Panasonic StorePanasonic Store>LUMIX CLUB>写真・動画の撮影講座>LUMIX ムービー一眼講座 「うまい!」と言わせるムービー一眼の撮り方LESSON 8

LUMIX ムービー 一眼講座 「うまい!」と言わせる、ムービー 一眼の撮り方LESSON!

Lesson8 相手にあわせた移動撮影の方法今回は、移動撮影の方法についてのお話です。
LESSON7の「動く被写体の撮り方」に近いようですが、今回は、動いている人物や乗り物など「被写体と一緒にカメラを振る」、または「カメラを被写体の動きに合わせて移動しながら撮る」方法についてそのような場合の撮影方法のコツと、うまく撮れる場所やカメラの構え方をお教えいたします。

移動するもの(人物や乗り物等)を撮る方法は、大きく分けて二つあります。

1
一つ目は、カメラを持って移動しながら撮る方法で、移動撮影と言います。
移動撮影とは、移動する人物に合わせて、正面や後ろ、横などからカメラも一緒に動きながら撮る、最も難しい撮影テクニックです。移動撮影の詳細は、動画撮影作品例で説明いたします。
2
二つ目は、移動する人物や乗り物を画面の中で追いかけるようにカメラを振る撮り方で、一般的にフォロー撮影と言います。また、移動撮影ではありませんが、被写体が移動している印象を与える方法として、フレームイン、アウトも覚えて下さい。これは、カメラを固定し動かさずに画面の中に被写体が入ってきて通過していくものです。
以前もお話ししましたように、動画は動いている被写体を撮るだけならば、カメラを動かす必要は有りません。意味もなくカメラを動かすと、被写体の動きがわかりにくくなります。

フォロー撮影について説明しましょう。

この撮り方はよくTVや映画で見かけますが、意識して見ていないためか、自分で撮るときはうまく撮れない人が多いですね。
下の画面は、出航していく船をフォロー撮影しています。被写体が常に画面の同じ位置にいるように撮るのがコツです。船でも人物でも、前方を空けて撮る方が進んでいるように見えますので、鉄道など画面に全部が入らないものでも、前方を空けるようにしましょう。

下の動画は、目の前を登山鉄道が登ってくるところを撮っています。このように、画面に入りきらない被写体が通過するときのフォロー撮影のコツは、まず画面の中の移動する電車の前方を常に空けるように撮ります。近づくと画面いっぱいになるので、少しずつ電車の前の空きを詰めるようにします。この時、空けた空間の幅を広げたり縮めたりしないで一定のリズムで縮めていくことが必要です。
そして、手前を電車が通過するときには画面いっぱいにして電車を通過させ、通過後は逆に後部の空きが徐々に広がるようにすると、電車が通過していく印象を与えます。

フレームイン、アウトで移動している感じをだす。

港を出航するフェリーが、画面の中を右から左へ通過していくところを撮っています。
手前のボートなど周囲が動いていない状態(フィックス撮影)で撮ることで、移動している感じが十分伝わります。

移動する被写体の撮影の際には、前回(LESSON7)の人物の動き(アクション)のつなぎと同じで、動いているカット同士をつなぐときに、動きがつながって見えるように撮ることと、編集等でスムーズにつながるようにするタイミングなどのテクニックが必要です。

フレームインとフォロー撮影を組み合わせた例

下の動画は、ハワイで撮ったカットですが、バカンスの楽しさを演出する大型ヨットをフレームイン、手こぎボートをフォロー撮影で組み合わせて、ハワイの楽園を表現しました。ヨットはカメラを固定した画面の中へのフレームインにし、浜辺に帰ってきたことを表しました。次に、近くの手こぎボートが海岸から素早く滑りだしていく様子をフォロー撮影して組み合わせています。

Classwork 相手にあわせた移動撮影の注意点

動画撮影作品例今回は埼玉県の川越移動撮影テクニックを使って、浅草を観光する人物を撮りました。
浅草の仲見世通りを通過しながら、店先を覗いたりする楽しげな表情とアクションを、カメラが後ろと正面から移動撮影で見せています。難しい撮影テクニックですが、参考にして下さい。

動画撮影1 浅草の代表的な雷門に向かって歩き始めます(フォロー)

雷門へ向かって歩いている様子を、カメラがフォロー撮影しています。カメラを振るので、以前説明したパンと同じようですが、パンは動く被写体をフォローしていませんね。人の動きに合わせて追うのがフォロー撮影です。この時、人物の位置が左右上下にふらつかないように安定して撮ることが上手に見せるコツです。

