第2回 ムービー一眼でハイビジョンムービーを撮ろう ~実践編~

  • 第1回 基礎編
  • 第2回 実践編
  • 第3回 映像編集編

Gシリーズ※ではじめよう!

印象的なムービーを撮るための“ボケ”の活用と“レンズワーク”

デジタル一眼で撮るハイビジョンムービー最大の魅力は、美しいボケ味です。
ピントを合わせた部分はくっきりと写り、背景はフワッとぼけ、メインの被写体を印象的に撮ることができます。
また、ルミックスGシリーズには広角ズームレンズから望遠ズームレンズ、魚眼レンズやマクロレンズと交換レンズが揃い、
奥行き感やボケ味など、レンズによって異なる描写を活かした様々な映像表現を楽しめます。
※ハイビジョンムービー撮影対応機種:GH2、DMC-G2、DMC-GH1、DMC-GF1

写真を撮るときのようにレンズや絞りの選択ができるパナソニックのムービー一眼

レンズを交換することで得られる遠近感の描写や写る範囲の違い、絞りを変えることで可能になるボケのコントロールなど、写真の撮影手法をハイビジョンムービー撮影に活かせるのが、ルミックスGシリーズの大きな魅力です。では、実際にどんな表現が可能か、映像を観てゆきましょう。
撮影協力/大井川鐡道株式会社

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

ルミックスGH1、G2で撮影したムービー

※LUMIXで撮影した映像をパソコン用に加工しています。

  • ファーストステップ
  • セカンドステップ
  • サードステップ

サードステップ 観る人に伝わる映像を撮るヒント

ファーストステップとセカンドステップでは、ムービー一眼ならではの“ボケ味”や“レンズワーク”を活かして、印象的なハイビジョンムービーを撮る手法をご紹介しました。サードステップでは、ムービー編集を行い、最終的に1本のショートムービーに仕上げることを目指し、撮っておくと役立つ映像についてのヒントをいくつか挙げてみましょう。

写真は観る人のイマジネーションにより、様々な解釈ができ、100人100通りの観かたがあるのが大きな特徴です。一方、ムービーは撮影技法を駆使して、撮る人の思いを観る人に伝えるものです。観る人に自分の思いを伝えるためには、ムービー特有の“映像の約束事”を守ることが必要になります。

“映像の約束事”には、簡単なものから高度なものまで、多岐にわたりますが、基本的な約束事をいくつかお見せしたいと思います。

「いつ」「どこで」「何をした」がわかる映像を必ず撮っておく

映画やテレビの映像を観るとき、それが「いつ」「どこで」撮られたものか、私たちは無意識のうちに知ろうとします。ニュースであれば、その事件が「いつ」「どこで」「誰が」「何をした」という情報が不可欠です。これは、“5W1H”などと表現されます。“Who(誰が)”、“What(何を)”、“When(いつ)”、“Where(どこで)”、“Why(どうして)”、“How(どのように)”の6項目からなりますが、趣味のショートムービーをつくる際には、ここまで厳密に情報を盛り込む必要はありません。

最低限必要なのが、「いつ」「どこで」の2つ。「何をした」は映像そのものが物語ってくれるので、それほど意識する必要はありません。あと1つ加えるとすれば、「誰が」です。ムービーに出演者がおらず、一人称で撮られていれば、「誰が」は撮影者自身ということになりますし、家族や友人が出演していれば、それらの人々と撮影者がどこかへ出かけた際に撮ったものだ、ということが伝わります。

こうした“映像の約束事”をしっかりと撮っておくことで、観る人が違和感を覚えず、安心して鑑賞できるムービーになります。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

「いつ」「どこで」「何をした」がわかる映像は不可欠

シーンの始まりをイメージさせる“フレームイン”と終わりを思わせる“フレームアウト”を効果的に使う

カメラをどう動かし、映像をどう撮るか、という“カメラワーク”にも約束事があり、これを効果的に使うと、観る人に思いが伝わるムービーになります。動く被写体を撮る際に使うと効果的な手法が、“フレームイン”と“フレームアウト”です。

“フレームイン”は、主役である動く被写体が画面の外から画面内に入ってくる撮影手法で、始まりをイメージさせます。ムービーの導入部やタイトルバックに使ったり、場面転換でシーンの最初に使ったりすると効果的です。

“フレームアウト”は“フレームイン”とは逆に、主役である動く被写体が画面の外へ出てゆく撮影手法で、終わりをイメージさせます。被写体が画面外に消えても、しばらく撮り続けることで余韻を残すことができます。映画ではエンディングに使うことが多く、ショートムービー撮影時にも使ってみたい撮り方です。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

