CF-AX2Mシリーズ / CF-SX2Mシリーズ / CF-NX2Mシリーズ (Windows 7 / Windows 8) ワイヤレスWANプロファイル設定変更および接続および接続手順

本ページでは、ワイヤレスWAN設定変更ユーティリティを用いて上記機種のワイヤレスWAN プロファイルの設定を変更する手順およびワイヤレスWANの接続方法について説明します。
ワイヤレスWANをお使いのときは、本ページの手順に従って、ご利用のプロバイダーのプロファイルを設定してください。プロファイルについては、プロバイダーに確認ください。
プロファイル設定内容が、ご利用のプロバイダーのプロファイルと異なる場合は、Xiデータ通信ができません。

<プロファイル(例)>

アクセスポイント名(APN) mopera.net
ユーザー名 (空白)
パスワード (空白)
認証方式 なし

※ 接続方式はIP接続(IPv4)固定です。

ワイヤレスWAN設定変更ユーティリティのダウンロードはこちら

※ '12秋冬モデルは、上記よりユーティリティのダウンロードが必要です。
※ ダウンロードの前に、必ず下記手順をお読みください。

また、本ページはWindows 8にインストールする場合の説明を記載しております。Windows 7の場合でもインストール手順が大きく異なることはございませんが、操作方法などが異なる場合は、必要に応じて注記しております。

■ ご注意

  • ・ ワイヤレスWAN設定変更ユーティリティをインストールする際は、必ず「コンピューターの管理者」の権限のユーザーでログオンしてください。
    (ユーザーの簡易切り替え機能を使わずに、コンピューターの管理者の権限でログオンして操作してください。)

■ お願い

ワイヤレスWAN プロファイルの設定を変更する際には、以下の事項をお守りください。

  • ・ ドコモUIMカードは必ず挿入してください。
  • ・ '12秋冬モデルでワイヤレスWAN設定変更ユーティリティをダウンロードする場合、ご契約の料金プランによっては、データ通信料が高額になる場合があります。また、すでに大容量のデータ通信を行われている場合や、電波状況によっては、通信が中断されることがあります。
    本ソフトウェアをダウンロードする場合はFOMA/Xi回線経由ではなく、固定網等の比較的安価な通信をご利用される事を推奨します。
  • ・ ACアダプター、および充分に充電されたバッテリーパックを接続しておいてください。
  • ・ USB機器、PCカード等の周辺機器をすべて外してください。
  • ・ ワイヤレスWAN機能を有効にしてください。有効にするにはセットアップユーティリティの「詳細」メニューで[無線設定]を選び、サブメニューの[ワイヤレスWAN]を[有効]にしてください。
  • ・ ワイヤレスWAN設定変更ユーティリティ以外のアプリケーションソフトはすべて終了してください。
  • ・ ワイヤレスWAN設定変更ユーティリティを開始する前にワイヤレスWANおよびその他の通信を切断してください。ネットセレクター3をご使用の場合は、おまかせモードを終了して、ネットワークへの接続も切断してください。
  • ・ ワイヤレスWAN設定変更ユーティリティ実行中に自動でスリープスタンバイや休止状態に入らないようにしてください。
  • ・ ワイヤレスWAN設定変更ユーティリティを開始する前にGPSポートを使う地図ソフトなどを終了させてください。
  • ・ ウィルス駆除ソフトウェア等が常駐している場合は常駐を解除してください。

■ 変更方法

ワイヤレスWANプロファイルの設定変更は下記の流れで行います。

  • 1. ワイヤレスWAN設定変更ユーティリティのダウンロードと展開 ('12秋冬モデルの場合)
  • 2. ワイヤレスWAN設定変更ユーティリティのインストール
  • 3. ワイヤレスWAN設定変更ユーティリティの実行
  • 4. OSまたはネットセレクター3のプロファイル変更
  • 5. ワイヤレスWANの通信確認

ワイヤレスWANプロファイルの設定変更は、必ず最後まで行ってください。途中で手順を中断した場合、ワイヤレスWANの通信が行えなくなる可能性があります。途中で手順を中断する場合は、必ず元の設定に戻してください。

1. ワイヤレスWAN設定変更ユーティリティのダウンロードと展開 ('12秋冬モデルの場合)