動画撮影2 大きな提灯からパンダウン

パンには位置関係を表す働きがあります。
大きな提灯からのパンダウンで、雷門の提灯の大きさを人物と比較しつつ、
雷門に到着したことを表現しています。

動画撮影3 仲見世通りを歩く後ろ姿を撮る(移動撮影)

左右をキョロキョロしながら歩く後ろ姿を、カメラを持って同じスピードで追いかけるように撮っています。このような移動撮影は、動画初心者が無意識に行ってしまい、カメラがぶれて見難い動画になる原因の一つです。
見難くならないためのコツは、カメラの液晶画面全体を見ながら人物の位置を出来るだけ一定の位置に保つように心がけながら撮影することです。
また、カメラを持って移動するので、能舞台の動きのように、いつものような大股ではなく、上半身が上下しないように歩くことが必要です。

動画撮影4 正面に向かって歩いてくる(フィックス撮影)

これは、仲見世通りを正面に向かってくる姿を撮っています。移動と移動のカットを連続して見せると目が疲れますし、下手な撮り方の移動が続くと酔ってしまいますので、このようにフィックスカットを挟むと良いでしょう。

動画撮影5 後ろ姿から顔が見える横位置まで移動で撮る(移動撮影)

このカットのように、後ろ姿を追って撮りながら、店先の商品を見ている表情の横位置まで連続して移動で撮ります。この方が表情のタイミングを逃さないのと、連続しているのでどこで撮っているかわかりやすいからです。しかし、撮影にはかなりのテクニックが必要です。揺らさないように撮ることが大切ですし、移動しながら撮ると周囲の人間にぶつかる可能性もありますので、注意しましょう。

動画撮影6 お面のアップ(フィックス撮影)

このカットも、移動移動の連続では見ていて疲れますので、目を休める意味と、前のカットで関心を持って見ていた商品を、アップで説明するようにじっくり見せる働きも兼ねています。

動画撮影7 正面から一緒に移動しながら撮る(移動撮影)

後ろ姿でなく、正面から移動しながら表情を撮っています。この撮影が一番難しいかもしれません。人物と一緒のスピードでカメラを持って、下がりながら撮ります。なので後ろが見えませんから、人にぶつかる可能性があるので要注意です。コツとしては、全く後ろ向きにバックする姿勢で撮るのではなく、カメラを持った手を伸ばして体を斜めにし、カニ歩きするような姿で撮るとうまく行きます。

動画撮影8 仲見世を通過して寺の方へ歩く(フォロー撮影)

仲見世を通過して浅草寺へ向かう姿をフォロー撮影しています。ここではフォローしながら浅草寺入口の門へ向かっていることが分かるように、人物が小さくなるまで撮っています。
フォロー撮影するときは、ただ動きを追うだけでなく、周囲の被写体との関係も見せるように注意して撮ることが必要です。そうでないと動きだけでどこに向かって歩いているのかなど環境が変化してしているのがわからないからです。

動画撮影9 門をくぐってきたところでカメラを顔正面に移動(移動撮影)

門をくぐって来る姿を正面で捉えています。そのままカメラに近づいてきたところで何かを発見。その表情を出すために見ている顔が分かるよう、正面(人物の前)へ回りこむように移動しました。正面に向かって来るままのカメラ位置でも撮れるのですが「何かを発見」した表情は、横顔になるので表現が弱くなります。

動画撮影10 発見したスカイツリーの後ろ姿(フィックス撮影)

何かを見ている表情のカットの次には、必ず観ているものを映さなければいけません。そうしないと動画を見る人が、何を見ていたのだろうか?と疑問に感じたままになってしまいます。
発見したのはスカイツリーでした。ここではスカイツリーのアップではなく、エンディングっぽくするためにロングカットで、人とスカイツリーを一緒に撮りラストとしました。

Summary 移動撮影の時は、カメラを安定させて撮る事が重要です。フィックス・移動・フォロー撮影をうまく組み合わせると効果的です。

番組プロデューサー 齋藤行成
テレビ番組の制作を中心に大手メーカーのプロモーションビデオなど幅広く映像制作を手がける。長年培った撮影ノウハウを独自の撮影テクニックとして確立。そのテクニックは簡単で分かりやすいと支持され、テレビ番組への出演や雑誌への連載など多数のメディアで活躍中。
指導・撮影 :齋藤行成  モデル:佐藤麻耶(所属:オーシャンズ)
  • 動く被写体の撮り方
  • NEXT 最終回 ここで学んだ技を使って作品を撮ろう

ルミックス一眼 Gシリーズだともっとかんたん♪
Gシリーズには、初めて一眼に触れる方でもかんたんキレイに動画を撮れる機能が充実。その機能をご紹介いたしますので、ご活用ください。

動画もカメラにおまかせで明るさや色調を最適設定!