上手に使い分けたい“フレームイン”と“フレームアウト”

走る被写体は“パン”をしながらフォローする

カメラを固定して動く被写体を撮ると、勝手に“フレームイン”し、画面を横切ると“フレームアウト”してゆきます。このままでは、面白みがなく、観る人を飽きさせてしまいます。そこで使ってみたい撮影手法が“フォローパン”です。“パン”は、空間の広がり、特に左右方向の広がりを表現する基本的な手法ですが、そこに動きのある被写体が加わると別の撮影テクニックになります。右から左へ、あるいは左から右へ画面を横切るように動く被写体の動きに合わせてカメラを“パン”させると、“フォローパン”という撮影手法になります。

例えば、列車を横から撮れる場所に立ち、左から右へと通過する列車を撮るとします。始めはカメラを左へ向け、画面に列車が飛び込んでくるのを待ちます。列車が“フレームイン”し、先頭部は中央を通りすぎたら“パン”を開始。このとき、画面から車両の先頭部がはみ出さないよう、列車の動きに合わせてカメラを振ります。いつまでも列車の動きを追っているとダラダラと長いだけでのムービーになってしまうので、“パン”をピタッと止める位置を予め決めておき、そこまでカメラを止め、列車を“フレームアウト”させます。

先に紹介した“フレームアウト”と同じく、被写体が画面外に消えた後の画面は、構図がしっかりとしていないと観る人を幻滅させてしまいます。“フレームアウト”した後の画面、“フォローパン”をして、被写体が消えた後の画面の構図は、撮影前にしっかりと決めておき、何度か素振りをするように“パン”の練習をしておくと、失敗せずに済みます。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

被写体の動きに合わせてカメラを動かす“フォローパン”

オススメの動画撮影メニューの設定

ムービー一眼、ルミックスGシリーズのハイビジョン動画機能を使う前に、
いくつか必要なメニュー設定があります。その中から、特に重要なメニュー項目をご紹介します。

撮影モード 使いやすい“AVCHD”がオススメ

ルミックスGシリーズのGH1、GH2は、フルハイビジョン動画が撮れる本格派のムービー一眼です。メニューの「撮影モード」では、動画のデータ形式を選びます。“AVCHD”は、ハイビジョンテレビやレコーダーと相性がよく、保存時のデータサイズが小さいため長時間の撮影にも強い、という特徴があります。もう1つの“Motion JEPG”はパソコンとの親和性が高く、ビデオ編集ソフトを駆使して、高度なムービー編集に向いています。

G2とGF1もハイビジョン動画が撮れるムービー一眼です。メニューの「撮影モード」では、GH1、GH2とは異なり、“AVCHD Lite”と“Motion JPEG”の2つのデータ形式から選ぶことになります。GH1の“AVCHD”はフルハイビジョン“1920×1080画素〔60i記録〕”とハイビジョン“1280×720画素〔60p記録〕”の両形式に対応していますが、G2とGF1の“AVCHD Lite”はハイビジョン“1280×720画素〔60p記録〕”のみに対応しています。また、“Motion JPEG”はGH1、GH2と同じです。

なお、現在ではAVCHDに対応したビデオ編集ソフトが充実しており、AVCHDもパソコンとの親和性が高まっています。一般的には長時間の撮影が可能なAVCHDがオススメです。


▲GH1のメニュー画面

▲G2のメニュー画面

画質設定 動きがなめらかに撮れる“SH”

メニューの撮影モードで“AVCHD(およびAVCHD Lite)”を選んだ場合は、ここでハイビジョン動画のクオリティを選択します。GH1、GH2では、フルハイビジョン(1920×1080画素〔60i記録〕)の“FHD”(GH2では“FSH”、“FH”と表記)、ハイビジョン(1280×720画素〔60p記録〕)の高画質設定“SH”、SHよりデータサイズが小さくなる“H”、できるだけ長時間撮影するための“L”(GH2には“L”はありません)の4項目から選びます。

“FHD”はフルハイビジョンで撮れるため、より解像度が高く、緻密な映像を撮るのに向いています。“SH”はフルハイビジョンではありませんが、動きのある被写体を撮る場合、激しいカメラワークでも安定した映像が撮れるため、通常は“SH”で撮ることをオススメします。

G2とGF1には“FHD”はありません。通常はもっともクオリティの高い映像が撮れる“SH”を選びます。

メニューの撮影モードで“Motion JPEG”を選んだ場合は、4つの選択肢があります。ハイビジョンで撮る場合は“HD”(1280×720画素)を選びます。そのほか、通常画質で16:9の画面で撮れる“WVGA”(848×480画素)、4:3の画面で撮れる“VGA”(640×480画素)、メールの添付などに便利な画像サイズの小さい“QVGA”(320×240画素)が選べます。