ワイヤレスWANプロファイルを変更するためには、まずダウンロードページに掲載されているワイヤレスWAN設定変更ユーティリティをダウンロードした後、対象機種のWindows上で実行し、展開先フォルダーにファイルを展開します。

掲載されている
プログラム
wwanset_v100l11m00.exe

ワイヤレスWAN設定変更ユーティリティのダウンロードはこちら

※ '12秋冬モデルは、上記よりユーティリティのダウンロードが必要です。

(1) ダウンロードしたプログラムをダブルクリックして実行します。

(2) 「ユーザーアカウント制御」の画面が表示された場合は、「はい」をクリックします。

(3) 「この機種にはインストールできません。」が表示された場合には、以下をご確認ください。

  • ・ セットアップユーティリティで[ワイヤレスWAN]が[無効]になっている可能性があります。セットアップユーティリティの「詳細」メニューで[無線設定]を選び、サブメニューの[ワイヤレスWAN]が[有効]になっていることを確認してください。

(4) 使用許諾契約の画面が表示されますので、内容をよくお読みいただき、「はい」をクリックしてください。

(5) 展開先フォルダーを設定する画面が表示されます。展開先フォルダーは、プログラムが自動的に作成しますので、特に変更する必要はありません。(変更する場合は、必ず、本体のハードディスク上のフォルダーを指定してください。展開先フォルダーは標準では「c:\ util2\wwanset_v100l11」が設定されています。)
「OK」をクリックしてください。

(6) しばらくすると展開が完了し、フォルダーが表示されます。(展開が完了するには、約15秒かかります)

2. ワイヤレスWAN設定変更ユーティリティのインストール

以下の手順にしたがって、ワイヤレスWAN設定変更ユーティリティをインストールしてください。

(1) ワイヤレスWAN設定変更ユーティリティのプログラムが展開されたフォルダーにて、setup(拡張子付きでファイル名表示の場合はsetup.exe)のアイコンをダブルクリックします。

(2) 「ユーザーアカウント制御」の画面が表示された場合は、[はい]をクリックします。

(3) 画面に従い、セットアップしてください。

(4) ワイヤレスWAN設定変更ユーティリティのインストールが完了するとデスクトップ上にワイヤレスWAN設定変更ユーティリティのアイコンが表示されます。

3. ワイヤレスWAN設定変更ユーティリティの実行

以下の手順にしたがって、ワイヤレスWAN設定変更ユーティリティを実行してください。 「4.OSまたはネットセレクター3のプロファイル変更」で設定するアクセスポイント名(APN)、ユーザー名、パスワード、認証方式と同じ内容を設定してください。設定が異なっている場合、ワイヤレスWANの通信ができなくなる場合があります。

(1) デスクトップ上のワイヤレスWAN設定変更ユーティリティのアイコンをダブルクリックします。
(メイン画面が表示されるまでには、10秒程度かかる場合があります)

(2) APN、ユーザー名、パスワードを入力し、認証方式を選択してください。

  • ※ すでにパスワードが設定されている場合でも、ワイヤレスWAN設定変更ユーティリティを開いたときにパスワードは表示されません。
  • ※ [OK]をクリックする前に、すべての項目が正しく入力されていることを確認してください。特に、パスワードを入力せずに[OK]をクリックすると、パスワードが空になりますので、ご注意ください。

(3) パスワードを入力せずに[OK]をクリックすると以下の画面が表示されます。
[OK]をクリックするとパスワードが空になります。
パスワードの入力が必要な場合は[いいえ]をクリックし、
(2)の画面でパスワードを入力してください。
パスワードを空で設定したい場合は、[はい]をクリックしてください。

(4) 「ワイヤレスWANの設定変更を有効にするには、コンピューターを再起動する必要があります。今すぐ再起動しますか?」画面で
「はい」をクリックするとすぐにコンピューターを再起動します。
後でコンピューターを再起動する場合は
「いいえ」をクリックしてください。

  • ※ この画面が表示されるまでに10秒程度かかる場合があります。
  • ※ ワイヤレスWANの設定変更を有効にするには、コンピューターを再起動する必要があります。

