ストーリー商品ストーリー

【失敗しない】子供乗せ自転車の選び方ガイド&おすすめ商品

自転車の子ども乗せどうする? 「道路交通法は?」「前乗せ・後ろ乗せは何歳まで?」「選ぶときのポイントは?」「そもそも電動アシスト自転車にすべき?」などの疑問にお答えします。1歳・2歳~6歳未満のお子さま、特に2人以上育てているママ必見の情報です。ぜひご活用ください。

contents_bnr_29.jpg

毎日を元気に毎日を元気に

ギュットプレミアムシートのクッションカバーをハンドメイド

ここ数年で急激に成長し、注目されているハンドメイド。他にはない「人とちょっと違うモノ」を求める女性は少なくありません。今回はそんな女性・ママたちの気持ちにお応えして、ギュットプレミアムシートのクッションカバーの作り方をお伝えします!

contents_bnr_30.jpg

毎日を元気に毎日を元気に

電動アシスト自転車は雨の日でも壊れない?より安心して使うための注意点

「電動アシスト自転車って雨の日でも大丈夫なの?」と不安に思う人の疑問を解決します! 今回は電動アシスト自転車が雨や水に濡れた時、安心して使用するための注意点と対応策を紹介します。

contents_bnr_31.jpg

毎日を元気に毎日を元気に

電動アシスト自転車の盗難率は?盗難事情と知っておきたい対策

電動アシスト自転車は普通の自転車に比べて高価なものです。その分、盗難された時のショックも大きいはず…。しかし電動アシスト自転車は普通の自転車よりも盗難されにくいと言われています。その理由と知っておきたい盗難対策を解説します。

contents_bnr_32.jpg

商品ストーリー商品ストーリー

おすすめ通学自転車・選び方のポイントとは

皆さんは通学用の自転車を探す時、何を重視しますか?安全面や利便性はもちろんのこと、当然デザインだって素敵でないと!と思いますよね。ここでは、通学用自転車を選ぶ時にチェックすべきポイントと、それらを備えたデザイン性の高い機種を紹介していきます。

contents_bnr_33.jpg

商品ストーリー商品ストーリー

自転車通勤を始める前に~注意点と自転車の選び方~

最近では自転車で通勤をしている方も増えてきています。今回は「自分も自転車通勤を始めてみようかな」と思い始めた方へ、通勤に適した自転車の選び方や自転車で通勤する際の注意点をご紹介していきます。

contents_bnr_34.jpg

商品ストーリー商品ストーリー

【失敗しない】電動アシスト自転車の正しい選び方とおすすめの機種

電動アシスト自転車を選ぶ時、どれを選んだらよいのだろうか、とお悩みの方もいらっしゃるかもしれません。今回は何を重視して選ぶべきか?を目的別に解説します。それぞれのおすすめ機種をご紹介するので、あなたにぴったりの自転車を見つけてくださいね。

contents_bnr_35.jpg

毎日を元気に毎日を元気に

自転車用チャイルドシート(前・後)選び方のポイント

お子さまを自転車に乗せる時に必要なチャイルドシート。これからチャイルドシートを買う場合、安全性の他にどんなことを重視して選ぶといいのでしょうか?選ぶ時に気をつけるポイントと、おすすめのチャイルドシートの紹介をします。

contents_bnr_36.jpg

毎日を元気に毎日を元気に

サイクリングの服装はコレで決まり!季節別の服装を解説します

サイクリングに出るとき、皆さんはどのような服装で出かけますか?初心者の方は特に、「動きやすいなら普通の格好でも平気?」と考えている方もいらっしゃると思いますが、しっかりした機能的な服で自転車に乗れば、いつもより楽しく快適にサイクリング出来ますよ!ここでは、サイクリングに適したオススメの服装を解説します。

contents_bnr_37.jpg

毎日を元気に毎日を元気に

意外と知らない自転車の空気の入れ方!失敗しない正しい方法を解説

自転車の空気を入れる時、みなさんはどのようにしていますか?実はもっと、今より効率的な空気の入れ方があるかもしれません。ここでは、英式・米式・仏式、それぞれのバルブについて、上手な空気の入れ方を解説していきます。

contents_bnr_38.jpg

毎日を元気に毎日を元気に

自転車で歩道を通行できる条件は?歩道や自動車道の走り方まとめ

近年、自転車と歩行者による事故が多く発生しており、自転車に乗る際のルールが厳しくなってきています。ルールを知らずに自転車で歩道を通行し、事故を起こしてしまうのを避けるために、自転車のルールやマナーを知っておきましょう。

contents_bnr_39.jpg

毎日を元気に毎日を元気に

中古自転車購入のメリットデメリット ~トラブル回避のポイント3つ~

人から譲ってもらったり、壊れて買い替えをしたりするときなど、中古自転車に乗ることになる方は案外多いものです。ここでは、中古で自転車を購入する時のメリットとデメリット、また、中古で購入する際に気を付けるべきポイントを解説します。

contents_bnr_40.jpg

毎日を元気に毎日を元気に

自転車の消費カロリーを計算!今すぐできる効率的な自転車ダイエット

自転車の消費カロリーは一体どのくらいなのでしょう?自転車は思ったよりも消費カロリーが高いのでダイエットにもおすすめ。消費カロリーの計算方法や効率的な自転車ダイエットの方法、メリットなども紹介します。

contents_bnr_41.jpg

毎日を元気に毎日を元気に

自転車でイヤホン走行は法律違反?知っておきたい自転車のルール

「改正道路交通法」が2015年6月1日から施行され、自転車の運転ルールの取り締まりが一層強化されました。今回はイヤホンをつけて自転車を運転するのは法律違反になるのか、片耳でも使用は禁止されているのかなど、気になるルールを徹底解説していきます。

contents_bnr_42.jpg

毎日を元気に毎日を元気に

自転車の故障は危険!チューブやチェーン、ブレーキの交換目安は?