▲GH1の画質設定

M動画露出設定 PASMが選べるGH1だけの機能

G2やGF1のハイビジョン動画機能は、露出補正やホワイトバランスの設定などは可能だが、絞りやシャッター速度を自分で選ぶことはできません。一方、本格派のムービー一眼、GH1、GH2のハイビジョン動画機能には、絞りやシャッター速度を自由に設定できる“M動画露出”機能が付いています。

GH1、GH2のモードダイヤルを“M動画”に合わせ、メニューで“M動画露出設定”を選ぶと、“P(プログラムAE)”、“A(絞り優先AE)”、“S(シャッター優先AE)”、“M(マニュアル露出)”の4つのモードが選択できるようになります。“M”は絞りもシャッター速度も写真と同じように自由に設定できる動画モード。“A”は絞りを自由に設定できるので、ボケをコントロールしながら撮影するときに最適な動画モードです。また、“S”はシャッター速度を決めると、絞りを明るさに応じて、調節してくれる露出モードです。動きの速い被写体を撮るとき、このモードでシャッター速度を1/60~1/100秒に設定すると映像がチラつかなくなります。


▲GH1のM動画露出設定
第3回 ~映像編集編~

(2010年9月現在)

Panasonic Storeご利用ガイド

送料について
パナソニックストア会員様は、送料無料でお届けいたします。
ゲスト購入で商品代金が合計5,000円(税込)未満の場合は、送料324円(税込)となります。大型商品で設置条件によって、または離島などの場合、別途送料(設置料)をいただくことがあります。
無料会員登録について
送料無料、会員限定の割引クーポンやお誕生月クーポン、会員ランクに応じた特典、延長保証オプションなど、無料の会員登録でよりお得に、より便利にショッピングをご利用いただけます。「会員特典」の詳細はこちらから
延長保証について
My家電登録した対象商品を1年ごとに年会費をお支払いただくことで対象商品を最長5年間保証いたします(メーカー保証期間1年間を含む)「Panasonic Store 延長保証サービス」の詳細はこちらから
お支払い方法
お支払い方法は下記方法が選べます。(商品によって、支払い方法が限定されることがございます)
代金引換、クレジットカード、Pay-easy(ペイジー)、コンビニ決済、銀行振込、分割払い「お支払い方法」の詳細はこちらから
領収書などの
証憑発行について
ショッピングカート画面で見積書(PDF)を発行できます。
領収書は、お支払方法により、発行の可否、及び手続きが異なります。「領収書発行」の詳細はこちらから
クーポンについて
クーポンは、対象商品の購入特典としてついていたり、雑誌や店舗のメールマガジンなどで発行しています。
また、会員ランク限定のクーポンなど、より魅力的なクーポン・チケットが発行されることもあります。ご利用可能なクーポンは、Myページよりご確認いただけますが、雑誌やメールマガジンなどで配布したクーポンは、Myページには反映されませんので、大切に保管してください。「クーポン」の詳細はこちらから
商品の発送について
パナソニックストア会員様は、送料無料でお届けいたします。
パソコン、家電品は、ヤマト運輸(宅急便)にて、消耗品など一部の小物商品は、メール便(速達)にてお届けいたします。
折りたたみ自転車を除く各種自転車は、納品代行店(当店が指定する自転車店)がお届けします。納品代行店が確定後の変更はできません。大型の商品(テレビ40インチ以上、洗濯機、冷蔵庫、マッサージソファ、エアコン、リサイクル)など、別途定めた商品は、上記と異なる配送会社にて、お届けする場合があります。「商品の発送」の詳細はこちらから
キャンセル・
変更について
発送予定日時によって、キャンセルの手続きをしていただけます。(ただし、ダウンロードソフト、・モニター商品、その他、別途定めた商品は除く)
ご注文後に、商品変更、数量変更、指定した配送先変更、支払方法変更 等がある場合は、該当のご注文をキャンセルし、改めてご注文の手続きをお願いします。「キャンセル・変更」の詳細はこちらから
返品について
商品到着後8日以内にご連絡の上、商品を指定された宛先に元払いにてご返送ください。
但し、返品対象外商品については、返品・交換はお受けできません。
会員の方は、購入履歴より返品のご依頼を承ります。
会員にならずにご購入いただいたお客様は、カスタマーセンターにお問い合わせお願いいたします。「返品」の詳細はこちらから
お問い合わせについて
WEB上でご入力いただくか、カスタマーセンターへ電話でお問い合わせいただけます。
パナソニックストアに関するよくあるご質問もご覧いただけます。「お問い合わせ」はこちらから