4. OSまたはネットセレクター3のプロファイル変更

OSのプロファイル変更手順とネットセレクター3のプロファイル変更手順に分けて説明します。

◎ワイヤレスWANの通信にWindowsのワイヤレスWAN接続機能をご使用の場合

⇒「(1)OSのプロファイル変更手順」を参照してください。

◎ネットセレクター3をご使用の場合

⇒「(2)ネットセレクター3のプロファイル変更手順」を参照してください。

プロファイルの変更にはアクセスポイント名(APN)、ユーザー名、パスワード、認証方式などの情報が必要です。
ご利用のプロバイダーから提供された情報を入力してください。

(1) OSのプロファイル変更手順

  • 1. 画面右下の通知領域のをクリックする。(アイコンの形状はネットワーク接続の状態によって異なります)
  • 2. [モバイルブロードバンド]から接続先を選択して、右クリックし、[接続プロパティを表示する]をクリックする。
    • ● 画面に[モバイルブロードバンド]が表示されるまで、時間がかかる場合があります。しばらくお待ちください。
      本操作はFOMAまたはXiの圏内で行ってください。圏外の場合、[モバイルブロードバンド]が表示されません。
  • 3. [プロファイル]タブをクリックし、アクセスポイントは「カスタム」を選択し、アクセスポイント名(APN)、ユーザー名、パスワードを入力する。
    • ● [プロファイル]タブが表示されていない場合は、「3.ワイヤレスWAN設定変更ユーティリティの実行」で設定したアクセスポイント名(APN)、ユーザー名、パスワードが自動的にOSのプロファイルへ反映されます。 [OK]をクリックして「5.ワイヤレスWANの通信確認」へ進んでください。
  • 4. 設定内容を確認し、[OK]をクリックする。

(2) ネットセレクター3のプロファイル変更手順

  • 1. 画面右下の通知領域のをクリックし、をダブルクリックする。
    (アイコンの形状はネットセレクター3の状態によって異なります)
  • 2. 「ネットセレクター3」画面で[プロファイル]-[新規]をクリックする。
    • ● プロファイルは、すべてのユーザーで共有されます。プロファイルを作成した場合は、プロファイルのユーザー名やパスワードなども共有されます。
    • ● ワイヤレスWANのプロファイルをすでに作成済みの場合は、ワイヤレスWANプロファイルを選択した状態で[プロファイル]-[編集]をクリックし、APN、ユーザー名(ユーザーID)、パスワード、認証方式を変更してください。
  • 3. [ネットワークタイプ]の[▼]をクリックし、[モバイルブロードバンド]をクリックして[次へ]をクリックする。
  • 4. 画面の指示に従って設定する。
    • ● プロファイル名は任意の名前を設定してください。
    • ● APN、ユーザーID、パスワードなどを入力してください。
  • 5. 設定内容を確認し、[完了]をクリックする。

5. ワイヤレスWANの通信確認

(1) WindowsのワイヤレスWAN接続機能を使う場合

  • 1. 画面右下の通知領域のをクリックする。
  • 2. [モバイルブロードバンド]から接続先を選択して、[接続]をクリックする。
    • ● 画面に[モバイルブロードバンド]が表示されるまで、時間がかかる場合があります。しばらくお待ちください。
    • ● 本操作はFOMAまたはXiの圏内で行ってください。圏外の場合[モバイルブロードバンド]が表示されません。
    • ● 接続に成功した場合は「接続済み」と表示されます。

(2) ネットセレクター3を使う場合
手動接続モードでネットワークに接続するには、4.の(2)で変更したプロファイルをクリックし、[手動で接続する]をクリックしてください。
おまかせモードでネットワークに接続するには[おまかせモードを開始する]をクリックして、確認画面や通知領域のメッセージ(バルーンで表示)に従ってください。

  • ※ 画面右下の通知領域のをクリックし、[モバイルブロードバンド]から接続先の上にカーソルを合わせるとXiデータ通信時は「種類:LTE」と表示されます。

ワイヤレスWAN プロファイルの設定変更作業は以上で完了です。

 ワイヤレスWAN プロファイルの設定変更が簡単にできる
ワイヤレスWAN設定変更ユーティリティのダウンロードはこちら

 ※ '12秋冬モデルは、上記よりユーティリティのダウンロードが必要です。

閉じる