顔認識はもちろん、風景やマクロ、夜景や暗がりなど、シーンを瞬時に認識する「おまかせiA動画」を搭載。
自動的に明るさや色調を最適な設定にするため、カメラを向けるだけで美しい動画が撮影できます。

おまかせiA動画撮影時にはたらく主な機能
・ シーン自動認識(顔認識、風景認識、接写認識、ローライト認識、通常)
・ 最大15人まで検出する「顔認識AF/AE」

おまかせiA搭載機種 : DMC-GH2DMC-G2DMC-GF2DMC-G3DMC-GF3DMC-GX1

Panasonic Storeご利用ガイド

送料について
パナソニックストア会員様は、送料無料でお届けいたします。
ゲスト購入で商品代金が合計5,000円(税込)未満の場合は、送料324円(税込)となります。大型商品で設置条件によって、または離島などの場合、別途送料(設置料)をいただくことがあります。
無料会員登録について
送料無料、会員限定の割引クーポンやお誕生月クーポン、会員ランクに応じた特典、延長保証オプションなど、無料の会員登録でよりお得に、より便利にショッピングをご利用いただけます。「会員特典」の詳細はこちらから
延長保証について
My家電登録した対象商品を1年ごとに年会費をお支払いただくことで対象商品を最長5年間保証いたします(メーカー保証期間1年間を含む)「Panasonic Store 延長保証サービス」の詳細はこちらから
お支払い方法
お支払い方法は下記方法が選べます。(商品によって、支払い方法が限定されることがございます)
代金引換、クレジットカード、Pay-easy(ペイジー)、コンビニ決済、銀行振込、分割払い「お支払い方法」の詳細はこちらから
領収書などの
証憑発行について
ショッピングカート画面で見積書(PDF)を発行できます。
領収書は、お支払方法により、発行の可否、及び手続きが異なります。「領収書発行」の詳細はこちらから
クーポンについて
クーポンは、対象商品の購入特典としてついていたり、雑誌や店舗のメールマガジンなどで発行しています。
また、会員ランク限定のクーポンなど、より魅力的なクーポン・チケットが発行されることもあります。ご利用可能なクーポンは、Myページよりご確認いただけますが、雑誌やメールマガジンなどで配布したクーポンは、Myページには反映されませんので、大切に保管してください。「クーポン」の詳細はこちらから
商品の発送について
パナソニックストア会員様は、送料無料でお届けいたします。
パソコン、家電品は、ヤマト運輸(宅急便)にて、消耗品など一部の小物商品は、メール便(速達)にてお届けいたします。
折りたたみ自転車を除く各種自転車は、納品代行店(当店が指定する自転車店)がお届けします。納品代行店が確定後の変更はできません。大型の商品(テレビ40インチ以上、洗濯機、冷蔵庫、マッサージソファ、エアコン、リサイクル)など、別途定めた商品は、上記と異なる配送会社にて、お届けする場合があります。「商品の発送」の詳細はこちらから
キャンセル・
変更について
発送予定日時によって、キャンセルの手続きをしていただけます。(ただし、ダウンロードソフト、・モニター商品、その他、別途定めた商品は除く)
ご注文後に、商品変更、数量変更、指定した配送先変更、支払方法変更 等がある場合は、該当のご注文をキャンセルし、改めてご注文の手続きをお願いします。「キャンセル・変更」の詳細はこちらから
返品について
商品到着後8日以内にご連絡の上、商品を指定された宛先に元払いにてご返送ください。
但し、返品対象外商品については、返品・交換はお受けできません。
会員の方は、購入履歴より返品のご依頼を承ります。
会員にならずにご購入いただいたお客様は、カスタマーセンターにお問い合わせお願いいたします。「返品」の詳細はこちらから
お問い合わせについて
WEB上でご入力いただくか、カスタマーセンターへ電話でお問い合わせいただけます。
パナソニックストアに関するよくあるご質問もご覧いただけます。「お問い合わせ」はこちらから