自転車は日常的に使うものなので、車体や部品などが徐々に劣化しても不具合に気付きにくいと言います。今回は自転車の安全性に大きく影響するチューブ、チェーン、ブレーキの交換時期や不具合の見極め方を紹介します。

contents_bnr_43.jpg

毎日を元気に毎日を元気に

自転車保険は必要?タイプや種類について詳しく解説

自転車での事故が増える昨今、損害保険会社でも自転車に特化した保険が販売されています。自転車のために「自転車安全整備店」で加入できる保険もありますので、自分に必要な保険を選び、安全をしっかり確保しましょう。

申請しないと損!?全国で増える電動アシスト自転車の補助金制度!

毎日を元気に毎日を元気に

申請しないと損!?全国で増える電動アシスト自転車の補助金制度!

東京都・神奈川県・愛知県の3都県から、電動アシスト自転車の購入費補助を実施している自治体をピックアップして、ご紹介します。

愛川町イメージ画像

毎日を元気にカテゴリアイコン毎日を元気に

住民ファーストの想いから生まれた 「電動アシスト三輪自転車」購入費補助制度

全国の自治体で「電動アシスト自転車」購入費の補助制度が広がる中で、神奈川県愛川町では、高齢者向けに「電動アシスト三輪自転車」の購入費補助を開始しました。神奈川県初となる制度を取り入れた理由や今後の展望について、愛川町の民生部 高齢介護課 副主幹の市川百合子さんにお話をうかがいました。

Combiとのコラボで生まれた子ども乗せ電動アシスト自転車

毎日を元気に毎日を元気に

Combiとのコラボで生まれた親子共に快適な子ども乗せ電動アシスト自転車「ギュット・クルーム」へ込めた想いとは?

暮らしのプロフェッショナルPanasonicと育児のプロフェッショナルCombi。人々のよりよい生活に向き合い続ける両社が「子育てをもっとよくしたい」という同じ思いのもと、子ども乗せ電動アシスト自転車「ギュット・クルーム」の共同開発が実現。「ギュット・クルーム」ができるまでのストーリーを企画担当のお二人に聞いてみました。

愛川町で高齢者向けの電動アシスト三輪自転車試乗

毎日を元気に

愛川町で高齢者向けの自転車交通安全教室&電動アシスト三輪自転車試乗会が開催されました!

2019年3月1日(金)に、神奈川県愛川町で、「高齢者自転車交通安全教室・電動アシスト三輪自転車試乗会」が開催されました。この取り組みは、愛川町に住む高齢の方に、自転車で道路を走行する際のルールをお伝えするとともに、昨年度から補助金対象になった「電動アシスト三輪自転車」の乗り心地を試していただくというもの。雨上がりで足下が悪いにもかかわらず、多くの方が集まってくれました!

パパチャリの選び方&2018年おすすめランキング

毎日を元気に毎日を元気に

パパチャリの選び方&2018年おすすめランキング

"電動アシスト自転車といえば、ママのための乗り物だと思っている人はいませんか? それは、大きな間違いです。実は、電動アシスト自転車はママだけでなく、学生・社会人・ご年配の方など、幅広い年齢層の方々に愛用されています。そして、ここ最近増えているのが、子どもの送迎と通勤に使うパパたちです。今回は、なぜパパたちが電動アシスト自転車を使っているのか、その理由を紐解いていきましょう。"

クロスバイクも!人気急上昇中のおすすめ電動アシスト自転車は?

毎日を元気に毎日を元気に

クロスバイクも!人気急上昇中のおすすめ電動アシスト自転車は?

電動アシスト自転車は改良に改良が重ねられ、機能性・デザイン性ともに日々進化しています。特に、男性に人気の高いスポーツタイプは、クラシカルなタイプからスタイリッシュなタイプまでデザインが豊富。知っているようで意外と知らない、電動アシスト自転車の最新事情を見ていきましょう。

ロングライドに挑戦!初心者でも無理なく走れる基本の装備は?

毎日を元気に毎日を元気に

ロングライドに挑戦!初心者でも無理なく走れる基本の装備は?

健康維持、ダイエット、趣味、ストレス発散など、自転車に乗る理由はたくさんありますが、本格的なロングライドに挑戦するのには勇気がいりますよね。特に年齢とともに体力が落ちていることを実感している人や普段からあまり体を動かさない人にとっては、行きは楽しくても帰り途中で体力の限界が来てしまうのではないかということも心配事のひとつかもしれません。そこで、おすすめしたいのが電動アシスト自転車。これなら年齢や体力面が気になってあきらめていた方や初心者の方でも、簡単にロングライドが楽しめます!

パパならコレ!おしゃれな子ども乗せ電動アシスト自転車をチェック

毎日を元気に毎日を元気に

パパならコレ!おしゃれな子ども乗せ電動アシスト自転車をチェック

子どもの送迎はもちろん、通勤にも自転車を活用するパパが増えています。今回は、パパにも便利な「子乗せタイプ」の電動アシスト自転車の選び方やおすすめの商品をご紹介します。

傘さし運転はNG?雨の日の自転車ルールと注意点

毎日を元気に毎日を元気に

傘さし運転はNG?雨の日の自転車ルールと注意点

子どもの送り迎えや毎日のお買い物、通勤・通学のために買った電動アシスト自転車。とっても活躍してくれるけど、雨の日に乗るのはちょっと迷ってしまいますね。雨の日対策をしなければいけないとは思っていても、一体どうすればいいのかわからず、悩んでいる人も多いのではないでしょうか?今回は、雨の日の自転車走行についてのルールをご紹介します。